小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【CES2023】ソニー・ホンダモビリティの新ブランド「AFEELA」が示した新たなクルマの価値

2023.01.08

“Mobility Tech Company”としてモビリティの革新を追求

ソニー・ホンダモビリティ(SHM)は、米国ネバダ州ラスベガスおよびオンラインで現地時間2023年1月5日(木)より開催中の「CES 2023」において、新ブランド「AFEELA」(アフィーラ)を発表。新たなモビリティの提案として、プロトタイプを初披露した。

一般公開に先立ち、現地時間1月4日(水)に行なわれた記者会見では、代表取締役 会長 兼 CEO 水野 泰秀氏が登壇。以下の内容でスピーチを行なった。

1. パーパスとアイデンティティ

SHMは「多様な知で革新を追求し、人を動かす。」を企業のパーパスとして掲げ、人々の心を自由で、心地よく、胸高鳴る方向へと動かしていくことを目指す。その実現のために、創造性で未来を切り開く人々とともに、最先端の技術と感性を掛け合わせ、“Mobility Tech Company”としてモビリティの革新を追求していく。

2. 新ブランド「AFEELA」

SHMが考えるモビリティ体験の中心に在る”FEEL”を表した新ブランド「AFEELA」を発表した。人が、モビリティを“知性を持つ存在”として「感じる」こと、また、モビリティがセンシングとネットワークに代表されるIT技術を用いて、人と社会を「感じる」こと、というインタラクティブな関係性を表現している。

3. プロトタイプを初披露

人とモビリティの新たな関係を創るというSHMのビジョンを表現したプロトタイプを初披露。このプロトタイプをベースに開発を進めていく。量産車については2025年前半からの先行受注を開始し、同年中に発売を予定。デリバリーは2026年春に北米から開始する。

本プロトタイプのデザインで目指したのは、新たなモビリティの価値基準の創出。クルマを構成する主な要素が動力性能やパフォーマンスから、ソフトウェア、ネットワーク、ユーザーエクスペリエンスに変わっていく転換点において、今までの車両デザインに求められた個性や造形のあり方を見つめ直すとともに、積み上げられてきた価値観を磨き上げることで、本質的な価値を浮き彫りにし、ピュアで強いデザインに昇華することを目指した。

「AFEELA」プロトタイプの主な特徴

エクステリア

モビリティと人がインタラクティブなコミュニケーションをするため、知性を持ったモビリティがその意思を光で語りかける” Media Bar”を搭載。今後、さまざまなパートナー、クリエイターと共に、可能性を幅広く模索していく。

インテリア

まるで繭に包まれたような、無垢でやさしいラウンド基調のデザインとした。単に心地良いだけでなく、注意を逸らす装飾性を極力無くし、カラーリングもシンプルを徹底。人を中心とし、人が求める機能と体験の実現を目指す。

提供価値のコンセプト=3A(Autonomy, Augmentation, Affinity)具現化の一部を発表

Autonomy:「進化する自律性」

・安心安全技術の上に、快適な移動空間を提供。
・特定条件下での自動運転機能、レベル 3 搭載を目指すと同時に、市街地等、より広い運転条件下での運転支援機能、レベル 2+の開発にも取り組む。
・最大 800TOPS(※1)の演算性能を持つハードウェアには、Qualcomm Snapdragon Digital ChassisのSoC(※2)を採用予定。
・今回のプロトタイプには、車内外に計45個のカメラ、センサー等を搭載。室内のインキャビンカメラやToFセンサー(※3)により、ドライバーの運転状況や走行状態をモニタリングし、不慮の交通事故防止へ貢献する。

Augmentation:「身体・時空間の拡張」

・新しい HMI(※4)を提案し、クラウドで提供するサービスと連携することで、ユーザーごとにパーソナライズされた車内環境を実現。ユーザーに運転以外の楽しみを提供する。
・リアルとバーチャルの世界を融合していくことで、移動空間をエンタテインメント空間、感動空間へと拡張。メタバースなどデジタルをフルに活用し、新しいエンタテインメントの可能性も追求。その一例として、Epic Gamesとモビリティにおける新しい価値観やコンセプトの検討を開始。
・センシング技術を活用した拡張現実(AR)によって直観的なナビゲーションの提供を目指す。

Affinity:「人との協調、社会との共生」

・カスタマーだけでなく、自動車産業におけるパートナー、さまざまな産業を支えるパートナー、そしてモビリティにおける新しいエンタテインメントの創出に共にチャレンジするクリエイターとオープンで自由な環境を作っていく。

※1 TOPS: 1秒あたりの演算処理回数(兆回)の単位。Tera Operation Per Secondの略語。
※2 SoC: 装置やシステムの動作に必要な機能のすべてを一つの半導体チップに実装する方式。System On a Chipの略語。
※3 ToFセンサー: 光の飛行時間を計測し対象物までの距離計測を行うセンサー。Time of Flightセンサーの略語。
※4 HMI: 人と機器をつなぐ装置や手段の総称(Human-Machine Interface)の略語。

関連情報
https://www.ces.tech/
https://square.sony.com/ja/ces2023/
https://shm-afeela.com/ja/prototype/

構成/清水眞希

 


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年5月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「Bluetooth対応リズムライトスピーカー」、特集は「ChatGPT/Bing/Google Bard AI検索超活用術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。