小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

気になり始める年齢、染め始めた時期、染めている人の割合、男女1000人に聞いた白髪対策の実態

2022.11.19

リクルートの美容に関する調査研究機関『ホットペッパービューティーアカデミー』は、「白髪対策」への関心の高まりを受けて、2016年より20歳から69歳の男女を対象に「白髪・グレイヘアに関する意識調査」を実施。先日、2022年の結果を発表した。

白髪が気になりだした年齢 (有効回答/実数記入)

白髪染めを始めた年齢 (有効回答/実数記入)

理美容室で、白髪染めにかけてもよい金額 (1回あたりの金額/単一回答)

2022年 年代別

男性:2019年n=259/2020年n=261/2021年n=260/2022年 n=270
女性:2019年n=775/2020年n=776/2021年n=774/2022年 n=761

白髪染めをしている人の割合(単一回答)

※スクリーニング調査
成人全体に占める「白髪である」人の割合は、女性が男性を11.7ポイント上回る。男性は「白髪である」人のうち「白髪を気にしている」のは52.9パーセントと約半数に対して、女性は87.6パーセントで9割近くが「白髪を気にしている」という結果になった。

理想とする白髪のカラーリング(複数回答)

男性は「地毛の色(濃い黒など)で隠したい」が64.1パーセントでもっとも多く、女性は「オシャレ染めと同じ色でなじませたい」が63.3パーセントで最多だった。白髪を染めずに「白髪を生かして周囲と自然にぼかしたい」は男女とも約2割のニーズだった。

「白髪ぼかし」の認知・実施(単一回答)

「白髪ぼかし」の認知は、男女とも3割前後だった。実施者は、男性7.3パーセント、女性4.6パーセントだったが、「白髪ぼかし」を認知している「非実施者」の中での利用意向は、男女ともに3割を超えていた。

「白髪ぼかし」の利用理由(複数回答)について

「白髪ぼかし」を現在実施している、またはやってみたい人の「白髪ぼかし」の利用理由の1位は、男女とも「白髪が伸びても気づきにくい」、2位は「オシャレに見える」だった。

白髪が素敵な有名人

男性有名人は「吉川晃司」、女性有名人は「近藤サト」が1位。男性有名人では「陣内孝則」が、ここ3年で順位を上げている。

「白髪・グレイヘアに関する意識調査」調査概要
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:スクリーニング:5万人(人口動態に基づき性年代を割付)
本調査:1031人(全国20歳以上の「白髪がある」男女)
*スクリーニングでの出現率をもとにウェイトバックを実施
調査実施期間:スクリーニング調査(2022年7月6日~2022年7月7日)
本調査:(2022年7月15日~2022年7月19日)
調査機関:マクロミル

 

https://hba.beauty.hotpepper.jp/search/trade/hair/41104/

構成/KUMU


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。