小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

BMWがハンズ・オフの渋滞運転支援機能を搭載したラグジュアリーSUV「X7」の最新モデルを発売

2022.11.17

ビー・エム・ダブリューは、最上級ラグジュアリー・モデルの1つである「X7」の新型モデル(一部改良)の販売を開始すると発表した。納車は、2022年12月以降を予定している。

このX7は、高級感溢れる威風堂々としたデザインと、ラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、最大7人乗りを可能とする高い実用性を備えた、BMWのラグジュアリーな世界観を両立させたモデルである。

上下2分割のツイン・サーキュラー&ダブル・ライトなどを搭載

一部改良の新型モデルとなるX7は、先に発表された新型7シリーズと同様、印象的な上下2分割のツイン・サーキュラー&ダブル・ライトに加え、暗闇で光を放ち存在感を増すアイコニック・グロー・キドニー・グリルからなる、新しいBMWラグジュアリー・フェイスを採用し、路上での圧倒的な存在感を放っている。

さらに、日本においては、BMWが初めて国土交通省からの認可を取得した、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能なドライバーの運転負荷を軽減して安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載。

さらに先代モデルに採用の最先端の運転支援システムに加え、AR(拡張現実)機能搭載の「ナビゲーション・システム」や、事前に登録した駐車操作により、ステアリング操作、ブレーキ操作を自動で行なう事が可能な「パーキング・マニューバ・アシスト(駐車経路自動誘導)」機能を加えた「パーキング・サポート・プロフェッショナル」を新たに標準装備するなど、多くの最新テクノロジーを備えている。

ラグジュアリー・モデルに相応しい圧倒的な存在感を放つデザイン

X7のエクステリア・デザインは、BMWのラグジュアリー・モデルに相応しい圧倒的な存在感、ダイナミズム、威風堂々たる佇まいを放っている。ヘッドライトは、BMWのラグジュアリー・モデルで採用の上下2分割のツイン・サーキュラー&ダブル・ライトとし、上部にはターン・インジケーターを含むLEDデイタイム・ランニング・ライト、下部にはアダプティブ・マトリックス機能を採用しコーナリング・ライト機能も併せ持つLEDヘッドライトとしている。

BMWデザインの象徴であるキドニー・グリルは、存在感と力強さを主張するデザインに進化し、クロームで縁取ることで斬新かつ高級感溢れ、さらに、暗闇で光を放ち存在感を増すアイコニック・グロー・キドニー・グリルとする事で、夜間における存在感を増している。また、23インチのアロイ・ホィールを新たにオプション設定し、スポーティ感を更に高めている。

インテリアにおいては、12.3インチのメーター・パネルと、14.9インチのコントロール・ディスプレイを一体化させ、ドライバー側に湾曲させた最新のカーブド・ディスプレイの採用により、優れた視認性と高い操作性を実現。

トランスミッションのシフト・レバーを廃止し、BMW特有のiDriveコントローラー回りをすっきりとさせる事で、運転席まわりの空間を広くし、モダンな印象を与えている。なお、シフト・レバーの廃止に伴い、パドル・シフトは全てのモデルに標準装備としている。

ナビゲーション・システムにおいて、目的地をセットした場合、14.9インチのコントロール・ディスプレイには、AR機能により、前方のリアルタイムでの映像が映し出され、さらに、進行方向を表示する矢印が表示される。先代モデル同様に、6名乗車仕様もしくは7名乗車仕様を選択でき、特に、6名乗車仕様においては、全ての乗員のシートを肘掛けのある個別のシートとすることで、疲労を感じないリラックスした長時間のドライブが可能となっている。

48Vマイルド・ハイブリッド・システムを全モデルに搭載

X7 xDrive40dは、最高出力340PS(250kW)、最大トルク700Nmを発揮する高効率な最新型の3.0L直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジンを搭載。また、ダイナミックな走りを実現する8速オートマチック・トランスミッション、4輪駆動システムxDrive、さらには、48Vマイルド・ハイブリッド・システムが組み合わされ、システム・トータル最高出力352PS(259kW)、システム・トータル最大トルク720Nmを発揮する。

高効率ガソリン・エンジンを搭載するMパフォーマンス・モデルであるM60i xDriveは、最新型の4.4L V型8気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンに、ダイナミックな走りを実現する8速オートマチック・トランスミッション、さらには、48Vマイルド・ハイブリッド・システムが組み合わされ、システム・トータル最高出力530PS(390kW)、システム・トータル最大トルク750Nmを発揮する。

そして新型X7には、「オートマチック・セルフレベリング・コントロール付きアダプティブ2アクスル・エア・サスペンション」と「電子制御ダンパー付きアダプティブ・サスペンション」が標準装備されている。サスペンションへのエアの供給はホィールごとに個別に調整されるため、不均衡な積載状態を補正することが可能であり、あらゆる速度域で常に最適な車高を提供できるため、快適で安全なハンドリングを実現している。

さらに、ハンドリングの快適性を高める電動パワー・ステアリング「インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング」、アンチロール・スタビライザーを最適化し、俊敏性、ハンドリング精度を向上させ、特にダイナミックなコーナリング時に効果を発揮する「エグゼクティブ・ドライブ・プロ」、直進走行時の快適性向上に寄与する「アクティブ・ロール・スタビライザー」等、最新テクノロジーを標準装備とすることで、新型X7は、まったく新しい次元の走行快適性と長距離ドライブの快適性を実現している。

ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載

BMWが国内認可取得モデルとして初めて導入したハンズ・オフ機能が搭載されている。「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」とは、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システムである。

この機能は、ドライバーが絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能となる。

【メーカー希望小売価格】

X7 xDrive40d Excellence 13,390,000円(税込)
X7 xDrive40d M Sport 13,860,000円(税込)
X7 M60i xDrive 16,980,000円(税込)

関連情報:http://www.bmw.co.jp

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。