みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >管球式キットからハイエンドまで大集…

管球式キットからハイエンドまで大集合!「ポタ研2014年夏」完全レポート(後編)(2014.07.29)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Music with 規格外

メーカーではなくサークルとしてポタ研やポタフェスに参加し続けている人たちのユニークなブース。私が注目しているのは、真空管方式のポタアンを自作しているHAL900氏である。最近はYAHAアンプの組み立てキットを完成させ、夏コミ3日目に西せ07b「STRV's工房」と「くみたてLab」で配布予定である。さらに、アキバの真空管専門店クラシックコンポーネンツで真空管レスキットを販売予定。さらに委託販売や通販計画も進行中だ。価格はイベントと店頭販売は3500円、通販では5000円ぐらいと格安である。PCAudioLabでも製作記事をアップする予定だ。

管球式キットからハイエンドまで ポタ研2014年夏を徹底レポート!(後編)

ブースはゴチャゴチャして何が展示してあるか不明だが、気軽にポタアンの試聴を申し込もう!

管球式キットからハイエンドまで ポタ研2014年夏を徹底レポート!(後編)

HAL900氏は最近、真鍮製ケースに凝っている。リケースも含めて今回の新作を披露。左上にあるのがキットを組み込んだYAHAアンプだ。ちなみにキットはケースレスである。

管球式キットからハイエンドまで ポタ研2014年夏を徹底レポート!(後編)

このサイズに収めるため基板を立体的に配置している。これはかなり上級である。私はもっと大きなケースを使う予定。ポタアンだと真空管の見せ方が難しくなりそうだ。

<< 1 2 3 4 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。