小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

秋の夜長に楽しみたいディズニープラスのミステリアスな大人のラブストーリー「すべて忘れてしまうから」の見どころ

2022.10.20

日本で初めてディズニープラス スターのオリジナルドラマシリーズとして制作され、テレビ番組の美術制作会社で働きながら小説家・エッセイストとしても活動している、燃え殻による同名タイトルのエッセイをドラマ化した『すべて忘れてしまうから』。

主演の阿部寛は、キャリア初の配信ドラマ出演のうえ、2019年放送のカンテレ・フジテレビ系ドラマ『まだ結婚できない男』以来となる、ラブストーリー作品への出演でもある。さらには、個性派や実力派の役者が揃い、音楽的要素も強い実験作といえる話題のドラマを紹介しよう。

ミステリアスな大人のラブストーリーを味わう

『すべて忘れてしまうから』ディズニープラス スターにて独占配信中
© Moegara, FUSOSHA 2020

現実から逃げたくて書いた小説が、偶然にも小さな出版社の目に留まり、大きな賞も大ヒット作もないまま、ただ小説を書き続けている主体性のないミステリー作家“M”(阿部寛)。流されるままに生きているような“M”は、近所にある行きつけの「Bar 灯台」や喫茶店で時間を過ごすことも多いのだった。

『すべて忘れてしまうから』ディズニープラス スターにて独占配信中
© Moegara, FUSOSHA 2020

“M”の初トークイベントには、「あなたの関節を全部折ります」と脅迫してくるようなファンもいて、たじたじになる出来事もあるものの、さして変わらない日常を楽しんでいた。そんな彼には、行きつけのBar 灯台で知り合った、5年間付き合っている恋人の“F”(尾野真千子)という存在がいる。ハロウィンの夜、パーティが行われていたBar 灯台で過ごしていた“M”は、彼女を待っていた。

『すべて忘れてしまうから』ディズニープラス スターにて独占配信中
© Moegara, FUSOSHA 2020

そこへ猫のコスプレをした“F”が現れるが、彼女は入り口で立ち止まると、そのまま帰ってしまう。その後“M”は仕事が多忙になり、“F”に連絡できず3週間が経過。やがて“M”はようやく彼女を探し始めるが、人々の口から語られる“F”は、まったく知らない人物だった。“F”を探し続けるなかで、どんなに近しい人にも、自分の知らない一面があると思い知らされていく“M”。

個性豊かな登場人物と音楽が包み込む異世界

『すべて忘れてしまうから』ディズニープラス スターにて独占配信中
© Moegara, FUSOSHA 2020

長年役者として第一線で活躍してきた阿部が“受けの芝居”で、地味な“M”を人間くさいキャラクターとして、魅力的に輝かせる。そして、彼らを取り巻く登場人物たちも、実に興味深い人物がズラリ。特筆すべきは、Bar 灯台の店主・カオル役を務める、ミュージシャンのCharaだ。ドラマのナレーションも担当し、歌うこともある。1996年に公開された映画『スワロウテイル』以来、26年ぶりの映像作品への出演だが、Charaは唯一無二の存在感を放ち、今作を良作へと導くことに成功。

『すべて忘れてしまうから』ディズニープラス スターにて独占配信中
© Moegara, FUSOSHA 2020

カオルとともに、Bar 灯台で働く元バンドマンの料理人・フクオ役には、宮藤官九郎。監督でもあり脚本家でもある宮藤だが、所属する劇団大人計画の俳優らで結成したパンクコントバンド「グループ魂」でギターを担当するなど、音楽好きとしても知られるゆえに、彼にぴったりの役どころだといえる。

『すべて忘れてしまうから』ディズニープラス スターにて独占配信中
© Moegara, FUSOSHA 2020

カオルやフクオのいるBar 灯台で、年末だけアルバイトをすることになった青年・泉役には、青木柚。NHKの2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』では、川栄李奈の弟役として登場していた青木は、子役時代から活動するもまだ21歳という若さ。今後、主演作も控える注目株だ。今作では、ある目的を持って、フクオに近づくが……。

『すべて忘れてしまうから』ディズニープラス スターにて独占配信中
© Moegara, FUSOSHA 2020

そして“M”のもとに突然現れる“謎の美女”役には、大島優子。“M”のトークイベントにもこっそりと参加し、本人に堂々と「さっきのトークイベントにいたんです」と告白してその後ふたりきりになるが、本当の目的は別のところにあり、あやしい行動をする美女の正体とは?

地味なミステリー作家が何気ない日常で得る“気づき”

『すべて忘れてしまうから』ディズニープラス スターにて独占配信中
© Moegara, FUSOSHA 2020

ハロウィンの夜に消えた恋人を探すうちに、日常の穏やかな変化を知る“M”。誰もが自分の人生の旅人であり、日常のささやかな出来事にも、実はさまざまな気づきがあるものだ。それぞれが持つ心の機微が丁寧に描かれた、ミステリアスな大人のラブストーリー『すべて忘れてしまうから』。

毎話異なる10組のアーティストがエンディング楽曲を担当していることも見逃せない、聴き逃せないトピックだ。燃え殻の原作の短編エッセイが、音楽に彩られたとっておきの世界観でドラマ化となっている。秋の夜長にじっくり観たい作品だ。

■YouTube予告動画


『すべて忘れてしまうから』

原作:燃え殻『すべて忘れてしまうから』(扶桑社刊、新潮文庫刊)
配信:ディズニープラス スターにて独占配信中。
監督・脚本:岨手由貴子、沖田修一、大江崇允
出演:阿部寛、Chara、尾野真千子、宮藤官九郎、酒井美紀、大島優子、渡辺大知、青木柚、鳴海唯、見栄晴、渡辺いっけい他


文/かわむらあみり
大阪生まれ。出版社勤務後、ライター・エディターとして独立。編集者として担当してきた音楽やテレビなどのエンタメから、恋愛や婚活、育児といった情報までを手がける。マガジンハウス「anan web」、朝日新聞社「好書好日」ほかのエンタメ雑誌から韓国ドラマのムックまで、WEBや雑誌でコラム連載やインタビュー、編集を担当。 https://amirikawamura.com/


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。