小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

雪道や凍結路でクルマを運転する時にやってはいけないこと

2022.12.30

大雪による通行止めなどが発生している2022年の冬。年末年始の帰省のタイミングが雪予報となっているため、慣れていない雪道や凍結路面を運転せざるを得ないというケースもあるのではないでしょうか。今回は、運転中に雪道や凍結路面に出くわしたときの注意点を解説します。雪が降り積もった場所や凍結した路面を走行する可能性がある方は参考にしてみてください。

雪道や凍結路面の危険性

(出典:PhotoAC)

雪道や凍結路面での危険性は、滑ることだけでなく、焦って急操作をして車両の制御ができなくなり、事故を起こしてしまうことです。

スリップしてしまった車をハンドルやアクセルなどの操作で回復させるのは、雪道や凍結路面など滑りやすい路面での運転操作に慣れていなければできません。

そのため、滑りやすい路面での運転に慣れていない場合、滑り始めてしまった車を止めたり元の走行ラインに戻したりすることができず、タイヤのグリップが回復する場所まで滑り続けたり、何かにぶつかって止まったりするのを待つしかなくなります。

何かにぶつかって止まるということは、事故を起こすことと同意であるため、雪道や凍結路面では、スリップしないペダル操作やハンドル操作をすることが重要となるのです。

雪道や凍結路面を走行するときの準備

雪道や凍結路面を走行することがわかっているときは、事前準備がとても大切です。

雪道や凍結路面を走るときの準備には、スタッドレスタイヤへの履き替えだけでなく、タイヤチェーンの用意、スタックしたときの脱出に必要な毛布やフロアマット、野外で作業するときに必要な軍手や長靴、長時間にわたる渋滞や足止めに巻き込まれたときに必要な厚手の上着などを準備しておくとよいでしょう。

雪道や凍結路面を走行するときは、スタッドレスタイヤへの履き替えだけをしておけばよいと考えがちです。しかし、万が一のときのことも考えてスタッドレスタイヤ以外の物の準備もしておくことをおすすめします。

そのため、荷物は多くなってしまいますが、深い雪道を走行するときに必要なタイヤチェーンやスタックしたときに脱出するための毛布なども準備しておくとよいでしょう。

また、雪が積もった車を運転しなければならないときは、走り出す前にルーフやボンネットなどに積もっている雪を落としてから走り出すようにしましょう。

雪道や凍結した路面での運転でやってはいけないこと!

(出典:PhotoAC)

運転中に雪道や凍結路面に出くわしたときは、「急」がつく操作、つまり急なハンドル操作・急なブレーキ操作・急なアクセル操作をしないことが重要です。

また、路面のアスファルトが見える程度に薄く氷が張っている「ブラックアイスバーン」では、道路が見えているという理由から油断をしてしまい、急操作をしてスリップしてしまうことがあります。

路面が濡れていて、凍結するおそれがあるほど気温が下がっているときは、ブラックアイスバーンにも注意しながら慎重に走行しましょう。

雪道や凍結した路面での運転方法とは?

雪道や凍結した路面では、運転操作を緩やかに行い、車間距離をいつもより長めに空けておきましょう。

動き出すときのアクセル操作は、いつも以上に気を遣い、慎重に操作をして、じんわりと動き出すことがポイントです。カーブや交差点の右左折をするときは、ハンドル操作をする前(直線路を走行中)に速度を十分に落とし、車線をはみ出したり、スリップしたりすることがないよう注意しましょう。止まるときやブレーキをかけるときは、ブレーキペダルをじわっと踏んでいき、徐々に速度を落とすようにすることがスリップしないためのコツです。

また、ゆとりをもって運転したり、急操作したりすることがないよう、車間距離は長めに空けておきましょう。車間距離を長く空けておくことで、ゆとりをもった運転操作ができるだけでなく、前方で何らかのトラブルがあったときに回避することもできます。

さらに、出かけるときは、いつもより早めに出発することもポイントです。雪や凍結した路面では、慎重に運転するドライバーが増え、いつもと同じルートでも普段以上に時間がかかることがあります。そのため、雪予報や路面凍結のおそれがあるときは、早めに出発して時間にゆとりを持つことが大切です。

ゆとりを持つことが大切

(出典:PhotoAC)

雪道や凍結路面で事故が起きると、渋滞や通行止めが発生し、長時間にわたり身動きがとれなくなることがあります。このようなスリップ事故の原因の多くは、雪道や凍結路面を走行するための準備ができていないことや運転の操作ミスなどです。そのため、天気予報で雪の予報が出ていたり、路面の凍結に注意するよう呼びかけられたりしているときは、事前準備をしっかりして、時間や運転操作・車間距離にゆとりをもって走行し、事故を起こさないよう注意しましょう。

取材・文/齊藤優太

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。