小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人気タイトルは?注目チームは?ひと目でわかる日本国内のeスポーツチーム勢力図

2022.10.17

『VALORANT』

「eスポーツ」という言葉が日本で浸透し始めてまだ数年だが、すでに多くのゲームタイトルで大規模な大会が開催され、チーム発足も盛んになってきた。そこで、主要なタイトルや選手をジャンルごとに紹介。彼らの個性を把握できれば、観戦の楽しみがより広がるだろう。

日本人の活躍が期待できる世界大会が目白押し

 コロナ禍で急速に発展したeスポーツ観戦文化。現在、様々なジャンルのタイトルが人気を博している。

 2022年は『VALORANT』躍進の年となった。4月にZETA DIVISIONが世界大会「VCT 2022:Stage 1Masters」で3位という快挙を達成。認知度は爆発的に拡大し、5月の国内大会「VCT 2022:Japan Stage 2Challengers」決勝戦では、会場のさいたまスーパーアリーナに延べ2万6000人が来場した。8月末から開催される年間王者決定戦「VCT 2022 Champions」にZETA DIVISIONが日本代表として出場している。

『Apex Legends』はインフルエンサーとプロゲーマーの混成チーム大会が人気を集め、幅広い視聴者層を取り込んだ。一方でFnaticが世界大会「Apex Legends Global Series Championship」で世界4位となり、日本の実力の高さを見せつけている。

『ストリートファイターⅤ』の国内プロゲーマーは、現在チーム制のリーグ戦を主戦場としている。22年9月より「ストリートファイターリーグ:Pro-JP 2022」が開幕する。

 ここで挙げたものはほんの一部。この勢力図をきっかけに、ぜひお気に入りのタイトルを見つけてほしい。

FPS/TPS

FPS(First Person Shooter)はキャラクターの視点、TPS(Third Person Shooter)は後方視点で操作するシューティングゲーム。

VALORANT

APEX LEGENDS

PUBG MOBILE

FPS/TPS

格闘ゲーム

キャラクターを操作し、主に1対1形式で戦う。基本的なルールでは、相手にダメージを与え、体力ゲージをすべて減らしたプレイヤーの勝利となる。相手との間合いの取り合いや技の応酬といった駆け引き、相手の体力を大量に奪う派手なコンボ(複数の技を連続で当て続けること)などが見どころ。

ストリートファイターⅤ

鉄拳7

格闘ゲーム

MOBA

Multiplayer online battle arenaの略。5対5など2つのチームに分かれて戦い、相手陣営の本拠地を制圧したら勝利。

リーグ・オブ・レジェンド

スポーツ系

野球やサッカーなど、リアルで行なわれているスポーツのゲームも人気だ。観戦のハードルが低いのが強みといえる。

プロ野球スピリッツA

その他

パズルゲームやカードゲームをはじめ、様々なジャンルのゲームタイトルがeスポーツとして扱われている。今後ますます増えていくことだろう。

その他

今さら聞けないeスポーツに関する素朴な疑問

Q. そもそもeスポーツって何?

明確な定義は存在しないが、近年一般的なのが「人と人とが競い合うゲーム」というもの。ゲーム内にすでに競う仕組みがあるタイプ(格ゲーなど)もあれば、競技目的でないゲーム(RPGなど)でも〝プレイヤー同士でクリアタイムを競う〟のようにゲーム外で競技環境を整備すればeスポーツとみなすこともある。

取材・文/桑元康平

©2022 Riot Games, Inc. Used With Permission © 2022 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo, Respawn, ©2022 KRAFTON, Inc. © 2022, Epic Games, Inc. ©NetEase, Inc. © 2022 Ubisoft Entertainment. ©CAPCOM CO., LTD. ©Bandai Namco Entertainment Inc. © ARC SYSTEM WORKS ©SNK CORPORATION ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ©2021 Tencent. ©NPB ©Konami Digital Entertainment © 2023 Electronic Arts Inc. Official FIFA licensed product. ©SEGA © Cygames, Inc. ©Joker Studio of NetEase. ©XFLAG ©CyberZ ©2022 Blizzard Entertainment, Inc.

DIME11月号の特集は「攻める節約と守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」「〝エンタメ〟ゴルフ入門」、スペシャル付録はドラえもん DRY BAG!

DIME11月号の特集は「値上げに負けない!攻める節約と守る投資」。特別付録は、キャンプ、BBQ、防災用、ジム、サウナ、さらに、エコバッグとしても使える10L大容量の「ドラえもん DRY BAG」です。IPX6相当の防水性能で、大事な荷物が雨や水しぶきで濡れるのを防いでくれるスグレモノ。密封性が高いので、湿ったり汚れたりした衣類などをしまうのも安心。雨が降りそうな日に自転車で移動する時にも便利です。

キャンプやジム、サウナといった時に重宝するほか、水の備蓄や停電時のランタンとしても使えるなど、ドラえもんの”ひみつ道具”みたいに便利なアイテム! 雑誌の付録とは思えないクオリティーの「ドラえもん DRY BAG」をぜひ、ご活用ください!

 

■最新号の大特集
不透明な時代を生き抜く賢いお金の増やし方を詳解
攻める節約 守る投資

●貯金は9割「米ドル」に回す
●GAFA株よりNTT株
●都心マンションより「ボロ戸建て」
●1日500円の仮想通貨積立
●副業で光熱費カット
●目からウロコの節税テク
●今すぐ解約すべき生命保険 and more!

■第2特集
DIMEがeスポーツに参入!?
注目のタイトル、選手、チーム、楽しみ方をプロゲーマー、実況者、人気声優がガチ解説!世界一詳しいeスポーツパーフェクトガイド

【Amazonで買う】

【セブンネットショッピングで買う】
https://7net.omni7.jp/detail/1237826508

@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。