小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

剃り残しは今年中に一掃!2023年はツルスベな男前肌でスタートしよう

2022.12.27

独自の「6枚刃システム」と「高速リニアモーター」を搭載

2022年も残りわずか。この1年をメンズビューティー的に振り返ってみると、いくつか印象深い製品が登場した中で最初に思い出されるのが、電動シェーバーの発売を開始して67年目を迎えたパナソニックから新たに発売されたラムダッシュPROシリーズだ。

このシリーズは6枚刃と5枚刃の二つのラインで構成され、なかでもラムダッシュPRO 6枚刃は、パナソニック独自の「6枚刃システム」と「高速リニアモーター」を搭載。「アゴ下のくせヒゲさえも、なぞるだけで剃りあげる」と、同社が説明するモデルでもある。

さて、年末は家や部屋の掃除に追われる一方で、日頃の緊張感から解放されるだけに、自分の顔周りの手入れは手抜き&忘れがち。そんな状態での初詣や年始の挨拶回りは絶対に避けたいところ。

そこで今回はラムダッシュPRO 6枚刃の中でも最上位機種のES-LS9BXをピックアップ。ヒゲが濃い目のメンズに登場してもらい、そのシェービング機能を改めて確認してみた。

その前にES-LS9BXの主な機能をおさらいしておこう。

パナソニック ラムダッシュPRO 6枚刃 ES-LS9BX

外刃/6枚刃システム(ステンレス刃物鋼6枚刃)
内刃/30°鋭角ナノエッジ内刃
駆動/リニアモーター高速駆動、約14,000ストローク/分
パワーコントロール/ラムダッシュAI
ヘッド部/密着5Dシステム、密着5Dヘッド、固定:可動切替、密着刃フロート機構
電源/充電式、急速1時間充電
充電システム/全自動洗浄充電器、USB充電ケース(ES-LS9BXのみ付属)
防水/防水設計(IPX7基準)
本体サイズ(キャップを除く)/高さ172×幅72×奥行き59mm、約220g

ラムダッシュPRO 6枚刃のラインアップ
◎ES-LS5B:お風呂でも剃れるタイプ。ポーチ付属
◎ES-LS9P:充電中でも剃れるタイプ。全自動洗浄充電器、セミハードケース付属
◎ES-LS5P:充電中でも剃れるタイプ。ポーチ付属

2~3日伸ばしたアゴ下のくせヒゲも、なぞるだけで剃りあげる

まず前述した6枚刃システムだが、「絞り出し深剃り刃」「くせヒゲ深剃り刃」の2種4枚の極薄深剃り刃と、アゴ下の長いくせヒゲも早剃りできる2枚の「アゴ下トリマー刃」を搭載。同社では、この6枚の刃を最適配置することで、長いくせヒゲのカット率は同社5枚刃比で2.5倍(※)を実現したと説明している。
※<ES-LV9V>カット率27%、<ES-LS9BX>カット率70%。同社独自の基準に基づく。使用条件により効果は異なります。

絞り出し機構を搭載した2種4枚の極薄深剃り刃のシェービングイメージ

密着5Dヘッドと密着フロート刃機構で構成される「密着5Dシステム」

密着5Dヘッドは、上記に示した画像のようにヘッド部が(1)前後17度、(2)左右20度、(3)上下2.5mm、(4)前後に1.0mmスライド、(5)ツイスト10度の5方向に可動するメカニズム。

内刃と外刃が一体になった6枚の刃がそれぞれ、上下にやわらかく大きく浮き沈みするのが、密着フロート刃機構。これにより、肌への圧力が均一にかかりやすくなり、アゴ下や頬などの複雑な凹凸にもヘッドがやさしく密着する。

そして、この6枚刃システムを駆動するのがラムダッシュ史上最速(※)の毎分約1万4000ストロークを実現した、ラムダッシュのために開発されたリニアモーター。
※ 同社リニアシェーバー ラムダッシュにおいて。2022年4月5日現在。

このリニアモーターが内刃をダイレクトに高速駆動させることで、ヒゲが濃くてもパワーダウンすることなく、剃り終わりまでハイパワーが持続するのだ。

また今回フィーチャーした最上位機種のES-LS9BXには、USB充電ができる収納ケースも付属。USBプラグ Type-C充電により、約2時間でフル充電できる。出張や旅行、リモートワーク時はパソコンからの充電も可能だ。

それではES-LS9BXのシェービング能力を改めてチェックしていこう。

シェービング前の様子。2日ほどヒゲを伸ばして撮影に参加してもらった。鼻下からアゴにかけて、かなりの密度で生えていることがわかる。モミアゲから頬にかけては薄めだが、よく見ると、細かく点のようなヒゲが分布しているようだ。

サイドはこんな感じに。正面からはわかりにくかったが、アゴ周辺のヒゲは長短にかなりの違いがあるうえ、生える方向もバラつきがあることがわかる。

アゴ先からノド元にかけての様子。こちらは生える方向に加え、生える角度にも違いがあることがわかる。またノド元には剃り残しと思われるヒゲも散見され、シェービングに関しては、かなりの難所と見受けられる。

早速、頬から口元、アゴにかけてのエリアからシェービングを開始。剃り方としては、ヘッド部(外刃)がを肌に対して直角にあてること。その際、ヘッドの一部ではなく、全体をあてるようにする。一部だけをあてると、過剰なストレスを肌に与える場合もあるからだ。

動かし方はヒゲの生えている方向とは逆に、流れに逆らうように動かしていく。

アゴ下からノド元にかけては、肌を少し伸ばすようにしてシェービングしていく。実はこのエリア、ヒゲがほとんど寝たような状態で生えており、肌を伸ばすことでヒゲが起きて、より剃りやすくなるのだ。

顔の輪郭部では、独自の密着5Dシステムが威力を発揮。これは前述したように前後・左右・上下に加えて前後、スライド、ツイストの5方向へ自在に動く密着5Dヘッドと、6枚の刃が上下にやわらかく大きく浮き沈みする密着フロート刃機構で構成されるシステム。顔の複雑な凹凸にも密着して、肌にやさしいシェービングを実現する機能だ。

ちなみに、こちらは鼻の下をシェービングしている時の様子。上の画像のグリップ部とヘッド部との角度の違いに注目していただきたい。密着5Dシステムの効果が確認できるはずだ。

以上でシェービング体験は終了。正面からの状態をチェックしてみると、鼻下やアゴ先に密生していた、頑固そうなヒゲはほぼ一掃されたようだ。またモミアゲから頬にかけて気になった、細かな点のようなヒゲもなくなり、清潔感と併せて肌の色や質感が向上したように見える。

サイドはこのような仕上がりに。生えている長さも方向もバラつきがあり、手強そうに見えたアゴ周辺のヒゲも、ES-LS9BXにかかればこのとおり。こちらのエリアも細かく分布していたヒゲがなくなったことで、肌の透明感がアップしたようだ。

アゴ下からノド元にかけては、こんな感じに。先ほども触れたように、このエリアはヒゲが寝た状態で生えるため、剃り残しが出やすいと言われるが、ラムダッシュPROの6枚刃システムは、問題なくクリアできたようだ。

このように濃く密生したヒゲも、スムースな動作で剃り上げてくれたラムダッシュPRO 6枚刃。

好感度を下げる無精ヒゲや剃り残しは年内に一掃して、男前なツルスベ肌で新しい年を迎えたい。

関連情報
https://panasonic.jp/shaver/products/lamdashpro6.html

撮影/末安善之
構成/清水眞希


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。