小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ロールス・ロイスが同ブランド初の電気自動車「スペクター」を公開

2022.10.23

ロールス・ロイスは、同ブランド初の電気自動車であるウルトラ・ラグジュアリー・スーパークーペ「スペクター」を公開した。納車は、2023年第4四半期の予定。

1900年、共同創業者チャールズ・ロールズは自動車の電動化を予言

1900年、ロールス・ロイス社の共同創業者、チャールズ・ロールズは、当時から自動車が電動化される未来を予言していた。「コロンビア電気馬車」という電気自動車を手に入れた彼は、充電インフラさえ整えば、電気自動車はクリーンで騒音を発しない車として、内燃機関搭載車に代わる存在になることを予見していたという。

それから120年以上経った今、ロールス・ロイス・モーター・カーズが創業者の予言を成就するときが到来した。

この予言は、ロールス・ロイスのCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェシュが、10年以内に完全電動のロールス・ロイスを市場に投入すると発表し、電動化を明言した約束なしには成就しなかった。

チャールズ・ロールズの予言とトルステン・ミュラー・エトヴェシュの約束が、歴史的な瞬間をもたらす。

2021年9月、ロールス・ロイスは、当初から電気自動車として構想・設計された同ブランド初のモデル「スペクター」のテストを開始したことを発表した。

この革新的な自動車が、世界で最も厳しく、高い完成度を求めるロールス・ロイスのオーナーのために十分に準備されていることを確かめるために、ロールス・ロイスはこれまでにない徹底したテストプログラムを考案。

スペクターは今、400年以上使用されることに相当する延べ250万kmを超えるテスト走行を行っている最中である。2023年に迎えるスペクターの完成は、予言の成就、約束の履行、課題の達成を象徴している。

スペクターはロールス・ロイスが完全電動化時代へと進む意思表示

スペクターは、ロールス・ロイスが完全電動化時代へと進む意思表示であるとともに、その先にある明るく大胆な未来を示している。電動化への取り組みは、ロールス・ロイスのドライビングエクスペリエンスをより豊かなものにする。瞬発的なトルク、静粛な走り、変速ショックのない加速感は、第1号車である1904年の「10 H.P.」以来、ロールス・ロイス車の卓越性を定義してきた特質である。

ロールス・ロイスは、スペクターで1,000以上の車両の機能間で自由かつダイレクトな情報交換を可能にする革新的な「分散型インテリジェンス」システムを活用し、車両体験をさらに向上させた。

デザイナーは、現代的でありながら時代を超越した美学を表現し、電動化時代に突入したロールス・ロイスのブランドイメージを大きく前進させた。クラフトマンは、スターライト・ドアやイルミネーテッド・フェイシアなど、パーソナライゼーションの可能性を創造し、オーナー自らのビスポークのビジョンを実現するためのインスピレーションを与えている。

モダンなヨットのコンセプトに着目して基本スケッチを制作

ロールス・ロイスのデザイナーは、自分たちの車を取り巻く環境に深く根差したデザインを追求している。そのために、オートクチュール、モダニズム彫刻、船舶デザイン、テーラリング、現代アートなど、自動車をはるかに超えた世界からインスピレーションを得ている。

スペクターの基本スケッチを構想する際、ロールス・ロイスのクリエーターは モダンなヨットのコンセプトに着目。特にラインの明瞭さと正確さ、反射のインテリジェントな使い方、シルエットに情感を与えるテーパーの付け方といった要素が彼らの興味を引いた。

スペクターのフロントを見ると、スプリットヘッドライト処理がロールス・ロイス史上最もワイドなグリルと交差している。パンテオン・グリルのベーンは断面がより滑らかになり、段差なく取り付けられており、フロント周りの空気を導くように設計されている。

ゆったりとした角度がつけられ、磨き上げられたステンレススチール仕上げのグリルは、周囲の光の反射を利用してスペクターの存在感を高めるのに大きく貢献している。

このグリルは、延べ830時間に及ぶデザインモデリングと風洞実験の成果であるスピリット・オブ・エクスタシーのフィギュアとともに、Cd値0.25という前例のない低い空気抵抗係数を達成し、スペクターはロールス・ロイス史上最も空力性能に優れた車となっている。

横から見ると、スペクターのフロントのシャープで垂直なノーズラインが、後方の一枚岩のような側面へと視線を引きつける。下側のラインは「ワフト・ライン」(ふわりと浮かぶライン)と呼ばれ、ヨットのデザインから着想を受けたもの。スペクターのボディは、凝ったディテールで躍動感を誇張するのではなく、穏やかにシルに融合して、表面に軽やかさを演出している。

まるで水を切って進むレーシングヨットの船体が海面を映し出すように、ボディの下で通り過ぎていく路面を映し出すことで、シンプルな動きの感覚が生み出される。この「ワフト・ライン」は「マジック・カーペット・ライド」を視覚的に表現したもので、前方に進みながら上に向かう緩やかな曲線が、加速するパワーボートの船首が緩やかに持ち上がる様子をイメージしている。

スペクターのシルエットで最も目を引くのが、ファストバックである。歴史的に有名な自動車や船舶を思い起こさせるような美しい曲線が描かれている。

グリーンハウス表面のシームレス化は、ロールス・ロイス史上最も低い空気抵抗係数の達成に大きく貢献。ルーフラインの後端では、Aピラーからラゲッジルームまで続く、ロールス・ロイス史上最大の単一ボディパネルにテールランプが組み込まれている。縦長の宝石のようなテールランプは、オーナーが注文時に選ぶ無数のカラーバリエーションを想定して、どの色に対してもニュートラルな無色で仕上げられている。

さらに、スペクターのスケールに対してバランスを取るために、ロールス・ロイスはホイールストラテジーをより大胆なものにする必要があった。スペクターは、およそ100年ぶりに23インチホイールを装備した市場投入向けの2ドアクーペとなった。

室内に目を向けると、スペクターには、夜空の永遠の神秘からインスピレーションを得た、これまでで最も技術的に進んだビスポークが提供されている。また、ロールス・ロイスの市場投入車として初めて、4,796個の淡く光る「星」を組み込んだスターライト・ドアが用意されている。

ドアは、ヘンリー・ロイス卿と設計チームが冬を過ごした南フランスの入り江にちなんで名づけられた「カナデル・ウッド・パネリング」仕様で注文することも可能。

また、幽玄な夜のテーマは、スペクターのイルミネーテッド・フェイシアにも続く。2年の歳月と延べ10,000時間以上を費やして開発されたこのモデルには、5,500個以上の星の集まりに囲まれた「スペクター」の銘板が組み込まれている。これはダッシュボードの助手席側にあり、車を運転していないときは見えない。

特別なイルミネーション装備のほかに、スペクターには全面的に刷新されたラグジュアリーなデジタルアーキテクチャー「SPIRIT」が、ロールス・ロイスらしい洗練されたスタイルで搭載されている。

「SPIRIT」は車の機能を管理するだけでなく、ブランド独自のアプリケーション「Whispers」とシームレスに統合され、オーナーは車を遠隔操作し、ラグジュアリーインテリジェンスの専門家が厳選した話題の情報を受け取ることができる。

他のロールス・ロイス車と同様、スペクターのインテリアは、ほぼ無限のビスポークの可能性をオーナーに提供する。英国のテーラリングからインスピレーションを得てデザインを一新したフロントシートは、ラペル部がメインベース部と対照的な色または同色で表現されている。オーダーメイドのステッチや刺繍、凝ったパイピングといったディテールも、これまで同様、当初から考慮されている。

最新のソフト&ハードウェア開発によって実現したプラナー・サスペンション

スペクターのテストプログラムには、極端な条件での過酷な走行も含まれている。この車の開発は、北極圏からわずか55kmしか離れていないスウェーデンのアリエプローグで、マイナス40度の環境下で始まった。その後、南アフリカを横断して最高55度の環境下でテストが続けられる予定。

しかし、テストの55%は多くのスペクターが走行することになる道路で行われている。特に重要な役目を果たしたのが、フランスのリヴィエラだった。コート・ダジュールにおいて、スペクターはデジタル技術を駆使して、プラナー・サスペンション・システムを進化させた。

プラナー・サスペンションは、ドライバーのインプットや路面状況に応じて正確に反応する複数のシステムから成るオーケストラのようなもの。最新のソフトウェア/ハードウェア開発によって実現したこのサスペンションは、ロールス・ロイスの特徴である「マジック・カーペット・ライド」を提供する。

スペクターの高速処理能力を活用した新しいハードウェアコンポーネント群により、プラナー・システムは、車のアンチロールバーを切り離し、各ホイールを独立して動作させることで、車の片側が道路の起伏にぶつかったときに生じる揺動を抑制することができる。また、路面の不整に起因する高周波振動が乗り心地に及ぼす影響を低減できる。

コーナーが近づいていることを検知すると、プラナー・システムはコンポーネントを再接続するとともにダンパーを硬くし、四輪操舵システムが作動するように準備し、スムーズな進入と脱出をサポート。コーナリング中は18個のセンサーによる監視を行い、スペクターが安定した走りを維持できるように、ステアリング、ブレーキ、パワーデリバリー、サスペンションの各パラメーターを調整。これにより、エフォートレスな運転が実現する。

「スペクター」の主な仕様

最終的な出力、加速性能、航続距離の数値については、さらなる向上への取り組みが続いている。スペクターを完成させるというチャレンジングな課題の達成は最終段階に入っており、2023年の第2四半期までに完了する予定となっている。

暫定データでは、スペクターの完全電動による航続距離は、WLTP準拠値で320マイル(約520km)、430kWのパワートレインが提供するトルクは900Nmになると予想されている。0-60mphは4.4秒(0-100km/hは4.5秒)を達成する見込みである。

【スペック】

全長:5453mm
全幅:2080mm
車高(無荷重時):1559mm
ホイールベース:3210mm
ターニングサークル:12.7m
車両重量:2975kg

 

関連情報:https://www.rolls-roycemotorcars.com/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。