小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

別のクルマに生まれ変わった!?高級感、上質感、先進装備を備えた日産のミッドサイズSUV「エクストレイル e-4ORCE」

2022.11.28

これまでSURF & SNOWを楽しむアクティブ派ユーザーに圧倒的な支持を得ていたのが、日産のミッドサイズSUVのエクストレイル。初代、二代目はタフギヤ、三代目はアーバンギヤがテーマで、2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーの10BEST CARにも選ばれた4代目となる新型は、なんと「上質」がキーワードだという。

プラットフォームから全面刷新

Rakuten STAY MOTEL九十九里浜片貝 ガレージコンセプトルーム

ここ最近、新型でもプラットフォームを先代からキャリーオーバーする例が少なくないが、この新型エクストレイルはプラットフォームから全面刷新。そう、日産・三菱・ルノーのアライアンスによるCMF-C/Dモジュラープラットフォームを用いた、例えば三菱アウトランダーなどと兄弟車に当たる1台なのである。もちろん、アウトランダーとは上屋もパワートレーンも4WDシステムもまったく別物。新型エクストレイルのパワートレーンはおなじみe-POWERであり、3気筒VC(可変圧縮比)ターボによるシリーズハイブリッド。エンジンは発電のみを行い、100%電動駆動。そしてアリアにも採用される最新の電動車用電気4WDシステム=e-4ORCEを用意する(2WDもある)。最低地上高は4WDのe-4ORCEが185mmとなり、悪路の走破性にもぬかりはない。

今回は、東京~南房総九十九里へのドライブで、新型エクストレイルの真価を確認した。試乗したグレードはe-POWER、2列シート車の最上級グレードとなるG e-4ORCEである。ボディサイズは全長4660×全幅1840×全高1720mm、ホイールベース2705mm。ミッドサイズSUVの中でも扱いやすいサイズに収まっている。タイヤは18インチもあるが、このグレードは足元をより精悍に引き締める235/555R19サイズが装着される。とはいえ、最小回転半径は全グレードともに5.4mと、小回り性は文句なしである。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。