小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

薄毛対策にかけていいと思う金額はいくら?

2022.11.03

日本毛髪科学協会は「とう(10)はつ(20)」(頭髪)という語呂合わせから10月20日を「頭髪の日」と定め、健康な毛髪や頭皮を守るための啓蒙活動を行っている。

リクルートの美容に関する調査研究機関『ホットペッパービューティーアカデミー』は、この「頭髪の日」似合わせて、2016 年より20~69 歳の男女を対象に「薄毛に関する意識調査」を実施しているので、2022年の結果をお伝えしていこう。

薄毛が気になりだした年齢は男性は37.9歳、女性は41.1歳

20~60代男性のうち、「薄毛である」人は4人に1人以上(26.0%)を占めていた。一方、同年代女性では8.0%にとどまり、男性の「薄毛である」を18ポイント下回る結果に。

薄毛が気になりだした年齢

<2022年 年代別分布>

薄毛対策にかけてよいと思う金額の上限

薄毛が気になりだした年齢の平均は、男女ともに過去3年で最も低い結果に。また、気になりだした年齢は男性の方が若く、女性よりも早くから薄毛に対する危機意識を感じているようだ。

薄毛対策にかけてよいと思う金額が最も高かったのは20代男性で、薄毛になった後よりも「予防」に対する先行投資をしたほうが良いという傾向があるよう。

後述しているが、支出の許容範囲が女性に比べて高額になる背景には、男性の薄毛対策として効果実感が高いものに、「病院」「専門クリニック」が上位に挙がっていることにも関係がありそうだ。

薄毛対策の効果と実感までの期間

1位は男性が「薄毛の対策メニューがある美容室・理容室に行く」、女性が「ヘッドスパ・ヘッドマッサージに行く」。

男性は2位以下も「薄毛治療・対策のできる病院や専門クリニックに行く」、「薄毛専門サロンに行く」、「ヘッドスパ・ヘッドマッサージに行く」など自宅外の施設での施術・治療が軒並みランクイン。対して、女性は2位から5位は自宅でのケアがランクインしている。

Q薄毛対策を実施している方にお伺いします。効果を実感するまでどのくらいの期間がかかりましたか。

理容室・美容室への相談意向とやってみたい薄毛対策

Q.薄毛が気になっていることを、今後、美容室・理容室で相談したいとどのくらい思いますか

「薄毛が気になっていることを、今後、美容室・理容室で相談したいとどのくらい思いますか」について、「とてもそう思う」「まあそう思う」の合計は男性の約3割に対し、女性で4割超と、女性の方が高い結果に。年代別には、20代の男性が70.6%と男女含めて突出して高くなっている。

Q.薄毛対策として、美容室・理容室でぜひやってみたいことを教えてください

Q.薄毛対策として美容室・理容室でやってみたいことに対して、あなたはいくらくらいならかけてもよいと思いますか。かけてもよいと思う金額の上限をお聞かせください。

男女とも1位は「薄毛が目立ちにくい髪型(カット)」。カット以外の薄毛対策で、かけてもよいと思う金額が最も高いのは、「薄毛の箇所を、ボリュームアップできるようなパーマ」であった。

Q. 普段の生活習慣に関する以下のことについて、あなたの行動や意識にどの程度あてはまりますか

男女ともトップは「タバコは吸わないようにしている」。ほとんどの項目で男性より女性のスコアが高く、生活習慣に対する意識に男女差があることがうかがえるので、男性には生活習慣を含めた総合的なアドバイスが有効になるかもしれない。

調査概要
調査名:薄毛に関する意識調査2022
調査手法:インターネットリサーチ
調査時期:
スクリーニング調査(2022年7月6日~2022年7月7日)
本調査(2022年7月20日~2022年7月21日)
調査対象:スクリーニング調査 50,000人 ※人口動態に基づき性年代を割付
本調査 2,066人(全国20~69歳男女、現在薄毛がある、かつ薄毛を気にしている)※スクリーニングでの出現率をもとにウェイトバックを実施

関連情報:https://hba.beauty.hotpepper.jp/search/trade/hair/42218/

構成/Ara


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。