小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ファーウェイとオレンジが120kmの光ファイバー上で157Tbpsの画期的な伝送を実現

2023.01.11

画像はイメージです

Sバンドの自社技術と伝送ノウハウを活用して総帯域を18THzまで拡張

ファーウェイとフランスの電気通信事業者・オレンジ(Orange)は、フランス南西部のオレンジのネットワークにおいて、120kmの光ファイバー上で157Tbpsの伝送プロトタイプテストの世界新記録(※1)を達成した。

この技術的達成により、オレンジの現在のインフラが、今後10年間のトラフィックの増加を引き受ける伝送技術に完全に対応していることを明確に示す結果となった。

2022年6月にファーウェイは、Cバンド(Conventional wavelengthsのC)とLバンド(long wavelengthsのL)を使用して、光ファイバー上で12THzのスペクトルを提供できる業界初の超広帯域Super C + Super Lソリューションを発表。

今回のテストでは、Sバンド(short wavelengthsのS)の自社技術とファーウェイ・フランスR&Dセンターの伝送ノウハウを活用して、総帯域を18THzまで拡張した。

これにより合計240波長を使用し、ファーウェイの高度な高次コンステレーションシェーピング変調アルゴリズムに基づき、合計157Tbpsの伝送容量を実現した。

トラフィック需要が年々飛躍的に増加する一方で、与えられた周波数で伝送される情報量などのスペクトル効率は、同じ期間で半分の速さでしか向上しないように見える。

一方、この技術はすでに配備されている光ファイバーシステムを活用することで、新たな光ファイバー配備に投資することなく、容量アップを確保するためのソリューションを提供する。

同社では「このテストは将来のトラフィック需要に対応し、お客様に手頃な価格の接続を提供するために、イノベーションと研究が両社にとって優先事項であり、今後もそうであることを実証しています」と説明している。

今回の発表に関して、オレンジイノベーション(Orange Innovation)の有線ネットワークおよびインフラストラクチャ担当副社長であるジレ・ブルドン(Gilles Bourdon)氏は、次のように述べている。

「トラフィック需要の継続的な増加に直面し、より多くのスペクトルを取得し、既存の資産からより多くの価値を得ることが重要です。このような光学システムのスペクトル効率は理論的な限界に達しているため、これはさらに重要です。今回のテストで、当社の光ファイバーインフラが50%以上のスペクトルを提供できることが証明され、その結果、当社の重要課題の1つであるお客様の体験と接続性に効果的に対処できるようになります」

これを受け、ファーウェイのオプティカルビジネスプロダクトライン担当プレジデントであるリチャード・ジン氏は、次のように明言した。

「ファーウェイは長年にわたり、光通信分野への戦略的投資、研究、技術的ブレークスルーの実現に取り組んでおり、これはパリの研究チームをはじめとする当社の光学研究チームの優秀さに表れています。オレンジのような革新的な通信事業者と協力し、未来のネットワークの創造に共に貢献できることをうれしく思います」

※1 達成実績は現時点では未承認です。本リリースでの主張は実証試験における伝送速度の既存の公的記録に基づいています。

関連情報(英文)
https://www.huawei.com/en/news/2022/6/ngon-award-optical-green

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。