小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホンダ「ステップ ワゴンスパーダ」VSトヨタ「ヴォクシー」ミニバン買うならどっちが正解?

2022.10.22

	ホンダ『ステップ ワゴンスパーダ』vs トヨタ『ヴォクシー』

クルマで家族旅行に出かける機会も増え、居住性を重視する人が増えてきた。そんなニーズに応えるかのように、日本を代表する人気ミニバンの新型車が続々登場。今回は最新ミニバンの進化を検証した。

 今年1月から6月までの国産新車販売台数を調べると1位『ヤリス』、2位『カローラ』、3位『ルーミー』と、トヨタのコンパクトカーが上位を独占している。一時期、勢いのあったSUVは人気にかげりが見えてきたようだ。

 さらに、7月に入ってから上位は変わらないものの、ホンダ『ステップ ワゴン』やトヨタ『ヴォクシー』『ノア』、日産『セレナ』といった1BOX系ミニバンの販売が好調。『ノア』と『ヴォクシー』は今年1月に発売された新型車で、上半期全体でも13、14位に名を連ねていた。『ステップ ワゴン』は5月に発売されてから急伸している。

 こういったクルマの人気が高い理由のひとつが室内空間の広さ。3列目にもきちんと座れる広さや多彩なシートアレンジが特徴だ。コロナ禍で家族全員で移動する機会が増えたこともミニバン人気が復活している理由かもしれない。

走りにこだわった『ステップ ワゴン』と実用性を追求した『ヴォクシー』

『ステップ ワゴン』は1996年にデビューした。1BOXカーとして初めてFF方式を導入し、広い室内空間が支持されてベストセラーとなった。最新モデルは6代目。原点回帰のボディーデザインや3ナンバーサイズの採用などにより、室内の広さはシリーズ最大となった。安全運転支援機能も最新装備が搭載されている。さらに空気を浄化する「クリーンエア」技術を全モデルに標準装備した。そして何より注目したいのが走りのレベルの高さだ。ホンダ独自のハイブリッドシステム「e:HEV」はモーターとガソリンエンジンを使い分けたスポーティーな走りと低燃費を両立した。ハンドリングもミニバンの域を越えたホンダらしい楽しさを感じることができる。

 一方の『ヴォクシー』は今年1月に新型モデルが発売され4代目になる。こちらも今回から全モデルが3ナンバーになった。2020年から『ヴォクシー』『ノア』『エスクァイア』は同一ディーラーで取り扱うようになった(※『エクスァイア』は生産中止)。最新モデルはGA-Cプラットフォームを採用し、ハイブリッドシステム電動モジュールを刷新。燃費性能もアップした。使い勝手重視の設計思想は、助手席側のステップやロングアシストグリップ、フリーストップバックドアなど随所に受け継がれており、実用性重視のユーザーから多くの支持を集めている。

新しい気分を満喫させてくれる新発想ミニバン

ホンダ『ステップ ワゴン スパーダ』

Specification
■全長×全幅×全高:4830×1750×1840mm
■ホイールベース:2890mm
■車両重量:1840kg
■排気量:1993cc
■エンジン形式:直列4気筒DOHCガソリン+交流同期モーター
■最高出力:145PS/6200rpm+184PS
■最大トルク:175Nm/3500rpm+315Nm
■変速機:電気式無段
■燃費:19.6km/L(WLTCモード)
■車両本体価格:364万1000円
※「e:HEVスパーダFF車」

ホンダ『ステップ ワゴン スパーダ』

『スパーダ』は下まで広げたグリルとボディー下部全周に配置したメッキモールが特徴。廉価版の『エアー』は、グリルもシンプルでボディーカラーも異なるバリエーションになる。

ホンダ『ステップ ワゴン スパーダ』

見た目のサイズ感は『ヴォクシー』と変わらないが、ホイールベースで40mm、全長は135mmも『ステップ ワゴン』のほうが大きい。全高は55mmも低くなっている。

ホンダ『ステップ ワゴン スパーダ』

ブレーキランプやテールランプをボディー外側ギリギリまで縦に配し、テールゲートの開口部を大きくしたデザイン。リアウインドウは面積もやや狭く、高めの位置にある。

こだわりのデザインと実用性を追求したミニバン

トヨタ『ヴォクシー』

Specification
■全長×全幅×全高:4695×1730×1895mm
■ホイールベース:2850mm
■車両重量:1670kg
■排気量:1797cc
■エンジン形式:直列4気筒DOHCガソリン+交流同期モーター
■最高出力:98PS/5200rpm+95PS
■最大トルク:142Nm/3600rpm+185Nm
■変速機:電気式無段
■燃費:23.0km/L(WLTCモード)
■車両本体価格:374万円
※「S-Z FF車」

トヨタ『ヴォクシー』

LEDの3連ヘッドライトとその下部の網目状デザインが独創的なフロントマスク。ボンネットに近い位置にランプを配したのも新しい。ガラス面積も広く、前方視界はかなり良い。

トヨタ『ヴォクシー』

全高以外すべて『ステップ ワゴン』より小さいが、デザインでそれをカバーしている。サイドウインドウをはじめ、すべてのウインドウ面積が大きいのも特徴。タイヤは17インチを装着。

トヨタ『ヴォクシー』

最近のトヨタ車特有の左右一体型テールデザイン。ランプ類はゲートの外側にあるので、ゲートを開けても4WAYランプなどは後方から確認できる。ウインドウも大きい。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。