小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「STREET FIGHTER」のトッププロゲーマー・ボンちゃんが語る格闘ゲームの醍醐味

2022.10.29

格闘ゲームは非常に早いテンポでの駆け引きを要求される、いわば〝高速じゃんけん〟だ。その攻防の背景が少しでも理解できておけば、駆け引きの裏側にある〝拳の会話〟を感じ取れるはずだ。

ボンちゃん

Red Bull  ボンちゃん
雀荘店員時代、偶然同僚だったウメハラ氏の影響で本格的に格闘ゲームを始める。2015年9月よりレッドブルプレイヤーとして活動を開始。ストリートファイターリーグ:Pro-JP 2021ではチーム「V6プラス FAV Rohto Z!」として出場して優勝した。

ストリートファイター

リスクリターンの把握が読み合いのカギ

 格闘ゲームの魅力は、やっぱりわかりやすさにあると思います。体力ゲージがあるので、勝敗はもちろん、今、どちらが優勢なのかも常に可視化されています。状況が理解しやすいゲームデザインになっているのが格闘ゲームの強みだと思います。

『ストリートファイター』は、格闘ゲームの中でも攻守のやり取りが見ていてわかりやすいほうでしょう。1回どちらかが優勢になっても、そのまま試合が決まることは少なく、攻防が何度も入れ替わる。相手の行動を読んだり、相手の誤った行動を誘ったりする駆け引きが重要です。

 例えばライン管理(詳細は下図)を例に挙げてみます。『ストリートファイター』ではレバーを後ろに倒さないとガードできません。しかし、ラインを上げるにはレバーを前に倒し、ガードを捨てて前に出る必要があります。そのためには、相手が前に出てこない瞬間を読んで、自らラインを上げる時間を作っていくのが重要です。

 前に出る行動はいくつかありますが、代表的なのは歩きとダッシュです。このふたつの行動を野球で例えてみると、〝歩きはバント、ダッシュはホームラン〟でしょうか。バントはボールにバットを当てやすいけど、ほとんど転がりません。一方ホームランは難しいけど、当たれば一発逆転を狙えます。ゆっくり動くけど隙の少ない歩きと、距離は稼げるけど隙の大きいダッシュはこの関係性に似ています。こうした〝リスクとリターンの駆け引き〟を意識してみると、選手がいつ勝負に出たかがわかるので、より観戦がおもしろくなると思います。

 自分が得意とするのは「守って守ってしのぎ切って勝つ」というスタイル。今使っているキャラクターも、このコンセプトに合致していると感じています。

 ただ、昨今の格闘ゲームの難しい点が、定期的なソフトウェアのアップデートの際に、バグ修正以外にもキャラ性能に調整が入ることです。技の威力や出る速さなどが変わった結果、手になじんだキャラクターが突然弱くなるとかなりつらい。会社でいう部署異動に近いのでしょうか、培ったスキルが役立たなくなってしまいます。勝ちまくっていたプロが突然勝てなくなる、もしくはその逆もこの世界では起きうるのです。

 今の国内プロ環境は、4人チームのリーグ戦『ストリートファイターリーグ:Pro-JP』が中心となっています。チーム戦は、負けた時の責任が自分ひとりで背負えないのが難しいですね。でもその分、個人戦以上にがんばろうと思えるし、視聴者にとっても見応えのある勝負なのではないでしょうか。今期は9月6日から開始しています、是非応援してください!

格闘ゲームの大会観戦をより楽しむコツ!〝ライン〟の攻防を楽しむべし

格闘ゲームの読み合いを語るうえで欠かせないのが〝ライン〟という概念だ。相手と自分の中間地点を基準とした際の、おのおのの横方向における陣地の長さを指している。ラインを上げることで自分の陣地が広くなり、相手を揺さぶったり、相手の攻撃を避けたりする引き行動がより自由に使える。さらに相手を追いやり壁際まで運ぶと、よりダメージの高いコンボが狙える。いかに相手のラインを奪っていくかの攻防戦に注目だ。

●ニュートラルな状態

ニュートラルな状態

●〝ラインがある〟状態

〝ラインがある〟状態

ラインを上げるメリット

●ダメージの高いコンボを狙える
●自分のできる行動が増え、相手のできる行動が減る

取材・文/桑元康平

©CAPCOM CO., LTD.

DIME11月号の特集は「攻める節約と守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」「〝エンタメ〟ゴルフ入門」、スペシャル付録はドラえもん DRY BAG!

DIME11月号の特集は「値上げに負けない!攻める節約と守る投資」。特別付録は、キャンプ、BBQ、防災用、ジム、サウナ、さらに、エコバッグとしても使える10L大容量の「ドラえもん DRY BAG」です。IPX6相当の防水性能で、大事な荷物が雨や水しぶきで濡れるのを防いでくれるスグレモノ。密封性が高いので、湿ったり汚れたりした衣類などをしまうのも安心。雨が降りそうな日に自転車で移動する時にも便利です。

キャンプやジム、サウナといった時に重宝するほか、水の備蓄や停電時のランタンとしても使えるなど、ドラえもんの”ひみつ道具”みたいに便利なアイテム! 雑誌の付録とは思えないクオリティーの「ドラえもん DRY BAG」をぜひ、ご活用ください!

 

■最新号の大特集
不透明な時代を生き抜く賢いお金の増やし方を詳解
攻める節約 守る投資

●貯金は9割「米ドル」に回す
●GAFA株よりNTT株
●都心マンションより「ボロ戸建て」
●1日500円の仮想通貨積立
●副業で光熱費カット
●目からウロコの節税テク
●今すぐ解約すべき生命保険 and more!

■第2特集
DIMEがeスポーツに参入!?
注目のタイトル、選手、チーム、楽しみ方をプロゲーマー、実況者、人気声優がガチ解説!世界一詳しいeスポーツパーフェクトガイド

【Amazonで買う】

【セブンネットショッピングで買う】
https://7net.omni7.jp/detail/1237826508

@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。