小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

CO2排出量ゼロ!未来の全電動飛行機「Alice」が8分間のテストフライトに成功

2022.11.23

気候変動問題への対策として、各業界での脱炭素化への試みが続けられている。そんな中、航空業界では二酸化炭素排出量ゼロを実現する全電動飛行機Aliceのテストフライトが成功した。

全電動飛行機のテストフライトに成功したのは、イスラエルの航空機メーカーEviation。Eviationの全電動飛行機Aliceが9月27日午前7時10分、グラント群国際空港 (MWH)を離陸し、高度3500フィート(約1000メートル)での飛行を8分間行った。

全電動飛行機Aliceのテスト飛行とAliceの詳細、実用化への道を紹介しよう。

全電動飛行機Aliceのテスト飛行

全電動飛行機Aliceのテスト飛行が行われたグラント群国際空港は、米ワシントン州グラント群モーゼスレイク市にある空港で、アメリカの飛行場の中でも最大規模を誇る。1年を通して航空機の運航に適した視界良好な天候に恵まれ、軍用機や商用機のテストフライトのための施設を備えている点が特徴である。

Aliceの操縦士はSteve Crane。テストフライト当日はグラント群国際空港にEviation社のCEO、Greg Davisや大株主であるRichard F. Chandlerらが集まり、Aliceのテスト飛行成功を祝った。

今回のテスト機Aliceの飛行成功により、Eviation社は商用機の開発に向けた重要なデータを得ることとなった。Eviation社の社長でCEOであるGregory Davisは「全電動飛行機Aliceのフライトにより、本日、我々は航空機の新たな時代へ乗り出した。今回の画期的なテスト飛行の成功は、サステナブルな空の旅にイノベーションを起こし、旅客機と貨物機、両方の未来を形作っていく」とコメントした。

Aliceは二酸化炭素を排出せず、飛行機の発着の際の騒音を大幅に改善している。また軽飛行機やターボプロップエンジン飛行機と比較すると、電動飛行機の飛行コストはほんのわずかで済む。

全電動飛行機Aliceの詳細

次に、全電動飛行機Aliceの詳細を見ていこう。

■全電動飛行機Aliceのスペック

全電動飛行機Aliceのスペックは次のとおり。

・最高速度:260ノット(時速約482km)
・最大荷重:旅客機の場合2500ポンド(約1134kg)
      貨物機の場合2600ポンド(約1179kg)

■Aliceの種類

Aliceには次の3種類がある。

・9人乗り旅客機

9人乗り旅客機は、通勤用の飛行機で、乗客9人、乗務員2人の搭乗が可能である。

・6人乗り旅客機

6人乗り旅客機は、高級感のある洗練されたインテリアの飛行機で、乗客の定員は6人で、1人あたりのスペースに余裕がある。

・貨物機

9人乗り、6人乗りの旅客機と形状は変わらないものの、人ではなく貨物の運搬を目的とする飛行機で、乗務員2人の搭乗が可能。

■Aliceのメカニカル情報

Aliceのに搭載されているのは、magniX社のmagni650と呼ばれる電動推進システム。そのほか、バッテリーはAVL社、機体は Multiplast社、翼はGKN社が提供している。

Aliceのバッテリーシステムは効率に優れ、技術の進化に伴って無限にアップグレードが可能なため、今後、飛行距離の延長が期待されている。また、フライ・バイ・ワイヤと呼ばれる操縦・飛行制御システムの採用により、より高度な信頼性と安全性が担保された。

Alice実用化への道は?

電動飛行機はローカルな輸送を経済的に、かつ環境への負荷を減らす、企業にとっても消費者にとっても価値のあるものである。

現状の飛行機では騒音問題や運行時間の制限により空港へのアクセスが限られている地域にも飛行機の導入を可能にし、地域社会を変える可能性を持っている。

Aliceがターゲットにするのは、通勤客と貨物の運搬で、平均的な飛行距離は150〜250マイル(241〜402km)。

現在までのところ、アメリカの航空会社であるCape Airから75機、Global Crossing Airlinesから50機のオーダーを受けている。また、国際宅配便のDHLエクスプレス社は貨物事業者として初めて、12機の貨物機をオーダー済みであるという。

DHLはこの契約により、脱炭素時代の航空貨物輸送時代をリードする構え。DHLのバイスプレジデントであるGeoff Kehrは、「Aliceの初飛行はサステナブルな航空機産業の時代が訪れたという我々の信念を裏付けた。貨物用のAlice、12機の発注により、我が社はゼロエミッションの物流という我々の目標に向けて投資を行っている。DHLは新たな、よりサステナブルな貨物機の導入により、業界をリードしていく。今回の歴史的なフライトは、2050年までに温室効果ガスの排出ゼロ達成に向けた重要なマイルストーンである」と述べた。

全電動飛行機での旅行が一般的になるのは何年後になるだろうか。

参考:
Eviation’s Alice Achieves Milestone with First Flight of All-Electric Aircraft | CISION
Eviation’s all-electric Alice aircraft makes its maiden flight | TechCrunch

文/森野みどり


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。