小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】美食家の秘密結社を結成!?リアル×NFTの新しいアイデア

2022.11.26

ニュースやプレスリリースで見ない日はないほど、NFT関連の新規事業、新サービスが次々と登場している。NFTは間違いなく、直近数年のビジネストレンドであり、今なおさまざまな活用法が模索されている。

今のところ、その多くはデジタル領域で価値を発揮するものだが、リアルでのNFT活用も国内外で登場している。comeal社が2022年11月にリリースした「comeal」も、そんな新しい取り組みのひとつだ。

コミュニティにNFTを活用する意味とは?

会員制の飲食店は、すでに数多くあるので、NFT化することで何ができるか? が問題。メンバーシップNFTの事例を2つみていこう。

飲食業でのメンバーシップNFTの活用は、日本に先駆けて米国で話題になった。2022年1月にニューヨークでオープンした「Flyfish Club」は、メンバーシップがNFTで販売されるプライベートダイニングクラブ。公式サイトでは「なぜNFT?」という疑問に対して、次のように説明されている。

「メンバーシップNFTはトークン所有者の資産となり、市場で他の人に販売、譲渡、またはリースすることができます。<中略>NFT は新しい近代的な金融モデルを作成し、これにより Flyfish Club は、優れたな製品の提供が持続可能になります」

NFTが市場で取引されれば、飲食店の需要とともに、NFTの価値が上がる可能性がある。一定期間だけ誰かに貸し出して、投資を回収できるのも利点だ。

もうひとつの事例は、国内の住居兼ホテル「NOT A HOTEL」が販売するメンバーシップNFTだ。NFTを保有すると、1年に1日だけ(3連泊のプランもあり)、ランダムに指定された日程で、ラグジュアリーなホテルの客室を利用できる。

有効期限はなんと47年間。1泊あたりはリーズナブルで、使わない日はホテルとして貸し出せる仕組みだ。もちろん、売買もできる。

デジタルのNFTで保有者を管理すると、譲渡やリースなど権利の移動がフレキシブルになりそうだ。使わないときは、別の人に権利を譲ってムダを省き、資産を有効に活用できる。

comealの石田氏は「権利が個人ではなく、NFTというデジタルアイテムに付随されることが(これまでの会員システムと)大きく異なる。個人に(権利が)紐付いているが故に生じていた問題を解決できる」とする。

リアル×NFTを進展させる新しいアイデアがみられるか、ウォッチしていきたいビジネスだ。

国内初のメンバーシップNFTによる美食コミュニティ「comeal(コミル)」をリリース

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。