小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年の物価高騰に備えて節約を考えている出費TOP3、3位被服費、2位娯楽費、1位は?

2023.01.08

物価の高騰が続く中、家計への負担を少しでも減らそうと、節約を実践している人は多いに違いない。

では、節約の対象として、最も減らされている出費とはいったい何なのだろうか?

バイアンドホールドはこのほど、30~50代の男女1,000人を対象に「節約による生活防衛」に関する意識調査を実施。その結果をグラフにまとめて発表した。

物価上昇は「やむを得ない」が便乗値上げには不信感

まず、現在の物価上昇についてどのように思っているか尋ねたところ、「やむを得ない」との回答が51%で最多だった。2位には「政府が効果を実感できる対策を行うべき」(32%)、3位には「一部に便乗値上げが含まれている」(27%)が入った。物価上昇をやむを得ないこととして受け入れつつも、便乗値上げに対する不信感がぬぐえない様子がうかがえる。

過去一年間に7割近くが節約を実行

次に「過去一年間に生活防衛のために節約を行いましたか」と尋ねた。結果は「はい」が67%、「いいえ」が33%となり、7割近くの人が節約を行ったことがわかった。

節約トップ3は「食費」、「娯楽費」、「被服費」

次は、節約を行ったと回答した672人に「具体的に何を節約しましたか」と質問したところ、「食費」が72%でトップ。以下、「娯楽費」(48%)、「被服費」(39%)、「公共料金」(37%)、「交際費」(34%)、「通信費」(19%)が続いた。

15%が「これ以上節約できるものがない」と回答

2023年はさらに物価が上がることが予想されているが、今後さらに節約を行う場合、何を節約するか尋ねたところ、「食費」(54%)、「娯楽費」(39%)、「被服費」(33%)、「公共料金」(30%)、「交際費」(29%)、「通信費」(19%)が上位に並んだ。また、「これ以上節約できるものがない」との回答も15%もあった。

17%が「NISAのことがわからない」と回答

節約だけではいずれ限界が来る可能性がある。政府は個人の所得を増やす「資産所得倍増プラン」の一環として、配当や売却益などが非課税となる「一般NISA」と「つみたてNISA」の恒久化と非課税枠の拡大を予定しているが、「今後、NISAの利用を行いますか」と質問したところ、「わからない」が30%で最多となり、以下「利用しない」(24%)、「すでに利用している」(19%)が続いた。「利用する」との回答は9%にとどまるとともに、17%のほうが「NISAのことがわからない」と回答した。

<調査概要>
調査期間:2022年12月12日
調査手法:インターネット調査
調査地域:全国
調査対象:30歳~59歳の男
サンプル数:1,000人
調査会社:アイブリッジ株式会社

出典元:株式会社バイアンドホールド

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。