小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1組の夫婦とその男友達の40年間に渡る三角関係を描いたAmazon Original映画「僕の巡査」の見どころ

2022.11.17

イギリスの人気音楽グループ、ワン・ダイレクションの活動休止後は、ソロで大活躍中のハリー・スタイルズが主演を務めることでも話題。

2022年11月4日よりPrime Videoで独占配信が開始したAmazon Original『僕の巡査』は、一組の夫婦とその男友達の三角関係を40年間にわたって描いた映画。イギリス・アメリカで製作された。

原作は、イギリス人作家ベサン・ロバーツの恋愛小説『マイ・ポリスマン』。

監督は『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』のマイケル・グランデージ。

脚本は『フィラデルフィア』でアカデミー脚本賞にノミネートされたロン・ナイスワーナー。

主演のハリー・スタイルズは、2023年3月に来日公演を行うことが決定している。

あらすじ

1950年代ロンドン近郊の海辺の街ブライトンで始まった、ふたりの男性とひとりの女性の三角関係。1990年代まで40年間にわたって3人の恋の行方を追いかける。

警察官トム(ハリー・スタイルズ)は教師マリオン(エマ・コリン)と順調な男女交際をしていた。

ある日、当番中のトムがパトリックからの通報を受けて駆けつけたことがきっかけで、美術館学芸員パトリック(デヴィッド・ドーソン)と出会う。

ブライトンに引っ越してきたばかりのパトリックとトムはお互いに強く惹かれ合い、恋愛関係に発展する。

しかし当時は同性愛に対する差別と偏見が今よりも強かったため、トムとパトリックは秘密の恋愛に苦しむことになる。

見どころ

映画を見る前にあらすじを読んだ率直な感想は、「マリオンが可哀想・・・・・・」。

筆者がマリオンと同じ女性であるからかもしれないが、男性同士の恋愛の当て馬・かませ犬役として登場させられているマリオンへの同情の気持ちが真っ先に浮かんできたのだった。

しかし本作はさすがイギリス映画(原作もイギリスの小説)。

いざ本編を観てみると、イギリス作品ならではの緻密で繊細な心理描写と人間模様に圧倒され、3人それぞれに言い分があると思えるようになった。

人間の身勝手さや不条理や狡さをこれでもかと突きつけられても、それぞれの演技に説得力があるため、誰が良い悪いと安易にジャッジをすることが無意味に感じられ「ああ人間って、人生って、こういうものなのかもな」と腑に落ちる。

なんとなく小綺麗に温(ぬる)くまとめるのではなく、直視するのが辛くなるほど厳しい。

そしてかなり辛辣なのにそのヒリヒリ感が徐々に快感になってくるのは、イギリス作品(ドラマも含む)の醍醐味だと思う。

ところで本作の三角関係のパワーバランスはというと、マリオンの方がトムに惚れているようだ。

そしてトムは、マリオンの愛情に胡座をかきながらパトリックとの官能的な恋愛に溺れている。

“女性が追いかける恋愛は上手くいかない”という定説があるが、他人が何と言おうとどんな結末になろうと、マリオンにとっては“一度きりの青春を捧げた大切な恋愛”だったことは間違いないのだろう。

他人が作った定説や常識なんかで自分の恋愛感情を簡単に制御することができたら、トムもマリオンもパトリックもここまで苦しむことはなかったはずだ。

同性愛への差別に引き裂かれそうになりながらも愛し合っていたトムとパトリックの美しい関係ばかりが注目を集めそうだが、実はそれ以上に激しく重いのがマリオンの女心。

月日が流れてマリオンが選択した結果を見て、正直そこまでやるかとギョッとした。

しかしマリオンにとっては40年前のあの日、海辺でキラキラ輝いていた若きトムとの思い出が人生の全てだったのかもしれない。

Amazon Original映画『僕の巡査』
Prime Videoで独占配信中
(c)Amazon Studios

文/吉野潤子


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。