小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

止まらない円安、前回148円台後半をつけていた1990年と今の相場を比べてみた

2022.10.20

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「1ドル=148円台をつけたドル円の次の目安となる水準」と題したレポートを発表した。詳細は以下のとおり。

ドル円は10月14日、1990年8月以来のドル高・円安水準をつけ、鈴木財務相は再度の介入を示唆

ドル円は10月14日のニューヨーク外国為替市場において、一時1ドル=148円86銭水準に達し、1990年8月以来、32年ぶりのドル高・円安水準をつけた。同日発表された10月の米ミシガン大学消費者態度指数で、消費者の予想インフレ率が前月から上昇したことなどを受け、米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅利上げを継続するとの見方が強まり、ドル買い・円売りに弾みがついたものと推測される。

ドル高・円安が一段と進行したことについて、鈴木俊一財務相は10月15日、「過度な変動がある場合は、断固たる措置を取る考えにいささかも変わりはない」と述べ、再度の為替介入も辞さない姿勢を改めて示した。ただ、外国為替市場では、為替介入への警戒感は強いものの、依然としてドル高・円安の流れが続くとみる向きが多いように思われる。そこで、以下、今後のドル円の目安となる水準について考える。

1990年当時は、160円、155円、150円、145円という5円刻みが、ドル円相場の節目となった

まず、ドル円が前回、148円台後半をつけていた1990年を振り返る。1990年3月1日から8月31日までの推移は図表1の通りで、ドル円は4月2日に160円15銭水準、4月17日に160円20銭をつけ、いわゆる「ダブルトップ」を形成した。ダブルトップとは、相場の天井を示すチャートのパターンだが、ドルはこのチャート通り、対円で天井を打ち、その後はドル安・円高トレンドに転じた。

その後、5月に150円水準でドル安・円高の進行がいったん止まり、6月には155円水準まで戻ったものの、再びドル安・円高方向に切り返し、7月末には145円台をつけた。そこからもう一度、反転したものの、150円水準を明確に超えられず、結局8月には145円を割り込み、その後ドル安・円高が一段と進んだ。このように当時は、160円、155円、150円、145円という5円刻みが、ドル円相場の節目となっていたように見受けられる。

今局面は介入警戒から50銭刻みが目安か、ただドル円相場は米物価次第の状況が続く見込み

次に、現在のドル円相場の状況に目を向けると、前述の通り、依然としてドル高・円安の流れが続くとの声が多く聞かれ、すでに150円は視野に入っていると思われる。ただ、今局面では、介入警戒感も強く、1990年当時のような155円、160円といった5円刻みの節目を想定することは困難と考える。そのため148円台以降のドル円は、本邦当局の動きをにらみつつ、50銭刻みが目安となる公算が大きいとみている。

ただ、為替介入は相場のトレンド転換を目的とするものではないため、米金利先高観が続く限り、ドル高・円安の基調も続く可能性が高いと思われる。したがって、米国の物価関連の指標で、物価の伸びの鈍化が明確に確認できない限り、ドル高地合いは変わらず、物価の伸びが続く場合は、150円を超えるドル高・円安も想定される。このような「ドル円相場は米物価次第」という状況は、当面続くのではないかと考えている。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。