小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

異次元の少子化対策より効果あり?企業に求められる子育て世代が働きやすい福利厚生制度

2023.01.06

GMO Bears

ブラック企業が社会問題となる中、休暇制度の充実や健康サポートの支援など、手厚い福利厚生を用意しているホワイトすぎる企業が注目されている。好景気とはいえない時代に、なぜ働く側にとって〝おいしい〟制度を導入できるのか。その驚くべき福利厚生の内容とは!?

今回は小さな子供がいても、家族に万が一のことが起きてしまっても安心。働きやすい環境を作るべく努力している企業をピックアップ!

IT企業らしい社内託児所所を設立 GMOインターネットグループ

GMO Bears

【内容】グループの社員が利用できる託児所。利用料は月極めの場合1万5000円、一時預かりは1日2800円。

GMO Bears

 現在2歳の男の子を預けている粟野さんは、約3年前にGMOのグループ会社に入社した。

「GMOコインに転職が決まった際には奥さんはまだ妊娠中だったのですが、『ここは託児所があるから利用できたらうれしいね』と話し合っていました」

 IT企業らしく、託児所で過ごす様子はスマホで確認できる。

「保育士からの連絡は専用アプリに送られてきます。『今日は店員さんみたいに【いらっしゃい!】と言ってました』なんてコメントを見て『家でそんなことしゃべったことないのに』と驚くことも(笑)」

 子供は人見知りする性格とのことだが。

「最近は、朝早くから『託児所へ行きたいアピール』がすごいです。公園などへお散歩、多くの社員が参加するクリスマスイベントも楽しみのようです」

GMO Bears

昨年のクリスマスは、グループ会社の社長がサンタに扮装。託児所の子供にプレゼントを贈った。

GMO Bears

保育士が子供を撮影してオンライン上のアルバムにアップ。遠くに住む祖父母も孫の姿を見ることができる。

[社員の声]

粟野翔一さんGMOコイン  粟野翔一さん
利用料が破格で助かります。近くにあるので、急に熱を出したとしてもすぐ駆けつけることができて安心です。

粟野翔一さん

働き方改革

店で食べたラーメン代を会社が全額負担!?太っ腹すぎる福利厚生が生まれた理由

ブラック企業が社会問題となる中、休暇制度の充実や健康サポートの支援など、手厚い福利厚生を用意しているホワイトすぎる企業が注目されている。好景気とはいえない時代に...

取材・文/渡辺雅史、齋藤めぐみ イラスト/小島サエキチ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。