小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アフターケアって何?メンズメイクの浸透とともに重要度を増す日々のスキンケア

2022.10.20

20代男性の19%が日常的にメンズメイクを行なっている

男性がファンデーションやコンシーラーなどで肌の悩みをカバーして、印象をアップさせることを目的にメイクする「メンズメイク」。当初こそ、リップやチーク、アイシャドウなど、さまざまな色を使って個性を発揮する「女性のメイク」と混同されることもあったが、それも過去のことになりつつある。

全国の15~69歳の男性1,375名を対象に行われた調査(※)でも、メンズメイクをしている人に対しての印象は、「よい+ややよい」と思う人が51%と半数を超え、特に15~19歳は最も高く70%を占めた。

※調査概要
調査主体/株式会社クロス・マーケティング

調査手法 /インターネットリサーチ
調査地域 /全国47都道府県
調査対象 /15~69歳の男性
調査期間 /2022年8月19日(金)〜8月21日(日)

また、同調査によれば実際にメンズメイクを行なっている人は全体の11%だった。これを年代別に見ると、10代が14%、20代が最も高く19%であったが、30代も13%と10代に迫る数値となっている。

このように20〜30代を中心に浸透してきたメンズメイクだが、アフターケアを怠ると、肌ストレスの要因となる場合もあるという。

例えばBBクリームはメンズメイクを代表するアイテムだが、このBBとは「Blemish Balm(ブレミッシュバーム)」の略称。美容施術後の肌に塗ることで保護膜を形成して、外部刺激から肌を守るのが目的だ。

そのため、スキンケア効果に加えて化粧下地やコンシーラー、ファンデーションとしての機能を併せ持っているのが特徴。シミやシワ、青っぽいヒゲの剃り痕など、気になる部分をカバーしてくれる。

その一方で、帰宅後は、しっかり落とす必要があると言われている。

ただしBBクリームが直接、肌を刺激してトラブルにつながるというわけではない。BBクリームに付着した皮脂、ホコリ、排ガス、ウイルスなどが肌ダメージを促進させてしまうおそれがあるからだ。これは日焼け止めに対しても同じことが言える。

また、メンズメイクの使用・不使用にかかわらず、皮脂汚れは、しっかり落としたい。皮脂は空気に触れた途端、急速に酸化して、肌ダメージをもたらす活性酸素を発生させるからだ。

では、しっかりとした洗顔さえ行っていれば安心か、といえば、実はそうではない。

洗顔直後は水で肌がうるおったように感じるが、これに惑わされてはいけない。というのも、肌表面の水分は蒸発する際に、肌内部のうるおい成分も一緒に蒸発させてしまうから。だからこそ、洗顔後はすぐに化粧水などで保湿すべきなのだ。

というわけで、メンズメイクの浸透とともに洗顔や保湿といったスキンケアの重要性も、また高まってきたといえるだろう。

2つのスキンケアモードを搭載したメンズシェーバー

そこで今回、@DIMEが注目したのが、パナソニックのスキンケアシェーバー ラムダッシュ ES-MT22だ。

このシェーバー、3枚刃ラムダッシュとしての優れたシェービング機能に加え、保湿モードとスキンクリアモードという2つのモードを搭載。、保湿成分の肌の角質層まで浸透と、皮脂や毛穴汚れ、さらにBBクリームなどを除去してクリアな肌へのリセットが可能なシェーバーとして話題を集めるモデルだ。

さっそく、その特徴と機能をチェックしていきたい。

パナソニック スキンケアシェーバー ラムダッシュ ES-MT22

パワーコントロール/ラムダッシュAI(※1)(センシング約216回/秒)
ヘッド部/密着スイングヘッド、フロート刃機構
外刃 /ステンレス刃物鋼3枚刃
内刃 /30°鋭角ナノエッジ内刃
リニアモーター駆動/毎分約13,000ストローク
充電システム/ACアダプター、別売充電スタンド
洗浄/音波洗浄モード(※2)、本体まるごと清潔水洗い(※3)
防水/IPX7基準検査をクリア(※4)
本体サイズ/高さ178×幅65×奥行き55mm、約210g(キャップ除く)

※1 ヒゲの濃さや、シェーバーヘッド内部のヒゲクズによって、センサーが反応(駆動音の変化)しない場合がありますが、異常ではありません。
※2 音波領域内での振動
※3 ACアダプターは除く。
※4 水深1メートルに30分間水に浸けても有害な影響を生じる量の水の浸入がない。

スキンクリアモード〜皮脂や古い角質、BBクリームなどをコットンに吸着させて除去

このモードでは、コットンを簡単に固定できる付属キャップを使用する。手順としてはまずキャップに市販の化粧用コットンを取り付ける。

次に化粧用コットンを取り付けたキャップをヘッドに装着。化粧水を十分に染み込ませる。

続いてスキンケアシェーバー本体のIONボタンを2回押して、スキンクリアモードを起動。電源ボタン周囲のスキンクリアランプが青緑に点灯すれば準備完了だ。

コットンを肌にあて、やさしく拭き取るように動かしていく。同社では本体の電源OFF時と比較して、皮脂などのよごれ除去量は1.3倍になると説明している(※)。

※ コットンに化粧水を含ませてスキンクリアモード(イオンレベル:強、温感:高)を電源オンで使用した場合のコットンに付着したタンパク質量352μgと、コットンに化粧水を含ませてスキンクリアモードを電源オフにして使用した場合のコットンに付着したタンパク質量262μgの半顔での比較。パナソニック調べ。

スキンクリアモードでは、電流の向きを高速で切り替えることによって皮脂汚れを浮かせ、コットンに汚れを吸着させて除去していくのだ。

保湿モード〜保湿成分&ビタミンCを肌の角質層まで浸透させる

スキンクリアモードに続いては、「保湿モード」の出番だ。

このモードは化粧品の保湿成分やビタミンCを手で塗るよりも効率的に角質層まで浸透させる、というもので、同社ではヒアルロン酸は手塗りの1.7倍(※1)、ビタミンCは同じく1.3倍も浸透量がアップすると説明している(※2)。

※1 角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5,000~10,000を使用した浸透量試験に基づく。パナソニック調べ。ヒアルロン酸水溶液を手で塗布後に保湿モード(イオンレベル: 強、温感:高)で使用した場合の浸透面積0.311平方mm/平方mmと、ヒアルロン酸水溶液を手で塗布しただけの場合の浸透面積0.146平方mm/平方mmの前腕での比較。同社調べ。
※2 ビタミンC水溶液を手で塗布後に保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で使用した場合の浸透量6.94μg/平方cmと、ビタミンC水溶液を手で塗布しただけの場合の浸透量5.09μg/平方cmの前腕での比較。パナソニック調べ。

使用法としては、まず顔に化粧水や乳液を塗布。スキンケアシェーバーのプレート正面を肌にあてる。

IONボタンは1回押しとなり、プレートが肌を検知すれば、ランプが白が点滅から点灯に変わって準備完了。

新型スキンケアシェーバーの保湿モードは、新たに4分の1秒ごとにプラスとマイナスの極性が交互に切り替わる仕様を採用。この技術により、電荷特性の異なるヒアルロン酸もビタミンC(マイナス電荷物質)も、1つのモードで両方浸透させることができるようになった(※1)。

洗顔の後には化粧水、さらに乳液も使用したほうがよい、と言われている。その理由としては、肌の水分を逃さないように、「乳液の油分で肌にフタをしましょう」という文言を目にした人も多いのではないか。

だが、乳液の実際の働きは「フタをすること」ではない。

乳液は角質細胞のまわりをコーティングして、細胞間脂質の働きを助けることがその役目。つまり、乳液を使うことで、角質細胞のすき間がなくなり、肌のバリア機能も強化され、結果的に化粧水の成分も保護されるのだ。

その点からも、保湿成分を効果的に角質層まで届けるスキンケアシェーバーが果たす役割は大きいと言えるだろう。

関連情報
https://panasonic.jp/shaver/products/lamdash_wet/es_mt22.html

撮影/末安善之
取材協力/藤田麻耶
構成/清水眞希


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。