小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

傾いた釜がゆっくり回転して揚げ物料理ができるサンコーのノンフライヤー調理器「クルクルクック」

2022.10.29

油を使わず熱風を循環させて手軽に揚げ物調理

「おうちごはん」の流行や共働きの増加で、料理が苦手でも簡単調理できるアイデア家電がいろいろと出ている。

特に注目したいのは、エアフライヤー(ノンフライヤー)。熱風を循環させることで、油を使わずに揚げ物を作れるのが大きな特徴だ。

鍋に油をたっぷり入れる従来の方法と違い、油の飛び散りや事後の処理がなく、脂肪の摂り過ぎが気になる人も気兼ねなく楽しめるメリットがある。家電メーカーからさまざまな製品が出ているが。今回取り上げるのは、サンコーの新製品「まわるエアフライヤードラム クルクルクック」

■傾けることで熱がまんべんなく通る

外観は、台の上に蓋つきの調理機本体(釜)が乗っている構造で、6合炊き炊飯器と比べて高さが割とある印象。このような構造になっているのは、釜を傾けられるようにしたため。

調理時に釜はゆっくり回転するが、傾斜があることで、中の食材が上がっては落ちるを繰り返す。実質的にヘラでゆっくりかき回すのと同じで、食材に熱がまんべんなく通るという仕組みだ。

右側に最大限に傾けたところ(左側にも傾けることが可能)

エアフライヤーのもう1つの特徴は、応用範囲が広いことだ。天ぷらや唐揚げなど、油で揚げる料理だけしか作れないのではない。

冷凍食品の加熱調理、炒め物、ローストビーフなど、ガスコンロやオーブンの役割を一部兼ねる点も魅力。「クルクルクック」の説明書を見ると、それにとどまらず、パン、ケーキ、ポップコーン、コーヒー豆の焙煎やドライフルーツまでもがレパートリーに入っている。

ここまでくれば、煮物以外の準万能調理器と言ってもいいくらい。筆者的に心惹かれたのが、公式サイトにある「冷凍チャーハンもパラパラ美味しく出来上がります」の文言。

冷凍チャーハンは、過去何度作ってもペチャペチャした出来上がりだったので、リベンジできるかもしれないと心が躍る。

■念願のパラパラチャーハンが簡単にできた

というわけで、最初にチャレンジしたのは冷凍チャーハンだ。使い方はすごく簡単。窯の中に冷凍チャーハンを投入し、蓋をして釜を傾ける。

蓋には、調理温度・時間が設定済みの「モード」があるので、適したモードを選択してスイッチオン。ちなみにモードは7種類あり、焼豚、ピザ、チキンの丸焼きなど、食材に合わせて選ぶ。例えば、ピザなら「250度 15分」のモードを選ぶ。温度は10度刻み、時間は1分刻みで手動調整することも可能となっている。

釜の中に冷凍チャーハンを投入

モード選んでスイッチを入れる

スイッチを入れたら、あとは待つだけ。チャーハンが、熱に赤く照らされながら回るのが、外から見える。

注意したいのが、釜を傾ける角度。角度が浅いとチャーハンは、上にあがってはパラパラと落ちることなく、ずっと釜の下のほうで固まってしまう。ここ変に悩まず、最大限に傾けておくのが無難だ。

15分経ってアラームが鳴り、出来上がったチャーハンが下の写真。冷凍ものなのに米粒同士がベタベタとくっついておらず、まさに夢にまで見た(?)パラパラチャーハンだ。

次に、冷凍の揚げたこ焼きも作ってみる。要領は冷凍チャーハンと同じ。出来上がったものは、外はカリッとしながら中はとろっとしており、まさに理想の完成形。

■天ぷらやドライフルーツまで作れてしまう

ところで、普通に天ぷらも作れるのだろうか? 台所にサツマイモが1本あったので、薄切りにし、水で溶いた天ぷら粉にくぐらせ、天かすをまぶして釜に投入。この場合、釜は傾けず、付属の網を釜にセットして、そこにサツマイモを並べる。

若干の試行錯誤はあったが。うまい感じにできた。

最初は「油を使わない天ぷらは、もはや天ぷらではないでしょ」と思っていたが、食べてみると、これが意外なくらい天ぷら。うまくできた天ぷらをほめる常套句に、「サクッとジューシー」というフレーズがある。こちらは、ジューシーさは無いものの、サクサク感は抜群。食べ慣れた天ぷらとは違う美味しさが楽しめた。

また、食パンも焼ける。ただ、パンの厚さによって、ほどよく焼けるまでの時間は異なるので、時間感覚をつかむまでは、時おり蓋を開けて確認する必要はある(蓋を開けると一時的に加熱動作は停止するが、蓋を閉めれば再開する)。

ところで、さきほど説明した7つのモードには、「乾燥モード」というものがある。デフォルトでは70度・6時間となっていて、ドライフルーツを作ることができる。レモンとキウイフルーツを薄切りにし、早速試してみた。

熱い釜を取り出すには着脱式の取っ手を使う

専用のディハイドレーター(食品乾燥機)のようにたくさんは作れないが、本格的なドライフルーツの出来上がり。

エアフライヤーの存在自体は以前から知っていたが、ここまで便利なものとは思っていなかった。特にこの「クルクルクック」は、使い勝手の点では競合製品より一頭地を抜く。リモートワーカーや帰宅が遅いビジネスパーソンなら買って損はない、食欲の秋におすすめの新商品だ。

文/鈴木拓也(フリーライター)

コーヒー、紅茶、緑茶を飲みごろの温度にキープ!DIMEの付録「USBカップウォーマー」が便利と話題

現在発売中の雑誌「DIME」12月号には、コーヒーや紅茶、緑茶、ミルクなどの温かい飲み物やスープを飲みごろの温度にキープする「USBカップウォーマー」が付録として登場し話題になっている。※主要オンライン書店は完売しております。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

この「USBカップウォーマー」は、2A出力に対応したUSBポート(電源)につなげば、ドリンクの入った容器を置くだけで保温を開始するという便利なアイテム。陶器、耐熱ガラスのティーポット、ステンレス製のマグカップ、哺乳瓶、缶、紙コップなど、様々な容器に対応しており、ちょうどいい温度にキープすることができるスグレモノだ。

※ご使用になる前に必ず下記の注意事項をお読みください。

本体に、容器を置くと底面スイッチがオンになって保温を始めるが、容器を持ち上げるとスイッチがすぐにオフになるので、使い方は簡単。また、保温中は青く光るようになっているため、すぐに確認できる(※底面スイッチが正しく作動するように手前側はやや浮いた状態になっています。飲み物を含む容器の重さが300g以下だと底面スイッチが作動しないことがあります)

例えば、温かいスープを用意しても、ホカホカでおいしいのは最初のひと口だけ……というケースもあるだろう。そんな時、この「USBカップウォーマー」があれば、飲みごろの温度が保たれるので、いつまでもおいしいまま。なお、天面の表面温度は上限が設定されているため、飲み物が煮立ってしまう心配はない。

また「USBカップウォーマー」の天面で生じる熱は紙コップ底面の縁に伝わり、容器内の温度をキープする。出勤途中にテークアウトしたコーヒーも冷めにくい。さらに、耐熱ガラスや陶器のティーポットにも対応しており、最近話題のヌン活(アフタヌーンティーを楽しむ活動のこと)にもピッタリ。ティーポットにたっぷりと淹れた紅茶が、いつまでも冷めないのはうれしい。ケーキスタンドにのせたスイーツを味わいながら、家族や友人との会話をゆっくりと楽しめる。

そして、2A以上のUSB出力に対応したモバイルバッテリーの給電にも対応。例えばアウトドアでは、ステンレス製のシェラカップに注いだ飲み物がいつまでも温かいので、クッカーで温め直す手間も要らない。ただし、底面スイッチが正常に作動するように、本機をできるだけ平らなところに置こう。

温かい飲み物が恋しくなるこれからの季節、ぜひ、活用してみてはいかが?

※ご使用になる前に必ずお読みください!

※保温中および使用後しばらくは、付録の本体中心部が大変熱くなりますので、やけどなどにご注意いただき、絶対に触らないようにしてください。

※使用後は必ず、USBケーブルをポート(電源)から抜いてください。

※接続するUSBポートが2A未満の出力だと作動しない場合があります。

※飲み物を含む容器の重さが300g以下だと底面スイッチが作動しないことがあります。

※ご使用になる前に付録の箱面に記載している「ご使用上の注意」を必ずお読みください。

【動画を見る】

DIME最新号のコンテンツラインアップ

■大特集
世界一やさしい!Web3の教科書

「アップルやGoogleの全盛時代がついに終わる!?」
「会社に依存せず自由に働けるようになる!?」
「トークンが経済の仕組みを変える!?」
10年後のビジネス、暮らし、教育、医療はこう変わる!
孫泰蔵、堤幸彦、せきぐちあいみ、草野絵美、太田雄貴がWeb3の未来を解説!

■第2特集
販売店の保証付き製品を徹底検証!
スマホ、ノートPC、タブレット、冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジ and more!
中古家電の〇と×

■第3特集
「ホロライブ」「にじさんじ」だけじゃない!
編集部が厳選した最もポテンシャルの高いVTuberが勢揃い!!
VTuber ベスト 30

■BUSINESS HACKS
仕事、人間関係、すべてがうまくいく!
「感じがいい人」に学ぶコミュニケーション術

■BODY HACKS
Google本社で導入されている大人気シリコンバレー式フィットネス
心も体もととのうglobody入門

■TOP LEADER INTERVIEW
カインズ 高家正行代表取締役社長
「どの企業も成し遂げていないコト消費のビジネスモデルをつくる」

■DIME CATALOG
至福の一杯を嗜むコーヒーギア18

■DIME CATALOG
超小型デスクトップPC11選

■TREND WATCHING
・メラメラ!ふわふわ!進化する町チャーハン
・世界の観光トレンドは海底のリゾートへ

OTHER CONTENTS
・ヒャダインの温故知新アナリティクス
・小山薫堂のscenes
・宇賀なつみ 素顔のままで
・データウオッチング
・キーワードで読み解く社会学 Buzz Word
・Car of the DIME
・客がホイホイやって来る飲食店作りの秘訣100ヶ条
・BOOK of month
・連載/ショートカット仕事術
・連載/沢しおんTOKYO2040
・連載/カーツさとうの酒と肴と男とサウナ
・連載/池森秀一の蕎麦ログ

***************************************
DIME12月号
特別価格1200円(税込)
小学館
※電子版には付録は同梱されません。
***************************************

 

Amazonで買う完売しました
楽天ブックスで買う完売しました

 


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。