小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ソニーと東京大学と開発した超小型人工衛星「EYE」が軌道上での通信確立に成功

2023.01.08

ソニーグループ(以下、ソニー)は、カメラを搭載して宇宙空間からの撮影を実現する超小型人工衛星『EYE(アイ)』が衛星軌道に放出後、地上局との通信を確立することに成功したことを発表した。

『EYE』は、米国東部時間1月3日に米国・フロリダ州で打ち上がり、同日に衛星軌道上へ放出された。

1月3日に打ち上がったSpace X社の「Falcon 9」打ち上げの様子
(c)SpaceX

操作シミュレータによりユーザーが意図したカメラワークで宇宙空間を撮影

ソニーが東京大学と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)と推進する「STAR SPHERE」プロジェクトによる『EYE』は、専用のシミュレータを通じて地上から遠隔操作することが可能で、宇宙空間から撮影された静止画や動画を宇宙飛行士のようなリアリティある視点で届けることができる。

ソニーがJAXAの協力のもと、東京大学と開発した超小型人工衛星『EYE』はソニー製カメラを搭載し、操作シミュレータを用いることで、ユーザーが意図したカメラワークで地球や星々を撮影することができる。

今後は撮影体験を一般向けサービスとして提供するほか、撮影体験を活用したクリエイターやアーティストとの「宇宙視点の芸術」の創作活動やさまざまな企業との協業にも取り組む。『EYE』による宇宙からの撮影体験は、一般向けサービスとして2023年春頃に展開を予定しているという。

地上局とSバンドを利用したコマンドの送信とテレメトリデータの受信に成功

人口衛星『EYE』は、SpaceX 社の「Falcon 9」により高度524kmの軌道へ投入され、地上局との間で正常にSバンドを利用したコマンドの送信とテレメトリデータの受信に成功。

受信したデータを解析した結果、太陽電池パドルの展開に成功して、電力が正常に確保されていることが分かった。『EYE』を安全に運用するための管制室をソニーグループ本社ビル内に新規に設置し、衛星の運用はソニーとソニーワイヤレスコミュニケーションズに加えて、東京大学の中須賀船瀬研究室とアークエッジスペースと共同で行なわれる予定。

今後は、カメラで撮影した静止画と動画をダウンリンクするために使用するXバンドの通信確立を予定。カメラを含むすべてのコンポーネントやシステムの健全性を確認した後、より高度な軌道へ衛星を投入するために水レジストエンジンを使用した高度上昇運用を実施していく。

https://starsphere.sony.com/ja/

構成/KUMU

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。