小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドル円相場、倒産の可能性が高い業種、米ドルの買い時、先の見えない2023年の経済動向

2023.01.14

2023年の経済動向に関する記事を@DIMEの中から厳選して紹介します。

2023年の経済動向

ドル円相場は円高で進むのか?「2023年は1ドル120円台もある」とアナリストが予想する根拠

2022年10月21日深夜、ドル円相場が、1ドル151円90銭まで円安方向に急伸した。それから約1か月がたった、2022年12月中旬現在では1ドル137円前後で取引されている。 コロナショックが起きる前の2019年末は1ドル=109円台で取引されていたので、今のドル円相場は、異常だと言わざるを得ない。この先、更なる円安が訪れてしまうのだろうか。ひいては、2023年の投資環境はますますの混乱局面を迎えるのだろうか。

【参考】https://dime.jp/genre/1514748/

円安ドルが加速する今、ドルを買うなら〝毎月の給料日〟が正解

米ドル

いざ外貨預金を始めるにあたって、一番気になるのはやはり為替レートだ。今が円安のピークなのか、それともまだまだ円安は継続するのか。買いタイミングの判断は非常に難しい。そこで米国株の賢人に米国ドルの買い時を尋ねると意外な答えが返ってきた。「為替レートは気にせず購入したほうがいいですよ」──そこには為替初心者が陥りやすい間違いに気づかせてくれる、為替の鉄則が詰まっていた。米国株投資YouTuber・ロジャーパパさんが外貨預金を語る。

【参考】https://dime.jp/genre/1479132/

2023年以降に倒産する可能性が高い業種ランキング、3位業務用機械器具製造業、2位電気業、1位は?

2022年は新型コロナウイルスによる原材料の高騰やウクライナ問題による原油高、アメリカの利上げによる円安といった変動の激しい経済状況により、消費者だけでなく企業も苦境に立たされることとなった。 そんな中で、特に倒産の可能性が高い業種は何か。 アラームボックスはこのほど、2021年12月1日~2022年11月30日の期間に収集された10,767社・330,298件のネット情報等から1年以内に倒産する危険性がある“要警戒企業”を分析・抽出。「倒産危険度の高い上位10業種」を予測・発表した。その概要は以下のとおり。

【参考】https://dime.jp/genre/1521646/

絶賛発売中!DIME最新号の特集は「トレンド大予測2023」、特別付録はLEDアクリルメモボード

DIME最新号の付録は、いろんな使い方で楽しめるインテリア雑貨「LEDアクリルメモボード」。20cm×20cmの透明なアクリルパネルに、同梱される白いペンで文字やイラストで描き込めるようになっており、土台となるウッドベースにこのアクリルパネルをセットすると、7色に切り替えられるLEDライトによって、ライトアップできるデスクトップインテリアです。

【参考】https://dime.jp/genre/1515663/

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。