小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

相談内容も変化、産業医の6割以上が「コロナ前と比べて相談件数が増加」

2022.09.21

職場の健康を担う産業医。日々労働者の健康状態を診る彼・彼女らは、コロナ前後でどのような変化を感じ取っているのだろうか?

メンタルヘルステクノロジーズはこのほど、コロナ前後の変化について意識調査を実施。その結果を発表した。

63.2%がコロナ前より相談件数が「増加した」と回答

「Q1.コロナ以前(2020年2月前)と現在を比較し、産業医として相談を受ける件数に変化はありましたか。」(n=106)と質問したところ、「非常に増加した」が24.5%、「やや増加した」が38.7%という結果になった。

相談件数、「コロナ前対比120%~150%程度増」が約7割

Q1で「非常に増加した」「やや増加した」と回答した人に、「Q2.相談件数はどのくらい増加しましたか。」(n=67)と質問したところ、「コロナ前対比120%程度」が19.4%、「コロナ前対比150%程度」が46.3%という結果になった。

コロナ以前と現在を比較して、56.6%が相談内容の変化を実感

「Q3.コロナ以前(2020年2月前)と現在を比較し、産業医として相談を受ける内容に変化はありましたか。」(n=106)と質問したところ、「非常に変化があった」が23.6%、「やや変化があった」が33.0%という結果になった。

「心の変化」や「コロナ関連」の相談が増加

Q3で「非常に変化があった」「やや変化があった」と回答した人に、「Q4.具体的にどのような変化があったか、教えてください。(自由回答)」(n=60)と質問したところ、「心の変化に対する相談が多くなった」や「家庭や職場でのコロナ患者のケアの相談が多い。」など45の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・56歳:心の変化に対する相談が多くなった。
・47歳:少しでも不調があればコロナを疑い相談に来る方が増えた。
・58歳:家庭や職場でのコロナ患者のケアの相談が多い。
・41歳:発熱程度の症状での相談。
・54歳:感染対策や濃厚接触者への対応。
・58歳:うつ状態の相談が増えた。

相談を受ける内容TOP3、「長時間労働者への面接指導」「復職者との面談」「感染症予防・テレワークに関する相談」

「Q5.現在、産業医として相談を受ける内容で多いもの上位3つを教えてください。(上位3つ選択) 」(n=106)と質問したところ、「長時間労働者への面接指導」が45.3%、「復職者との面談」が33.0%、「感染症予防・テレワークに関する相談」が32.1%という結果になった。

産業医が感じている課題1位は「人事業務の負担増による人事との密な連携が難しい」

「Q6.産業医として仕事をする中で、課題に感じていることがあれば教えてください。(複数回答) 」 (n=106)と質問したところ、「人事業務の負担増による人事との密な連携が難しい」が31.1%、「1社に割く時間があまりない」が27.4%、「テレワークに対応する知見がない」が26.4%という結果になった。

産業医として仕事をする中で、「時間外勤務が多い」や「コンプライアンスが徹底できない」なども課題と感じてる声

「Q7.産業医として仕事をする中で、課題に感じていることがQ6で回答したもの以外にあれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=106)と質問したところ、「労働者の時間外勤務が多い」や「コンプライアンスが徹底できない」など42の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・48歳:時間外勤務が多い。
・54歳:コンプライアンスが徹底できない。
・58歳:守秘義務厳守は容易でない。
・47歳:オンラインでのフォローがしづらい。
・45歳:業務の削減。
・40歳:個別に対応する時間がなかなか取れない。
・56歳:時間的に余裕がない。

産業医に求められる役割、「休職復職の社員との相談」が45.3%で最多

「Q8.今後、産業医に求められてくる役割はどのようなものだと思いますか。当てはまるものを教えてください。(複数回答)」(n=106)と質問したところ、「休職復職の社員との相談」が45.3%、「テレワークのための組織的なメンタルヘルスケア体制」が42.5%、「健康経営のための体制構築」が42.5%という結果になった。

「ストレスマネージメント」や「休職者のケア」などの役割も

Q8で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q9.今後、産業医に求められてくる役割がQ9で回答した以外にあれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=92)と質問したところ、「ストレスマネージメント」や「休職者のケア」など33の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・36歳:ストレスマネージメント。
・58歳:休職者のケア。
・62歳:社会への貢献度。
・54歳:法令に関する知識。
・38歳:感染予防対策。
・38歳:時間の確保。
・40歳:雇われでの多目的な業務。

<調査概要>
調査概要:産業医のコロナ前後の変化に関する調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
調査期間:2022年7月12日〜同年7月13日
有効回答:産業医106名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはならない。

出典元:株式会社メンタルヘルステクノロジーズ

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。