小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

リッチで硬派な2シーター、ポルシェ「718 ケイマン GTS 4.0」の誘惑

2022.12.27

ポルシェの電動4ドアスポーツカー、タイカンの販売台数が、同社を象徴するモデルの911を超えたという。時代の波は確実にきている一方で、スポーツカー専業ブランドとしての矜持は、ガソリンエンジン搭載モデルにも依然として表れている。今回はそのひとつである718 ケイマンの高性能モデルを紹介しよう。

2ドア2シータースポーツカーで自分だけの世界を楽しむ

丸目ではないが、ヘッドライトから続くフロント左右の盛り上がりは、車両感覚をつかみやすいという機能も含めたポルシェのアイコニックなデザイン。標準モデルよりも車高が20ミリ低められ、段差を乗り越えるときは少々注意が必要(ノーズのリフトアップ機能は付いていない)。

世の中のクルマはほとんどが側面2ドアか4ドアで(ごくたまに例外あり)、前者はよりパーソナルなキャラクターだ。さらに座席数も2つの場合、全長は短く、街中での取り回しで不便がない。また、この手のクルマはスポーツカーであることが多く、横から見たときに乗車位置が車体の中心に近くあり、運動性能の面でも有利に働く。

エンジンが乗車スペースの後ろに搭載されている場合、ホイールベース(前後の車軸間の距離)の内側に重量物(人)が集まるため、より有利。この、フォーミュラマシンと同じレイアウトを採用するのが、ポルシェ 718 ケイマンだ。

物理特性に優れる設計は、感覚的にも自分がクルマの中心にあり、お尻のあたりを軸にカーブを曲がっていく様がとても気持ちいい。自分だけの世界を楽しむために存在するといっても過言ではないだろう。

ケイマンは911とどう違う?

車体後方にエンジンを積む911と比べ、ミッドシップレイアウトのこちらは車体後端までの距離が短く、軽快な印象。ポルシェにおける「GTS」モデルは、加速力と横方向のダイナミクス(つまりサスペンション)を強化し、サーキット走行から普段使いまで幅広く対応するスポーツ性能とロングドライブでの快適性を両立させたキャラクターとなっている。

ケイマンに限らず、ポルシェのスポーツカーは、ブランドを象徴するスポーツカーの911と戦略的に面影が似ている。911の場合、後席空間を確保し、エンジンは車体後方に収まる。これにより多人数乗車や荷物置き場などの実用性が高まり、GT的な資質も備えている(あくまでもポルシェブランドにおいて)。

一方で718 ケイマンは、上述した設計によりスポーツドライビングを楽しむことに重きを置いたモデルといえる。どちらの格が上がということではなく、乗り手のライフスタイルや嗜好に合わせた選択肢をポルシェは用意しているのだ。

いいスポーツカーは“疲れない”

トランスミッションはデュアルクラッチ式の2ペダル「PDK」(7速)のほか、6速MTも選べる。

抜群のホールド性でクルマと一体になれるスポーツシートを標準で装備。

718 ケイマンのベーシックモデルは768万円。対して今回紹介する718 ケイマン GTS 4.0(以下、ケイマン GTS)は1152万円。大きな違いは搭載されるエンジンで、前者が4気筒ターボなのに対し、こちらは古くからポルシェが大事にしてきた水平対向6気筒。排気量は4リッターでターボチャージャーの加給はなく、発進直後から余計な振動もなくひたすらスムーズに回る。がっちりとした車体の剛性感も含めて、ポルシェの進化した伝統を存分に味わえるモデルなのだ。

しかも、ワインディングロードなどでスポーツドライビングに徹しなくても気持ちいいのがこのクルマのいいところ。エンジンの存在を車内でも大いに感じさせるその走りは、街中でも十分にエンターテインメントとなりうる。

試乗中、首都高速や東名高速でかなりの渋滞に遭遇したが、クルマから降りたいという気持ちになることは一度もなかった。これは、精緻な機械式時計やグッドイヤーウェルトの英国靴を身に着けたときのような、“いいモノ感”“フィット感”があるからだと思う。スポーツカーの運転は疲れるのではないかと思う方にこそ、ぜひ試してほしいクルマだ。

名門ブランドだからこその感動を手に入れよう

エンジンは低い位置に搭載され、その上には魅力的な広さの荷室が備わる。ボンネット下の深い荷室と合わせ、2人分の旅道具が積める。

冒頭で書いたように、ポルシェで今最も“アツい”のは、タイカンだ。正確な反応を見せるハンドリングや肩から腿までもしっかりと支えるシートといったポルシェらしさに加え、圧倒的に低い重心とモーターのハイパワーをもって、EVだからできるエンターテインメント性を表現したのが人気の理由だろう。

一方で、エモーショナルなフィーリングを強く感じられるケイマン GTSにも、心惹かれる。しかも、決して古典的というわけではなく、モータースポーツで培った技術を最新モードで表したケイマン GTSには、アナログとかデジタルという枠を超えた硬質で甘美な香りが漂い、乗る者すべてを魅了する。

今回の試乗中、同業の女性を助手席に乗せて東京都心の一般道を走る機会があった。今はまったく運転しないそうだが、以前は国産2シータースポーツカーを所有していたこともあり、ケイマン GTSのデザイン、フィーリング、音、あらゆる部分でとても刺激的だと感想を伝えてくれた。

スポーツカーは確実に心を豊かにしてくれる存在であり、作り慣れた名門なら、得られる感動ははるかに大きい。しかもそれを街乗り同乗レベルでも感じさせてくれるのが、ポルシェというブランドの偉大なところだ。

(スペック)
車両本体価格:11,520,000円~
全長×全幅×全高=4,405×1,800×1,285mm
車両重量:1,405kg
駆動方式:RWD
エンジン:水平対向6気筒 3,995cc
最高出力:294kW(400PS)/7,000rpm
最大トルク:420Nm/5,000~6,500rpm
トランスミッション:6速MT/7速DCT(PDK)
問い合わせ先:ポルシェ コンタクト 0120-846-911

TEXT:櫻井 香(AQ編集部)


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。