小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

効果を即実感!浸透力がスゴいパナソニックの第2世代スキンケアシェーバー「ラムダッシュ ES-MT22」

2022.09.24

角質層までの浸透スキンケアがさらに進化

男性のスキンケア市場は、主に10〜20代の若年層が牽引してきたといわれているが、30〜40代の30%以上が興味関心を示した調査結果が発表されるなど、近年は男性美容を取り巻く社会環境の変化を感じさせるようになってきた。

その一方で〝スキンケア無関心層〟が依然として同調査においても70%近く存在しており、「何を使って、どのようにケアをすればよいのかがわからない」ことが、その背景にあると言われている。

そんな中、パナソニック スキンケアシェーバーが2020年の発売開始以来、初のモデルチェンジを敢行。ラムダッシュ ES-MT22として発売された。

発売当時から「スキンケアもできるシェーバー」として話題を集めた初代スキンケアシェーバーだが、今回の新モデルでは、どのような機能が搭載され、何が変わったのか。

そして、その機能は〝スキンケア無関心層〟にも響くのか。

スキンケアシェーバーを使った1日のルーティンを中心にチェックしてみたい。

パナソニック スキンケアシェーバー ラムダッシュ ES-MT22

パワーコントロール/ラムダッシュAI(※1)(センシング約216回/秒)
ヘッド部/密着スイングヘッド、フロート刃機構
外刃 /ステンレス刃物鋼3枚刃
内刃 /30°鋭角ナノエッジ内刃
リニアモーター駆動/毎分約13,000ストローク
充電システム/ACアダプター、別売充電スタンド
洗浄/音波洗浄モード(※2)、本体まるごと清潔水洗い(※3)
防水/IPX7基準検査をクリア(※4)
本体サイズ/高さ178×幅65×奥行き55mm、約210g(キャップ除く)

※1 ヒゲの濃さや、シェーバーヘッド内部のヒゲクズによって、センサーが反応(駆動音の変化)しない場合がありますが、異常ではありません。
※2 音波領域内での振動
※3 ACアダプターは除く。
※4 水深1メートルに30分間水に浸けても有害な影響を生じる量の水の浸入がない。

スキンケアシェーバーの外観上の特徴としては、まずイオンの力を肌に伝えるイオンプレートの搭載が挙げられるだろう。このイオンプレートは使用目的に応じて、肌にあてる部分が異なっているので、後ほど詳しくリポートしていきたい。ちなみに素材は金属アレルギーに配慮したチタン製となっている。

スキンケアシェーバーを使ったルーティンケア

スキンケアができるシェーバーとして、9月に全面リニューアル発売されたパナソニックのスキンケアシェーバー ラムダッシュ ES-MT22。今回は、そんなスキンケアシェーバーを使った、1日のスキンケアパターンを紹介しよう。

朝〜化粧水成分を肌の角質層まで浸透させながらシェービング

朝は化粧水を使った化粧水シェービングからスタート。手順としては始めに手持ちの化粧水を肌に塗布。化粧水シェービングでは、乳液やクリーム、美容液、シートマスクは使用できない。

化粧水の塗布に続いて本体の電源ボタン、そしてIONレベルボタンをON。すると電源ボタン周囲の保湿ランプが点滅を始める。IONレベルボタンがOFFの場合、保湿ランプは点滅しないので注意したい。

保湿ランプが点滅から点灯に変われば準備完了。イオンプレートの天面を肌にあて、さらに本体背面のイオンパネルをしっかりグリップすることで、イオンの力によって化粧水の保湿成分が角質層に浸透していく。

ヘッドを動かす速さは1cmあたり約1秒が目安となる。

夜〜「スキンクリアモード」で透明感のある素肌へとリセット

帰宅して入浴後などには「スキンクリアモード」でケアを行ないたい。このモードでは、まずキャップに市販の化粧用コットンを取り付けて、化粧水を染み込ませる。

キャップに市販の化粧用コットンを装着

化粧水を十分に染み込ませる

続いてスキンケアシェーバーのIONボタンを2回押して、スキンクリアモードを起動する。電源ボタン周囲のスキンクリアランプが青緑に点灯すれば準備完了。

イオンの力で浮かせた皮脂や毛穴汚れ、古い角質などをコットンに吸着させて除去していく。

コットンはやさしく肌の汚れを拭き取るように動かす。ケア時間は3分が目安。

同社によれば本体の電源OFF時と比較して、皮脂などのよごれ除去量は1.3倍になるという(※)。

温感ボタンも装備。強・弱・切と切り替えられるので、好みや季節に応じた使い分けも可能だ。

※ コットンに化粧水を含ませてスキンクリアモード(イオンレベル:強、温感:高)を電源オンで使用した場合のコットンに付着したタンパク質量352μgと、コットンに化粧水を含ませてスキンクリアモードを電源オフにして使用した場合のコットンに付着したタンパク質量262μgの半顔での比較。パナソニック調べ。

就寝前〜「保湿モード」で保湿成分&ビタミンCを肌の角質層まで浸透スキンケア

スキンクリアモードで肌をリフレッシュした後は、「保湿モード」で、化粧品の保湿成分やビタミンCを手で塗るよりも効率的に角質層まで届けていく。

このモードは化粧品の保湿成分やビタミンCを手で塗るよりも効率的に角質層まで浸透させる、というもので、ヒアルロン酸は手塗りの1.7倍(※1)、ビタミンCは同じく1.3倍も浸透量がアップするという(※2)。

※1 角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5,000~10,000を使用した浸透量試験に基づく。パナソニック調べ。ヒアルロン酸水溶液を手で塗布後に保湿モード(イオンレベル: 強、温感:高)で使用した場合の浸透面積0.311平方mm/平方mmと、ヒアルロン酸水溶液を手で塗布しただけの場合の浸透面積0.146平方mm/平方mmの前腕での比較。同社調べ。
※2 ビタミンC水溶液を手で塗布後に保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で使用した場合の浸透量6.94μg/平方cmと、ビタミンC水溶液を手で塗布しただけの場合の浸透量5.09μg/平方cmの前腕での比較。パナソニック調べ。

使える化粧品は化粧水や乳液、美容液、クリーム、シートマスクなど幅広い(※)。これらの化粧品を肌に塗布して、スキンケアシェーバーのIONボタンを1回押して、保湿モードをONに。
※乳液・美容液・クリーム・シートマスクは、保湿モード使用時のみ。

事前に顔に化粧水や乳液を塗布。次に本体背面のイオンパネルを握りながら、プレートの正面を部分をやさしく肌にあてていく。ヘッドにキャップを装着するが、保湿モードではコットンは使用しない。

またIONボタンは1回押しとなり、ランプは白に点灯すれば準備完了。

今回の新型スキンケアシェーバーでは、電流の向きを4分の1秒ごとに切り替えることで、従来の電気浸透流に加え、マイナス電荷物質も角質層まで浸透させることが可能になったという。

このようにスキンケアシェーバーが1台あれば、シェービングから皮脂や毛穴ケア、そして保湿ケアまでが手軽にかなうというわけだ。

シェーバーとしての機能も充実、スキンケアまでONE STOPで

ここまでチェックしてきたように優れたケア機能を持つスキンケアシェーバーだが、シェーバーとしての機能も、もちろん充実。

まずヘッドには深剃り刃×2、トリマー刃×1で構成されるラムダッシュ独自の3枚刃システムを採用。これを毎分約1万3000ストロークを実現した高速リニアモーターで駆動させることで、とらえたヒゲは逃さずカットしていく。しかも、お風呂剃りにも対応している。

その一方で、肌に過剰な負担をかけないように、ラムダッシュAIも搭載。これは毎秒約216回の高精度センシングにより、ヒゲの濃淡を検知。その状態に最適なパワーで、肌にやさしく剃り上げていくのだ。

このようにスキンケアシェーバーがあれば、日々のシェービングから毛穴や皮脂汚れのケア、さらに保湿ケアまでをシームレスで行なうことが可能になる。

これぞオトコの新スキンケア習慣と言えるだろう。

関連情報

https://panasonic.jp/shaver/products/lamdash_wet.html

撮影/末安善之
構成/清水眞希


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。