小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

食事からダンジョン攻略まで!話題のホテル×エンタメ施設「東急歌舞伎町タワー」の主要テナントが決定

2022.12.18

9~10階映画館の全シアター音響は世界的音楽家・坂本龍一氏が監修

東急および東急レクリエーションが新宿歌舞伎町で開発を進めている「東急歌舞伎町タワー」は、ホテルおよび映画館・劇場・ライブホールなどのエンターテインメント施設などからなる、地上48階・地下5階・塔屋1階、高さ約225mの超高層複合施設だ。

今般、2023年4月14日(金)に開業となる1~5階の「エンターテインメント&レストラン」のうち、新たに決定した1階の6テナント・全7店舗と、2~5階のテナント詳細を公開した。

また、本施設9~10階の映画館「109シネマズプレミアム新宿」の全シアター音響を、世界的音楽家・坂本龍一氏が監修することも決定したので、合わせてお伝えしよう。

1F ビーフダイニング「和牛特区」

世界へ向けた「エンターテイメントシティ歌舞伎町」の観光・交流拠点となる本施設に、和牛専門集団の平城苑が和牛料理で世界中の人びとをもてなすビーフダイニングがオープンする。

日本が誇る厳選した黒毛和牛を、世界中で愛されているハンバーガーや、和洋中でアレンジしやすいローストビーフなど、さまざまな料理で味わい尽くすことができる特区でありたいという思いで屋号にした。

ランチタイムではハンバーガーをメインとした食事と飲み物、ディナータイムではローストビーフを使用した和牛料理とアルコールを中心に楽しめる。

・営業時間:11:00~翌4:00(ラストオーダー 翌3:00)(予定)
・席数:46席

1F モダンメキシカン「KABUKI BURGER & TACOS」

上質な空間でモダンメキシカンを楽しめる店舗。日本初の照明設備を備えたインパクトのある外観と、歌舞伎デザインといった和を取り入れながら、DJブースを設けることで国内外の利用者に楽しんでもらえる内観など、食空間としてさまざまな要素を取り入れたフュージョンレストランとなっている。

・営業時間:12:00~翌4:00(ラストオーダー 翌3:30)
・席数:45席

1F 生花店「ex. flower shop & laboratory SHINJUKU」

ex. flower shop & laboratory(イクス)は、花と緑の専門店。花屋として、花について正しい知識を持ち、その魅力を誰よりも深く理解すること。一輪一輪の色や形、香り、一本一本の佇まいと状態、生産者のこだわりと想いに目を向けること。

全ての花を主役にできるよう、技術を磨くこと。そんな花屋としてのあたりまえを見つめ直すとともに、さまざまな形でこれからの時代の花や花屋のあり方を探求してきた。花・植物に日々向き合いながら、産地に足を運び、利用者の声に耳を傾ける。

そして東京・新宿という地で、日本の花の素晴らしさを世界に発信し、花屋の新しいスタンダードをつくっていく。

・営業時間:11:00~20:00
・ホームページ:https://www.ex-flower.com/

2F エンターテインメントフードホール「新宿カブキhall~歌舞伎横丁」

新しい横丁ブームの元祖「恵比寿横丁」、「渋谷横丁」などを手掛けた株式会社浜倉的商店製作所が運営する歌舞伎町の次世代エンターテインメントフードホール。約1,000㎡のフロアに、「祭り」をテーマとして食と音楽と映像が融合した全10店舗の食祭街を展開。

北は北海道から南は九州、沖縄、隣国の韓国まで、生産者直結の厳選産直食材をはじめ、地域料理やB級グルメ、丼、麺、焼鳥、餃子、お酒などの「ソウルフード」が集結。

フードホール内に設置されたステージやDJブース、ミラーボール、LED、カラオケ、マジックなど、毎晩さまざまなパフォーマンスやイベントを実施し、飲食店街の枠を超えた体験型空間、歌舞伎町の新たな交流拠点、日本全国の文化発信の場となることを目指す。

・営業時間:24時間営業(予定)
・席数:1,300席

3F アミューズメントコンプレックス「namco TOKYO」

「namco TOKYO」は、バンダイナムコアミューズメントが「エンターテイメントシティ歌舞伎町」に相応しいアミューズメント、フード、イベントなどを融合し新業態として開発したアミューズメントコンプレックスだ。ロゴのメインカラーをブラックとし、ナイトマーケットに向けた新たなブランドとなる。

「アソベル・ノメル・ツナガレル」をコンセプトに、最新のクレーンゲームが楽しめるアミューズメントエリアはもちろん、バンダイナムコグループ各社が取り扱うキャラクター商品のオフィシャルショップや、人気IPコンテンツの世界観を体験できるイベントエリアを展開。

さらにバンダイナムコエンターテインメントとの協業により、パックマンなどのさまざまなキャラクターと連携し、アルコール飲料やここだけのフォトジェニックな軽食などが楽しめるエンターテインメント性を備えたカフェバーも展開する。訪れた人が好きなコンテンツに出会い、楽しみ尽くすことができる場を提供していく。

・営業時間:11:00~翌1:00(ラストオーダー24:00)(予定)
・ホームページ:https://bandainamco-am.co.jp/namco_tokyo/

4F ダンジョン攻略体験施設「THE TOKYO MATRIX」

仲間と協力してモンスターを倒し、アイテムを探し、トラップを突破しクリアを目指す。画面の中の話ではなく、あなた自身が挑戦する、いまだかつてないアトラクションの登場だ。

2人または3人のパーティーで挑むこのダンジョンは、挑戦者が深部に進むことを阻む、超・ハードモード。攻略に必要なのは、肉体・頭脳・運・チームワーク、そして、あきらめない心。

ソニー・ミュージックエンタテインメントとともに企画を手掛けるのは、数々のインタラクティブ施策を世に送り出してきたソニー・ミュージックソリューションズ。

ソニーグループの最先端技術をふんだんに組み込んだダンジョンは、あなたの想像を超えた体験をもたらす。挑戦のその先に、あなただけの冒険物語が始まる。

・営業時間:10:00~22:00(予定)
・ホームページ:https://thetokyomatrix.com/

5F ウェルネスエンターテインメント施設 「EXSTION(エクジション)」 

新しい大人の嗜みを体感できる「美と健康」をテーマにしたラグジュアリーなウェルネスエンターテインメント施設「EXSTION(エクジション)」は、ウェルネスゾーンと、ホスピタリティ高いレストランを併設。

ウェルネスゾーンでは、施設会員が利用できるラグジュアリーなトレーニングジムやプライベートサウナ、ラウンジ、テラスプールなどを配置している。

レストランについては、ライブ感が溢れるシュラスコ料理を提供するレストラン、オープンキッチンからダイレクトに提供される和牛ステーキを中心としたレストラン、地中海を彷彿とさせるシーフード料理のプールサイドレストラン、VIP向けのシークレットレストランといった4業態を展開。

施設会員を中心とした利用者のライフスタイルに合わせたウェルビーイング体験を提供していく。

・営業時間:トレーニングジム 24時間営業
      プライベートサウナ 7:00~23:00(最終入室 22:00)
      レストラン 11:00~23:00(ラストオーダー 22:00)
・席数:184席(シュラスコ料理のレストラン 80席、和牛ステーキを中心としたレストラン 14席、プールサイドレストラン 70席、シークレットレストラン 20席)
・ホームページ:https://www.shinjuku-milano05.com

9~10F 映画館 109シネマズプレミアム新宿

本施設9~10階の映画館「109シネマズプレミアム新宿」の全シアターの音響は、日本人で唯一、アカデミー賞作曲賞を受賞した坂本龍一氏が監修した。

最上の音体験が可能な109シネマズオリジナル規格のプレミアムサウンドシアター「SAION」の良さをそのままに、坂本氏監修の下で設計された、より極限までリアルな音を追求した音響システム「SAION -SR EDITION-」を全シアターに導入。

さらに、映画館内のラウンジなどで使用する複数の楽曲も特別に制作こととなった。上質な鑑賞環境とおもてなしを提供し、これまでの常識を覆す“感性を開く映画館”として、非日常世界への没入体験を観客に届ける。

・ホームページ:https://109cinemas.net/premiumshinjuku/

関連情報:https://www.tokyu.co.jp/index.html

構成/Ara


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。