小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

限定8台はすでに完売!ロータスがエマーソンのF1初タイトルから50周年を記念した「エヴァイヤ フィッティパルディ」を発表

2022.10.23

ロータスのビスポークやパフォーマンスラインを手がける「Lotus Advanced Performance」の最新プロジェクト

ロータスカーズは、レースのレジェンド、エマーソン フィッティパルディのF1ドライバーズチャンピオン獲得およびチームロータスがコンストラクターズチャンピオンシップ獲得から50周年を記念した限定車、「Evija Fittipaldi(エヴァイヤ フィッティパルディ)」を発表した。

世界で最もパワフルな量産車である「Evija(エヴァイヤ)」は、今まで以上の唯一無二な魅力を提供する。ロータスはF1史上最高の車と、そのハンドルを握った優れたドライバーに敬意を表して、「エヴァイヤ フィッティパルディ」を発表した。

そのドライバーは、1972年にロータスに入社し、伝説となった若いブラジル人レーサー、エマーソン フィッティパルディであり、ロータスの象徴となったType72のハンドルを握り、そのシーズンの11レース中5勝を挙げている。

そして、フィッティパルディは自身のドライバーズチャンピオンシップとチームロータスのコンストラクターズチャンピオンシップを獲得した。

「エヴァイヤ フィッティパルディ」はちょうど50年後の現在、そのパートナーシップを祝うにふさわしいモデル。ロータスのグローバル本社である英国ノーフォークのヘセルにて僅か8台の車が手作業で製造され、既に完売しており、顧客へのデリバリーは来年初めに開始される。

これは、今年初めに立ち上げられた、ロータスのビスポークやパフォーマンスラインを手掛ける「Lotus Advanced Performance」の最新プロジェクトの一環。世界的に有名な黒と金の配色を披露し、2022年に50周年を迎える。

この素晴らしいコラボレーションを記念して、手描きの外装やその他の多くのユニークなデザインが施された。カーボンファイバールーフにエッチングされたType72の手作業による平面図やダッシュボードに手縫いされたフィッティパルディのサイン、そして最も感動的なディテールは、中央のフローティングインストルメントパネルにあるロータリーダイヤル。

これはリサイクルされたオリジナルのType72アルミニウムから手作りされており、アイコニックなF1レーサーの本物の部品がそれぞれの「エヴァイヤ フィッティパルディ」の一部であることを保証する。

このモデルは、エマーソン フィッティパルディをゲストに迎え、英国のヘセルにてワールドプレミアイベントが開催された。

エマーソン フィッティパルディは、今回の発表について次のように述べている。

「私はこのプロジェクトに参加出来て、本当に楽しかったですし、新しいオーナーの何人かに車を紹介出来る事は、素晴らしい経験でした。ロータス エヴァイヤ フィッティパルディとチャンピオンシップを獲得したType72 F1カーの両方をヘセルのテストトラックで運転する機会を得たことは、素晴らしい経験でした」

また、現存する8台のType72車両が全て1か所に集められ、ヘセルテストトラックで走行したのは史上初であった。

また「Lotus Advanced Performance」のディレクターである、サイモン レーンは、次のようにコメントしている。

「正真正銘の4人のレジェンドが協力してユニークなハイパーカーを誕生させ、真のワールドプレミアを実現したことは議論の余地がありません。エヴァイヤ フィッティパルディの生産はヘセルで開始されました。これら8台の車は、私たちの歴史におけるこの重要な瞬間を祝う特別なものです」

「エヴァイヤ フィッティパルディ」のビスポーク仕様は、リアウィンドウの側面ボディにゴールドのレタリングで描かれたユニークな塗装仕上げが特徴的となっている。さらに、アルマイト処理されたブラックとゴールドのタイプ72ホイールと、ブラックとゴールドのブレーキキャリパーも目を惹く。

また、1972年シーズンレースでの勝利を祝うデカールがアクティブリアウィングに表示され、Bピラーには8の数字が施されている。フィッティパルディはイギリスグランプリでの勝利を含め、1972年のシーズン中、このゼッケンを付けて参戦した。

そして、カーボンとゴールドのロータスノーズバッジがエクステリアのスタイリングを完成させる。ゴールドのコントラストステッチ8が施されたブラックレザーのインテリアは、専用のルーフライナーステッチに加えて、エアベントサラウンド、センターロータリーダイヤル、スタート/ストップ ボタン、ペダルにゴールド仕上げが施されている。

この車は、クラシック チーム ロータスの寛大な支援を受けて開発された。クラシック チーム ロータスは、ロータスの創設者であるコーリン チャップマンの家族がロータスF1カーのメンテナンスと運用を行う、歴史的なモータースポーツビジネス。

マネージングディレクターのクライヴ チャップマンは次のように述べている。

「モータースポーツで最も尊敬されるドライバーの1人であるエマーソンが、これまで参戦したレースの中で最高の車と表現するType72と再会する時はいつも感動的です」

「エヴァイヤ フィッティパルディ」の技術仕様とパフォーマンスは本当に驚くべきものとなっている。最高出力2,000PSを超えるこのモデルは、世界で最もパワフルな量産車となり、1,700Nmを超えるトルクを生み出す。0-100km/h加速は3秒未満、最高速度は350km/hに達する。

そして、2009年のF1チャンピオンのジェンソン バトンがロータスを訪れ、「エヴァイヤ フィッティパルディ」を試乗した。

試乗後、ジェンソンは次のようにコメントしている。

「EVは静かだと思われておりますが、そうではありません。トルクは天文学的です。すごいです、思わず笑みがこぼれます。まるで宇宙船のように感じられ、運転しやすさとステアリングの正確さから、ロータスを運転していることがわかります。さらに、その敏捷性には驚かされます。これは正に、未来のロータスであり、自分のLotus Evijaを運転するのが待ちきれません」

【主要諸元】

パワートレイン:純電動、4WD
パワー:1500kw (4x375kw)/2,039PS
バッテリー電力:93kW
トルク:1,704Nm
0-100km/h:3秒未満
0-300km/h:9秒未満
最高速度:350km/h
航続距離:402km
充電時間:18分
重量:1,887kg
サイズ:全長4,459×全幅2,000×全高1,122mm

関連情報:http://www.lotus-cars.jp/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。