小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドリッパー、サーバー、ケトル、至福の一杯を嗜むためのコーヒーギア10選

2022.11.23

至福の一杯を嗜むコーヒーギア

近年、家時間が長くなり、自分でコーヒーを淹れる機会が増えたという人も多いのではないだろうか? 極上の一杯を味わう第一歩は、ギア選びから。手軽に本格派の味が引き出せる最新ツールを紹介する。

コーヒーケトル

細口は絶対条件!理想の湯量へと導く工夫も

コーヒーケトル

注ぎ口からドリッパーへ、的確なポイントに適量の湯を注ぐことが、ケトルの最大の役目。細口であることはもちろん、ノズルの角度や形状がものをいう。温度設定ができる電気ケトルも便利だ。

プロ並みのドリップを再現できる電気ケトル

ティファール『カフェ コントロール 1.0L』

ティファール『カフェ コントロール 1.0L』1万4800円

ハンドドリップの最重要ポイントである、お湯の〝注ぎ方〟と〝最適な温度〟を、簡単かつ、手軽に実現するべく研究された電気ケトル。細い注ぎ口と8段階の温度コントロール機能を備える。
サイズ/W170×D290×H190mm、約690g(本体) 容量/1000ml

[ ココが技あり!]注ぐ量や速度が調整しやすいよう、注ぎ口先端の角度にこだわる。湯だれしにくいだけでなく、湯切れもいい。

ティファール『カフェ コントロール 1.0L』

コーヒー3杯分のコンパクト設計

バルミューダ『BALMUDA The Pot』

バルミューダ『BALMUDA The Pot』1万3200円

手になじみやすく安定性のあるハンドルと細口のノズルが、スムーズで理想的な注ぎ心地を実現。狙ったところに的確に注ぎ入れられる。キッチンに映えるミニマルでスタイリッシュなデザインも魅力だ。
サイズ/W269×D128×H170mm、約600g(本体) 容量/600ml

[ ココが技あり!]湯沸かし中に点灯するランプはネオン管のやさしい明かり。どの角度からも見やすく、湯を沸かす時間が楽しくなる。

バルミューダ『BALMUDA The Pot』

本体に記されたアロマラインを頼りに

メリタ『アロマケトル』

メリタ『アロマケトル』オープン価格(実勢価格約5940円)

本体に描かれた2本の赤いラインが湯量の目安となり、蒸らしからドリップまで適量に導いてくれるステンレス製ケトル。金物の町・新潟県燕市にて、ひとつひとつ手作業で仕上げられている。
サイズ/W280×D140×H160mm、415g 容量/1000ml

[ ココが技あり!]〝1st〟の線がテーブルと平行になるまで傾けて湯を注いだ後、〝2nd〟まで傾けてドリップ。

メリタ『アロマケトル』

バリスタが監修した最上級の使い心地

エペイオス『EPEIOSドリップケトル』

エペイオス『EPEIOSドリップケトル』1万3200円

狙ったポイントへのドリップを可能にすべく計算されたS字ラインと、先端になだらかな角度をつけた6.6mmの細口タイプのノズルを採用。ハンドル上部には滑り止め加工が施され、安全性も満たしてくれる。
サイズ/D190×H200mm、約560g(本体) 容量/900ml

[ ココが技あり!]温度設定はダイヤルで約38〜100℃まで可能。コーヒーだけでなく、お茶や紅茶など、飲み物に合わせた調節も自在だ。

エペイオス『EPEIOSドリップケトル』


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。