小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

医師が考える更年期の不眠の原因TOP3

2022.10.17

ホルモンバランスの変化により様々な症状が現れる更年期。

この更年期の不眠にはどのような症状が多いのだろうか。また、質の良い睡眠をとるためにはどのようなことをしたらいいのか。

CCAはこのほど、医師1,013人を対象に「睡眠と脳腸相関」に関する意識調査を実施。回答結果にデータ分析を添えて発表した。

9割以上の医師が不眠と更年期に関係があると回答

はじめに「不眠と更年期は関係がありますか?」と質問したところ「とても関係がある」が43.2%、「やや関係がある」が49.9%となり、9割以上の医師が「関係がある」と考えていることがわかった。

次に、不眠と更年期は関係があると回答した医師を対象に「更年期の不眠に多い症状」について聞いたところ、「途中で目が覚めてしまい再び眠れない(58.6%)」と回答した人が最も多く、以下、「寝つきが悪い(49.6%)」「夜中に何度も目が覚める(48.9%)」と続いた。

また、不眠と更年期は関係があると回答した医師を対象に「更年期の不眠の原因」について尋ねたところ、「ホルモンバランスの変化(61.5%)」と回答した人が最も多く、以下「生活リズムの乱れ(43.2%)」「腸内環境の悪化(32.8%)」と続いた。

さらに、不眠と更年期は関係があると回答した医師を対象に「不眠症状が生活習慣などで悪化することはありますか?」と質問したところ、「よくある」が41.2%、「たまにある」が51.2%となり、9割以上の医師が生活習慣が不眠に影響していると考えていることがわかった。

「自宅でできるおすすめの不眠の対処法」について聞いたところ、「専門医に相談する(50.6%)」と回答した人が最も多く、次いで「生活リズムを整える(43.5%)」「腸内環境を整えるものを摂る(31.9%)」となった。

「一般の方が睡眠改善のためにやりがちなことの中で実は間違っていること」について聞いたところ、「とても多い」が29.2%、「多少ある」が58.0%となり、8割以上の医師が間違っていることがあると感じていることがわかった。

8割以上の医師が「腸内環境を整えることで睡眠の質は変化する」と回答

「腸内環境を整えることで睡眠の質は変化しますか?」と質問したところ、「とても変化する」が28.7%、「やや変化する」が57.5%となり、8割以上の医師が変化すると考えていることがわかった。

「とても変化する」「やや変化する」と回答した医師を対象に「睡眠の質を高めたいときに食事以外で取り組むべき腸活」について尋ねたところ、「早寝早起きなどの規則正しい生活(44.1%)」と回答した人が最も多く、以下「軽いストレッチ(33.8%)」「目元・首元を温める(33.2%)」「腹部を温める(30.0%)」と続いた。

生活リズムを整えることが大切だと感じている医師が4割以上もいることから、早寝早起きをして、身体にリズムを覚えさせることが大切だということがわかる。

<調査概要>
【調査期間】2022年7月11日(月)~2022年7月12日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,013人
【調査対象】医師
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

出典元:株式会社CCA

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。