小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソン800人に聞いた他人のニオイが気になる状況TOP3、3位通勤電車、2位飲み会、1位は?

2022.11.04

秋冬は重ね着する分、熱がこもってムレやすい。そのため、入念にニオイケアをしておきたいところだが、実際のところ、どれくらいの人がニオイを気にしているのだろうか?

ファイントゥデイ資生堂のデオドラントブランド「エージーデオ24」はこのほど、全国の20代〜50代のビジネスパーソン800人を対象に「2022年秋冬のニオイに関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。

2022年秋冬、ビジネスパーソンの半数が今後の行動範囲拡大を予想

公務員や会社員、経営者などオフィス勤務の20代〜50代のビジネスパーソン男女800人を対象に調査を行った。昨年、一昨年に比べ2022年は行動制限が緩和されつつあるが、今後、行動範囲が拡大しそうかと聞くと、55.5%が「拡大しそう」と答えた[図1]。

今後、行動範囲が拡大しそうなシチュエーションを聞くと、「国内旅行」(52.5%)、「複数人での外食」(44.5%)、「プライベートの飲み会」(40.5%)、「ショッピング」(36.0%)、「上司・同僚など社内の人との飲み会」(31.9%)、「職場での懇親会」(31.5%)が上位に挙げられた[図2]。旅行や会食などのこれまで制限されてきた人との接点づくりが多くなりそうだ。

他人のニオイが気になるシチュエーションTOP3は「複数人での外食」「飲み会」「通勤電車」

人との接点が増えてくると、他人のニオイが気になる。他人のニオイが気になるシチュエーションを選んでもらうと、「複数人での外食」(30.1%)、「プライベートの飲み会」(28.6%)、「通勤電車」(27.3%)、「上司・同僚など社内の人との飲み会」「職場の人との対面での雑談」(同率23.6%)が上位に挙げられた[図3]。

他人のニオイが気になるシチュエーションとして、会食関連のシチュエーションが多くなっている。またトップ10のうち、「通勤電車」「社内の人との飲み会」「職場の人との対面の雑談」等、仕事に関連するシチュエーションも7項目ランクインするなど、今後、会食やビジネスシーンでニオイが気になる機会も増えるといえそうだ。

会食や仕事関係で気になる他人のニオイだが、指摘するのはハードルが高いもの。ニオイが気になったとき指摘できるかと聞くと、9割が「指摘できない」(90.8%)と答えた[図4]。

「秋冬の油断大敵臭」発生のシチュエーションとは?

エージーデオ24では、汗の少ない秋冬に、ニオイケアを怠ることで気付かれる可能性の高いニオイのことを「秋冬の油断大敵臭」と命名しているが、この「秋冬の油断大敵臭」が発生しやすいシチュエーションを分析した。

調査では、自分が必ずニオイケアをするシチュエーションを選んでもらったが、選ばなかったスコア=ニオイケアを必ずするとは限らない順に並べ、「秋冬の油断大敵臭」発生シチュエーションとしてランキングしたのが[図5]だ。

1位はビジネスパーソンに人気の整うスポット「サウナ」(95.5%)、4位にはそろそろ復活しそうなイベント「ハロウィンイベント・パーティー」(93.3%)、5位にはコロナ禍以降として新しいワークスタイル「コワーキングスペースでの勤務」(92.8%)と、注目シチュエーションがニオイケアを忘れがちなシチュエーションの上位に選ばれた。

秋冬のニオイケア実態 ニオイケア頻度は約3分の2に…

「秋冬の油断大敵臭」の原因となるのがニオイケアの頻度の低下だ。春夏と秋冬に分けてニオイケアをする頻度を聞いたところ、「週3日以上」ニオイケアをする人は春夏の65.8%に対し、秋冬は39.8%と少なくなっている。1週間のニオイケアする頻度を算出すると、春夏は週4.2日だが、秋冬は週2.6日という結果となった。さらに、秋冬は28.0%、つまり3.5人に1人が「ニオイケアしない」と答えている[図6]。

秋冬でニオイが気になったエピソードを聞いたところ、「スポーツで予想外にハードな動きをしてしまった」(鳥取県 33歳 男性)、「インナーやアウターを着込んで行ったら、電車もデパートも全て暖房がききすぎていて汗だくになった」(神奈川県 48歳 女性)など、秋冬においても不意にニオイが気になるという経験が挙げられた。

出典元:株式会社ファイントゥデイ資生堂

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。