小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

物価、ドル円相場はどうなる?2023年の経済を読み解くポイント

2023.01.06

2023年の経済動向についての記事を@DIMEから4本を厳選して紹介します。

2023年の経済動向

2023年は海外景気の悪化で国内経済成長はやや減速の見込み

2023年の日本経済の見通しは明るいのか、それとも、暗いのか。 三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「2023年の日本経済見通し」と題したレポートを発表した。レポートの詳細は以下のとおり。

【参考】https://dime.jp/genre/1523177/

円安か?円高か?2023年のドル円相場はどっちに動くのか

2023年のドル円相場は、どのように推移することが考えられるのだろうか。 三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「2023年のドル円相場見通し」と題したレポートを発表した。レポートの概要は以下のとおり。

【参考】https://dime.jp/genre/1523523/

米FOMCメンバーによる2023年以降の物価上昇率の見通しは?

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「2022年12月FOMCレビュー~利上げペース減速もタカ派姿勢維持」と題したレポートを発表した。レポートの詳細は以下のとおり。

【参考】https://dime.jp/genre/1519588/

絶賛発売中!DIME最新号の特集は「トレンド大予測2023」、特別付録はLEDアクリルメモボード

DIME最新号の付録は、いろんな使い方で楽しめるインテリア雑貨「LEDアクリルメモボード」。20cm×20cmの透明なアクリルパネルに、同梱される白いペンで文字やイラストで描き込めるようになっており、土台となるウッドベースにこのアクリルパネルをセットすると、7色に切り替えられるLEDライトによって、ライトアップできるデスクトップインテリアです。

【参考】https://dime.jp/genre/1515663/

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。