小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

航続距離は600km!ボルボがセンシング技術によって安全性を高めた7人乗りの電動SUV「EX90」を公開

2022.11.12

最先端技術と組み合わせて安全性、効率、デザインを最適化

ボルボは、7人乗りの新型電動SUV「EX90」を公開した。このEX90は、来年からアメリカで生産され、その後中国でも生産される予定となっている。

スカンジナビアン・デザインの新しいインスタント・クラシックであるEX90は、機能が形をつくるという原則を定義している。この車は、多用途でスタイリッシュなファミリーカーであり、現代的なプロポーションを持ち、コアコンピューティング、コネクティビティ、電動化などの最先端技術と組み合わせて、安全性、効率、デザインを最適化している。

ボルボのCEOであるジム・ローワン氏は、次のように述べている。

「EX90は、私たちが今いる場所と、これから向かう場所を示しています。1回の充電で最大600kmの航続距離を実現する電気自動車であり、当社の安全基準をさらに高めるよう設計され、ソフトウェアによって真に定義される最初のボルボ車であり、お客様の自宅やその他のデバイスに接続する、より広いエコシステムの一部でもあります。EX90は、様々な意味でボルボ・カーズにとって新しいことの始まりなのです」

最新のセンシング技術によってさらなる安全性を高めたEX90

今回のEX90の安全性も、これまでのどのボルボ車よりも高いものとなる。ドライバーと周囲の状況を理解し、ドライバーやその大切な人、さらには周りの人の安全を守るために設計されている。また、新しいデータから学習し、アップデートを受けることで、時間の経過とともにより賢く、より安全になっていく。

EX90は、最新のセンシングテクノロジーによって実現された、見えない安全の盾を車内外に備えている。カメラ、レーダー、LiDAR(ライダー)などの最新センサーは、車の高性能コアコンピュータに接続されており、NVIDIA DRIVEがボルボ・カーズの社内製ソフトウェアを実行して、リアルタイムに360度ビューを作り出す。

搭載されているセンサーは、疲れたり、気が散ったりすることはない。ドライバーのアクションがほんの少し遅れただけで反応し、対応するように設計されている。LiDARは、昼も夜も、高速道路でも、目の前の道路を検知することができる。

また、数百メートル先の小さな物体も捉えることができ、情報提供や行動や回避のための時間をより多く生み出すことができる。そして、このセンサーは、車線変更時の新しいステアリングサポートなど、運転支援機能パイロットアシストの信頼性と全体的な性能の向上にも寄与している。

車内では、目に見えない安全の盾がドライバーを見守ってくれる。独自に開発したアルゴリズムによる特殊なセンサーとカメラで、視線の集中度を測定。この技術により、EX90はこれまでのボルボ車では不可能だった、注意力散漫や眠気などの状態を把握することが可能になった。

そして最初はやさしく、徐々に強く、あなたに警告を発する。また、万が一、運転中に居眠りや体調不良を起こした場合でも、EX90は安全に停止し、助けを呼ぶように設計されている。

さらに、LiDARを含む最新鋭のセンサーにより、EX90は将来の自動運転に対応するハードウェアを備えた最初のボルボ車となった。

EX90は車輪の上に乗った高度なコンピュータ

安全システムとAI用のNVIDIA DRIVEプラットフォームXavierとOrin、クアルコム・テクノロジーズのSnapdragon Cockpit Platforms、そして、ボルボのエンジニアによる自社開発ソフトウェアを搭載したコアシステムは、安全システムやインフォテインメントからバッテリー管理まで、車内の中核機能のほとんどを動かしている。その結果、車内での応答性が高まり、より楽しい体験ができるようになった。

つまり、EX90は単なる新車ではなく、車輪の上に乗った高度なコンピュータといえる。さらに、スマートフォンやノートパソコンと同じように、EX90は定期的な無線ソフトウェアアップデートによって、より性能が向上するように設計されている。

そして、Snapdragon’ Cockpit Platformsの最先端のコンピューティングパワーを、Epic Games社が開発し、世界最大のゲームのいくつかに使用されている3Dツール、Unreal Engineのビジュアライゼーション機能と組み合わせることにより、車載スクリーンとヘッドアップディスプレイに光速のコンピューティングパワーと高品質のグラフィックスを提供。

14.5インチのセンタースクリーンは、Googleが組み込まれた最高のインフォテインメント・システムへの入り口となる。Googleアシスタントによるハンズフリー支援、Googleマップのナビゲーション、Google Playのお気に入りアプリなど、Googleのアプリやサービスがすべて組み込まれている。

EX90のディスプレイは、適切な情報を適切なタイミングで提供することで、道路から目を離さないようにサポート。また、EX90はワイヤレスのApple CarPlayに対応する予定となっている。

利用可能な場所では標準的な5G接続のおかげで、必要なアプリケーションをホーム画面にインストールし、直感性の高いナビゲーションを楽しむことが、かつて無いほど簡単になった。また、ボルボ初となるドルビーアトモスを搭載し、ヘッドレスト一体型スピーカーで臨場感あふれるサウンドを実現した、最高品質の新しいBowers & Wilkinsオーディオシステムで、お気に入りの音楽をストリーミング再生することもできる。

さらにEX90には、フォンキーテクノロジーも標準装備される。スマートフォンが車のキーとなり、車に近づくと自動的にロックが解除され、パーソナルな出迎えシークエンスが開始される。また、車に乗り込むと、ドライバーのパーソナルプロファイルが自動的に読み込まれる。

これらのテクノロジーは、天然素材と責任ある方法で調達された素材をふんだんに使った、市場で最も快適でエレガントなカーインテリアの一つに集約されている。そのインテリア構成は、2040年までに完全に循環するクライメート・ニュートラルな企業になるといった、ボルボのサステナビリティの野心を反映したものとなっている。

よりサステナブルなライフスタイルをサポート

EX90は、自社開発の全く新しい完全な電気自動車技術をベースに、より持続可能なライフスタイルを実現するための完璧なパートナー。WLTPテストサイクルによれば、1回の充電で最大600kmの排気ガスを出さない走行距離を実現し、30分以内に10%から80%まで充電することができる。

当初販売されるツインモーター全輪駆動モデルは、111kWhのバッテリーと2つの永久磁石式電気モーターを搭載し、合計380kW(517ps)、910Nmのトルクを発生。新開発のシャシーとの組み合わせにより、スムーズで素晴らしいドライビングエクスペリエンスを実現する。

またEX90には、約15パーセントの再生スチール、約25パーセントの再生アルミニウム、そして48キログラムの再生プラスチックとバイオベース材料が使用されており、これは自動車に使用されるプラスチック全体の約15パーセントに相当し、これまでのボルボ車では最高レベルとなる。

さらにEX90は、双方向充電に必要なハードウェアをすべて搭載したボルボ初のクルマとなる。これは、クルマのバッテリーを、自宅や他の電気機器、あるいは別のボルボの電気自動車への電力供給など、追加のエネルギー源として利用するための技術。将来的には、一部の市場から双方向充電を利用できるようにする予定となっている。

関連情報:https://www.volvocars.com

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。