小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バイデン政権の政策はどう変わる?マーケットストラテジストが読み解く米中間選挙の注目ポイント

2022.10.31

11月8日に投開票が行われるアメリカの中間選挙。その注目ポイントは何か。

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「2022年11月米中間選挙の注目点を整理する」と題したレポートを発表した。詳細は以下のとおり。

現在民主党が上下両院で多数派だが予想は上院ほぼ互角、下院は共和党優勢

11月8日に投開票が行われる米中間選挙では、上院の定数100議席のうち、3分の1の議席(今回は補欠選挙1議席を含めて35議席)が、下院の定数435議席の全議席が、改選される。

現在、上院では、民主党、共和党がともに50議席を有しているが、上院議長のハリス副大統領が1票を持つため、民主党が多数派だ。一方、下院では、民主党が220議席、共和党が212議席を有しているため、民主党が上下両院で主導権を握っている。

中間選挙は、現職大統領の2年間の政策に対する「信任投票」の意味合いがあり、2年後の大統領選に向けて有権者の動きを探る上でも重視される。ただ、一般に中間選挙では、政権与党に厳しい目が向けられ、大統領選で勝利した政党が議席を減らすケースも多くみられる。実際、直近の議席獲得予想では、上院がほぼ互角である一方、下院は共和党が優勢となっている(図表1)。そこで以下、今回の中間選挙の注目点を整理する。

焦点は上院選の行方、ただ今回は実質的に激戦州のスイングステートが多い6~8州での戦いに

最大の注目点は、民主党が上下両院で多数派を維持できるか否か、とみているが、バイデン大統領の支持率は、コロナ禍のインフレ加速や、アフガニスタンからの米軍撤退の失策などで、依然低迷しており、前述の議席獲得予想などを踏まえると、下院の多数党は共和党となる可能性が高いと考えられる。したがって、今回は、上院選の行方が焦点になると思われる。

米主要メディアなどによる上院の議席獲得予想をみると、直近では民主党、共和党、いずれも過半数に満たない模様だ。ただ、州によって民主党支持、共和党支持の傾向が明確なところも多いため、上院選は実質的に、選挙毎に勝利政党が変わりやすい「スイングステート」と呼ばれる激戦州(ネバダ、アリゾナ、ウィスコンシン、ジョージア、ペンシルベニア、ニューハンプシャーなどの6~8州)での戦いとなる見通しだ。

上下両院で共和党勝利なら、バイデン政権は通商・外交を積極化か

なお、スイングステートの動向は、2年後の大統領選にも大きな影響を与えると思われることから、今回、激戦州の上院選の結果は、次期大統領が民主党候補か共和党候補かに関する重要な手掛かりになると考える。

最後に、中間選挙後のバイデン政権の政策について、選挙結果のシナリオ別にまとめておく(図表2)。具体的なシナリオは、①上院で民主党勝利、下院で共和党勝利、②上下両院で共和党勝利、の2つだ。

①の場合、上院の人事承認権を用いた閣僚の指名や大統領令により、民主党色の強い規制強化(環境、ハイテク、金融など)の動きが予想され、②の場合、内政で出来ることが限られるため、通商・外交の積極化が予想されるが、バイデン大統領と共和党の折り合いがつく案件(例えば国防費増額など)は、話が進むとみられる。また、①、②、いずれの場合でも、対中外交政策のタカ派的な基本方針は変わらないと思われる。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

 

DIME11月号の特集は「値上げに負けない!攻める節約と守る投資」

DIME11月号は「攻める節約、守る投資」の大特集。特別付録は、キャンプ、BBQ、防災用、ジム、サウナ、さらに、エコバッグとしても使える10L大容量の「ドラえもん DRY BAG」です。IPX6相当の防水性能で、大事な荷物が雨や水しぶきで濡れるのを防いでくれるスグレモノ。密封性が高いので、湿ったり汚れたりした衣類などをしまうのも安心。雨が降りそうな日に自転車で移動する時にも便利です。

キャンプやジム、サウナといった時に重宝するほか、水の備蓄や停電時のランタンとしても使えるなど、ドラえもんの”ひみつ道具”みたいに便利なアイテム! 雑誌の付録とは思えないクオリティーの「ドラえもん DRY BAG」をぜひ、ご活用ください!

■最新号の大特集
不透明な時代を生き抜く賢いお金の増やし方を詳解
攻める節約 守る投資

●貯金は9割「米ドル」に回す
●GAFA株よりNTT株
●都心マンションより「ボロ戸建て」
●1日500円の仮想通貨積立
●副業で光熱費カット
●目からウロコの節税テク
●今すぐ解約すべき生命保険 and more!

 

【Amazonで買う】

【セブンネットショッピングで買う】
https://7net.omni7.jp/detail/1237826508

@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。