小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビルの中でも地下でも現在地の高度がわかる!GPSの弱点を克服する垂直測位サービス「Pinnacle」

2022.12.09

創業4年目のスタートアップMetCom社は、2022年11月9日、東京タワーで華やかなセレモニーを開催した。前月に提供開始した垂直測位サービス「Pinnacle」は、私たちの生活を変える可能性のある新技術を採用する。

GPSの弱点を克服する三次元測位システム「MBS」を構想

「色も形もない空気で、正確に高さが測定できるのか?」という疑問もあるが、気圧と高度の関係は信頼性が高く、これまでも活用が模索されてきた。例えば、ヘルスケアアプリで移動の高低差がわかるのは、スマホの気圧センサーによる。

ただし、上述のように、同じ場所でも気象条件によって気圧は変わるので、相対的に高度を特定できるインフラ(基準点の気圧計)を構築したのがビジネスのキモだ。

将来的に同社は、現在GPSに依存する平面の測位を含めた三次元測位システムを、自社で構築することを目指す。「GPSの弱点は、高さの測位、屋内/地下での利用、なりすまし/妨害だ」と同社の荒木勤氏。

衛星から届くGPSの電波は微弱なので屋内では、十分に利用できないことがある。解決するため、より近くて強力な地上波で街全体をカバーするのが同社の構想。電波を暗号化するので、セキュリティ面でのメリットも大きいという。

こうした三次元測位システムは、提携する米NextNav社の特許技術で、米国では一部で実装済みだ(MBS:Metropolitan Beacon System)。NextNav社とライセンス契約を結び、日米共同のMBS実装に取り組むのがMetCom社。まずは、地上波基地局の設置に必要な、国の免許の取得を目指す。

MetComが垂直測位サービス「Pinnacle」の提供開始を記念し 11月9日(119番の日)に東京タワーで開業式を実施

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。