小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

企業向けの次世代通信「プライベート5G」がビジネスにもたらす変革

2022.10.13

着々と生活の中に浸透する5G(第5世代移動通信システム)。「高速大容量」「高信頼・低遅延」「多数同時接続」といった優れた特徴を持っているが、これを企業向けにローカルネットワークに利用する「プライベート5G」は、今後の新規ビジネス創出につながるといわれる。

そこで今回は、プライベート5Gとは何か、その特徴やメリット、導入によるビジネスへのメリットを解説する。

プライベート5Gとは?

「プライベート5G」は、企業や自治体などが利用するネットワークを提供するサービスを指す。

日本ではソフトバンクがすでにサービスを開始しているが、ソフトバンクのようなキャリアが提供する5Gネットワークを用いて、特定エリアでの通信を可能にするローカルネットワークを構築するものだ。

従来の企業や自治体が利用する有線(イーサーネット)接続やWi-Fi等に取って代わるローカルネットワーク構築方法だ。

そもそも5Gの特徴は、「高速大容量」「高信頼・低遅延」「多数同時接続」という特徴を持つ。プライベート5Gでは、当然それらの特徴を引き継いでいるが、他にも特徴があるという。

具体的にどんな特徴があるのか、米国ベライゾン・コミュニケーションズの日本法人で、企業や自治体に対しプライベート5Gを含むネットワークおよび、セキュリティソリューションをサービスとして提供するベライゾンジャパン合同会社に尋ねた。

ソリューション本部 本部長の生田隆由氏は次のように述べる。

「5Gの特徴である高速大容量、低遅延、多数同時接続に加えて、『高信頼』『広範囲』『低電力』『高接続性(電波が隅々まで届く)」もあります。また『高機密性』も有し、様々な認証方法があるため、従来よりもセキュリティ性に優れているといえます」

プライベート5Gは企業ネットワークにとって優れた特性があるようだ。

プライベート5G環境例(ベライゾンジャパン提供)

プライベート5Gはこれまでの通信とは何が違うのか

プライベート5Gは、これまでの企業が利用してきた通信とは何が違うのか。生田氏は次のように述べる。

「プライベート5Gは、ビジネスに最適な5Gです。従来は有線ケーブルでつなぐことや、Wi-Fiなどを利用することでローカルネットワークが構築されていました。このような環境は、オフィス設計などの大きな変更が発生しない場合には問題はありませんでしたが、キャンパス、工場、公共施設、建設現場などでは、案件や変化に応じて求められる条件に即座に対応する必要があります。そのため、広範囲でのエリアで多数の端末の制御をカバーし、変更時の作業をできるだけ少なくする必要が出てきました。

プライベート5Gは、このように社会の変化に素早く対応するということを実現します。さらに、遠隔操作や遠隔監視等といった新しいオペレーションモデルや、無人化、欠品管理等の新しいビジネスモデルを創り出す可能性もあります」

●Wi-Fi6との違い

ところで、最新の高速通信といえば、無線高速通信規格のWi-Fi6が思い浮かぶ。これとはどのように異なるのか。

「Wi-Fi6との違いは複数あります。一つはWi-Fi6は『屋内のみ』での利用に限られる一方で、プライベート5Gは『屋内のみ』または『屋内+屋外』の選択ができるという点です。つまりプライベート5Gは屋外に渡って利用範囲が可能であるということです。

このほかにもWi-Fi6は、利用に無線通信免許が不要な分、電波干渉など品質の安定性がプライベート5Gよりも劣ります。プライベート5Gは免許の取得が必要ですが、当社のサービスを利用する顧客における取得は必要ありません。

その他、通信速度も機器や電波によっても違いがありますが、Wi-Fi6の2倍~10倍ぐらい大きくなります。さらに、認証方法も機器によって異なるため、より安全で高品質、高速が必要になる場面では、プライベート5Gが優位であるといえます」

プライベート5Gの活用シーン

ベライゾン社によれば、プライベート5Gは、ほぼリアルタイムで低遅延のネットワーク接続を実現できるため、ワークスタイルの変革や効率の向上、イノベーションの推進、セキュリティの強化が可能になるという。

そしてプライベート5Gを活用すれば、未来の工場、無人搬送車(AGV)、人工知能と機械学習(AI/ML)に基づく品質管理などの新たな取り組みを推進しながら、カスタマーエクスペリエンスを変革できるという。

「米国の自動車工場では、すべてを無人化にした取り組みを実施しています。部品を自動的に運んで、車を組み立てて完成させるモデルです。品質の確認もカメラで映し出された映像を解析して判断を行います。

英国の港では、貨物船から荷物を自動的に仕分けすることで、作業効率を上げて、正確に運搬するような仕組みができあがりました。これによって、在庫管理が正しく行われることだけでなく、作業の自動化・無人化によって人命にかかわるリスクが大幅に軽減されました。

画像解析とAIを組み合わせるケースは非常に多くあり、患者・介護において、その変化を画像で判断して対応を行います。農業において、画像を見て生育状態を分析し、必要な水や肥料を調整することなども可能となり、より社会における貢献を果たしているともいえます」

プライベート5Gを構築するときのポイント

プライベート5Gは、まさにイノベーションを図りたい企業には取り入れたいネットワークといえそうだ。ただし、構築には注意をしなければならないポイントがあると生田氏は述べる。

「プライベート5Gは、ローカルネットワーク内における性能が、従来の技術よりも格段に優れているところに特徴があります。そのため、ローカルではなく、外側のインターネット領域と釣り合わなくなる可能性があります。

例えば、ローカルネットワークの外にあるクラウドサービスを利用する場合は、ローカルネットワークとクラウドサービスをつなぐWAN側のネットワークの能力や、利用するクラウドサービスそのものの性能によっても、全体のパフォーマンスが左右されてしまうということです。

そのため、プライベート5Gの設計においては、ローカルネットワーク領域のみならず、ローカルネットワーク内にあるMEC(モバイルエッジコンピューティング)※を含めた全体設計、全体プロセスの検討を行うことをおすすめしています」

※MEC:インターネットに出る前のプライベート5Gなどの、より端末に近いところにエッジサーバーを構築し、レスポンスを早くすることで低遅延を実現する技術のこと。

プライベート5Gの可能性

今後、日本でプライベート5Gが導入されることで、どのような日本ビジネスの変革がもたらされるだろうか。生田氏は次のように述べる。

「大きくは、2つあると考えます。1つは『より効率的で安全な運用を創り出す』ということです。自動化・無人化をプライベート5G技術によって実現することは、単純にコスト削減になるだけでなく、日本における労働者や技術者不足の解消に役立ちますし、危険な作業から作業員を解放することにもなります。

2つめは、『新たなビジネスの創造』です。例えば小売店では、商品に関するより詳細な情報を提示したり、実際に服を着なくとも、自分が服を着た印象がよりリアルに想像できたりするようになります。

公共施設では、空いているパーキングスペースがわかり、様々な情報が事前に表示されます。医療やエンターテインメントにおいても、よりリアリティーな映像が3次元で目の前に現れることで、様々な体感が得られるようなビジネスモデルが開発されるでしょう。すでに海外ではフットボール、サッカーなどのスタジアムでも導入が進められています。

日本においてもプライベート5Gは、DXや既存ビジネスを加速させ、ビッグデータ活用によるカスタマーエクスペリエンスの向上など、日本の経済力を底上げする技術の基盤となっていくと考えられます」

プライベート5Gは、今後、日本でも導入が進んでいくことと考えられる。企業や自治体に導入されることでビジネス変革が実現すれば、より便利かつ新しい体験を生み出す社会に近づくと考えられる。

取材・文/石原亜香利

DIME最新号の特集は「Web3の教科書」「中古家電の○と×」「VTuberベスト30」

アマゾンでの購入はこちらから

DIME12月号の付録は、コーヒーや紅茶、緑茶、ミルクなどの温かい飲み物やスープを飲みごろの温度にキープする「USBカップウォーマー」です。2A出力に対応したUSBポート(電源)につなげば、ドリンクの入った容器を置くだけで保温を開始するという便利なアイテム。陶器、耐熱ガラスのティーポット、ステンレス製のマグカップ、哺乳瓶、缶、紙コップなど、様々な容器に対応しており、ちょうどいい温度にキープすることができます。

温かい飲み物が恋しくなるこれからの季節、ぜひ、ご活用ください!

※保温中および使用後しばらくは、付録の本体中心部が 大変熱くなりますので、やけどなどにご注意いただき、絶対に触らないようにしてください。また、使用後は、必ず、USBケーブルをポートから抜くようにしてください。

※接続するUSBポートが2A未満の出力だと作動しない場合があります。

※ご使用になる前に付録の箱面に記載している「ご使用上の注意」を必ずお読みください。

 

■大特集
世界一やさしい!Web3の教科書

「アップルやGoogleの全盛時代がついに終わる!?」
「会社に依存せず自由に働けるようになる!?」
「トークンが経済の仕組みを変える!?」
10年後のビジネス、暮らし、教育、医療はこう変わる!
孫泰蔵、堤幸彦、せきぐちあいみ、草野絵美、太田雄貴がWeb3の未来を解説!

■第2特集
販売店の保証付き製品を徹底検証!
スマホ、ノートPC、タブレット、冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジ and more!
中古家電の〇と×

値上げラッシュがとどまることを知らない。先の見えない今、買い控えの傾向が見られるが、そんな中にあって、中古品市場がにぎわっている。だが〝安心・安全〟なのかは気になるところ。そこで〝保証付き〟の中古家電を大捜索! きっと使いたくなるモノが見つかるはずだ。

■第3特集
「ホロライブ」「にじさんじ」だけじゃない!
編集部が厳選した最もポテンシャルの高いVTuberが勢揃い!!

VTuber ベスト 30

2022年はVTuberグループ「にじさんじ」の壱百満天原サロメは、VTuber史上最速でYouTube登録者数100万人を突破。個性的なVTuberが群雄割拠しているが、その総数は何と1万6000人超(2021年10月時点)であり、すべてをチェックするのは難しい。そこで今注目すべき30人をDIMEが選出!

■BUSINESS HACKS
仕事、人間関係、すべてがうまくいく!
「感じがいい人」に学ぶコミュニケーション術

■BODY HACKS
Google本社で導入されている大人気シリコンバレー式フィットネス
心も体もととのうglobody入門

■TOP LEADER INTERVIEW
カインズ 高家正行代表取締役社長
「どの企業も成し遂げていないコト消費のビジネスモデルをつくる」

■DIME CATALOG
至福の一杯を嗜むコーヒーギア18

■DIME CATALOG
超小型デスクトップPC11選

■TREND WATCHING
・メラメラ!ふわふわ!進化する町チャーハン
・世界の観光トレンドは海底のリゾートへ

OTHER CONTENTS
・ヒャダインの温故知新アナリティクス
・小山薫堂のscenes
・宇賀なつみ 素顔のままで
・データウオッチング
・キーワードで読み解く社会学 Buzz Word
・DIME LOUNGE STORE
・客がホイホイやって来る飲食店作りの秘訣100ヶ条
・BOOK of month
・共働き夫婦応援PROJECT
・連載/ショートカット仕事術
・連載/沢しおんTOKYO2040
・連載/カーツさとうの酒と肴と男とサウナ
・連載/池森秀一の蕎麦ログ

※電子版には付録は同梱されません。

ご購入はお早めに!

楽天ブックスで買う】完売しました。
※保温中、および使用後しばらくは、本体中心部が大変熱くなりますので、やけどにご注意いただき、絶対に触らないようにしてください。また、使用後は必ず、USBケーブルをポートから抜くようにしてください。

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。