小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

米中間選挙の結果は市場にどんな影響を与えるのか?

2022.11.17

11月8日に行われた米中間選挙は、市場にどのような影響を与えるのだろうか?

三井住友DSアセットマネジメントは11月10日、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「2022年11月米中間選挙の途中経過~おおむね予想通りの展開に」と題したレポートを発表した。レポートの詳細は以下のとおり。

上院、下院でほぼ予想通りの展開に

米国では11月8日に中間選挙が行われた。上院は今回、定数100議席のうち、3分の1が改選。民主党の改選議席数は14(非改選36)、共和党の改選議席数は21(非改選29)だ。

報道によると、米国東部時間の午後7時(日本時間の11月10日午前9時)時点で、当選確実は民主党が12、共和党が19となっており、非改選議席を含め民主党と共和党が共に48議席を確保した模様だ(図表1)。

一方、下院は今回、定数435議席の全議席が改選される。中間選挙前の議席数は、民主党が220、共和党が212だった。報道によると、米国東部時間の午後7時時点で、当選確実は民主党が188、共和党が208となっている(図表2)。いずれも過半数の218に届いていないが、共和党が優勢の状況となっており、一部では早々に、共和党が下院の過半数を奪還と報じられている。

下院の多数派は共和党の見通し、焦点は上院で12月6日のジョージア州決選投票の結果待ち

中間選挙前の議席獲得予想では、上院がほぼ互角、下院は共和党が優勢となっていたため、おおむね予想通りの展開となっている。ただ、共和党の巻き返しに思ったほど勢いがないとの指摘もあり、共和党が無党派層を十分に取り込めなかったものと推測される。それでも、下院の多数派は民主党から共和党に移る可能性が高く、焦点は上院で民主党が多数派を維持できるか否か、となる。

現時点で、上院選の結果が判明していない州は、アラスカ州、アリゾナ州、ジョージア州、ネバダ州の4州だ。なお、ジョージア州では、得票率が50%以上の候補がいなかったため、12月6日に上位2人の決選投票が実施される。三井住友DSアセットマネジメントは、アリゾナ州で民主党が勝利し、アラスカ州とネバダ州で共和党が勝利するとみており、民主党が49議席、共和党が50議席を確保して、ジョージア州の決選投票を待つ展開を予想している。

上院の結果に関わらず、バイデン政権は大きな政策変更が困難に、市場の関心は再度インフレへ

以上を踏まえると、中間選挙の結果、①上院は民主党が多数派を維持する一方、下院は共和党が多数派、②上下両院とも共和党が多数派、のいずれかになると考えられる。それぞれのケースにおける、バイデン政権の政策については、10月27日付レポート「2022年11月米中間選挙の注目点を整理する」でまとめており、ねじれ議会の影響については、10月28日付レポート「米国がねじれ議会となった場合の心構え」でまとめている。

バイデン政権は、①の場合、上院の人事承認権を用いた閣僚の指名や大統領令で、環境などの規制強化は可能であり、②の場合、通商・外交の積極化は可能だが、いずれも大きな政策変更は困難と思われる。ねじれ議会では、政府機関の閉鎖リスクが懸念されるが、株価への過度な警戒は不要と考える。そのため、中間選挙後は程なく、市場の関心は再度インフレに向かうとみている。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。