小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

デスクワーカーの7割が「会社に仮眠スペースや昼寝制度を導入してほしい」

2022.12.19

オフィスでの勤務中、どんなに集中して仕事に取り組もうとしても、眠気だけはコントロールできない。夢とうつつの狭間で、意識朦朧としながらタスクをこなすよりは、生産性向上のために仮眠スペースや、昼寝制度があればいいのにと思った経験、あなたにもあるのではないだろうか?

プラス株式会社ファニチャーカンパニーはこのほど、従業員数100名以上のオフィスで働くデスクワーカー500名を対象に「職場の昼寝制度や仮眠スペース」に関する意識調査を実施。その結果にデータ分析状況を添えて発表した。

昼寝制度や仮眠場所を設ける企業に対して72.6%が「企業イメージが良い」

「あなたは、業務中の眠気によって、仕事のパフォーマンス(効率や質)が下がったと感じることはありますか?」と質問したところ、「ほぼ毎日ある」「週に2~3回程度ある」「週に1回程度ある」「月に2~3回程度ある」「月に1回程度ある」と回答した人の合計は78%、「ほとんどない/全くない」と回答した人が22%という結果となった。

「あなたは、業務中に眠気を感じたとき、どのように対処していますか?思いつく範囲でお答えください」と自由回答形式で質問したところ、次のようなコメントが寄せられた。

「ブラックコーヒーを飲む。立ち歩く。席でストレッチをする。ガムを食べる。目薬を差す。」
「風通しの良い所で気分転換、コーヒー等の飲み物を頂いて復帰しています。」
「周囲に気づかれない程度に目をきつく閉じてから開ける動作を繰り返す。お茶を飲む。トイレに行く。」
「立ち上がって一度トイレに行ったりして気分を変える コーヒーなどを飲む」
「掌のつぼを痛くなるまで押して眠気覚まししている。 手を洗いに行って指先を冷やす。」
「誰もいないスペースで寝たり、社内を歩き回ったりして眠気を少しでも冷ます」
「昼休みに仮眠をとる。水分補給する。休憩する。」
「トイレで仮眠する」「特に具体的な行動は取らず気力あるのみ!」

「従業員のために『昼寝制度』を設けたり、『仮眠スペース』を設置する会社に対して、あなたはどのような印象を持ちますか?」と質問した。

すると、「働きやすい企業である」「先進的な企業である」「企業イメージが良い」「従業員の生産性が高い」「アウトプット(製品やサービス)の質が高い」「このような企業で働いてみたい」の全てにおいて、「そう思う」「どちらかというとそう思う」の合計が約7割という高い結果になった。

「『昼寝制度』や『仮眠スペース』を、あなたの働くオフィスにも導入してほしいと思いますか?また、現実的に、あなたの働くオフィスに導入される可能性はどれくらいあると思いますか?それぞれお答えください」と質問した。

すると、「導入してほしさ」については「そう思う」「どちらかというとそう思う」の合計が69.2%であった一方、「実際に自分の働くオフィスに導入される可能性が高いと思うか」については、「そう思う」「どちらかというとそう思う」の合計は33.2%に留まった。

「『昼寝制度』や『仮眠スペース』の導入の弊害になるのは、どんなことだとお考えですか。思いつく範囲でお答えください」と自由回答形式で質問したところ、次のようなコメントが寄せられた。

「生産性は上がるかもしれないが、客観的に見るとまだまだ理解されない部分だと思うから。」
「上司・役員の理解を得られないと思います」
「職場で昼寝をすることは悪であると、上層部が認識しており、昼休みに机で寝ている人を起こしているため」
「人手不足で仕事が忙しい。仮眠スペースを設ける空間の余裕もない」
「昼休みの時間帯(12時~13時)に自席で仮眠を取れば良いと役員は考えている」
「オフィスにスペースがない、設置にコストがかかる」
「決まった休み時間がないので、周りが気になり休めない」
「場所の確保が難しいうえ清掃の取り決めや使用ルールの策定が難しい」
「現実的にスペースが無い。他者の目を考えると社内で昼寝は出来ないと思う」
「そのまま起きてこない」

<調査概要>
方法:インターネット調査
回収日:2022年10月21日
対象:従業員数100名以上のオフィスで働く、デスクワークを含む業務を行う会社員、公務員
サンプル数:500人

出典元:プラス株式会社ファニチャーカンパニー

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。