小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

贈り物におすすめ!標的を狙う「ゴルゴ13」をモチーフにしたSWANKのピンバッジとタイピン

2022.09.19

[SWANK]ゴルゴ13 ピンバッジ・タイピン

上からピンバッジ・タイピン 銀古美、ピンバッジ・タイピン メッキ加工
【ピンバッジ・タイピン 銀古美加工】
アンティークの装飾品を思わせる、燻したような銀古美加工仕上げ。
【ピンバッジ・タイピン メッキ加工】
別名「ブラックライフル」と呼ばれるM16を黒く塗装したメッキ加工。

 国籍不明、経歴不明。その男は「デューク・東郷」と呼ばれるが、これも本名であるかは不明。職業は世界を股にかけて暗躍するスナイパーであり、われわれは彼を「ゴルゴ13」と呼んでいる。

写真=ピンバッジ

写真=タイピン
それぞれの裏側にはゴルゴ13の刻印が入る。

 1968年11月から小学館『ビッグコミック』にて連載を開始し、現在もそれは継続中。単一漫画シリーズとしては世界一となる205巻のコミックスを刊行している。そんなハードボイルド劇画の金字塔『ゴルゴ13』のピンバッジとタイピンがニューヨークのアクセサリーブランド「SWANK」とのコラボにより、ついに完成した。

 デザインはゴルゴ13の狙撃シーンを、平面ではなく立体的に表現。愛銃アーマライトM16を構えるゴルゴ13の鋭い目つきと、ソリッドで重厚感を味わえるM16の造形は、原作ファンも納得の仕上がりだ。

写真=ピンバッジ 銀古美加工
原作のワンシーンを切り取ったようなタイピンとピンバッジの装着例。ビジネスの場でもユーモアが必要だ。

 製作した「SWANK」は1897年にアメリカ・マサチューセッツ州のアトルボロで創業した装飾品ブランド。アンティーク調がお好みの方は銀古美加工、シルバーとブラックの対比によるトイ感が好きならメッキ加工をチョイス。胸元にスナイパーを潜ませるしゃれの利いた装いを楽しんでほしい。

写真=タイピン メッキ加工
原作のワンシーンを切り取ったようなタイピンとピンバッジの装着例。ビジネスの場でもユーモアが必要だ。

写真=銀古美加工
特徴的な太い眉毛に短髪、「剃刀の刃」と比喩されることもあるほど鋭い目つき。「ゴルゴ13」こと、デューク・東郷の狙撃の瞬間を真鍮で精巧に再現した。

写真=銀古美加工
特徴的な太い眉毛に短髪、「剃刀の刃」と比喩されることもあるほど鋭い目つき。「ゴルゴ13」こと、デューク・東郷の狙撃の瞬間を真鍮で精巧に再現した。

ニューヨークの装飾品ブランド「SWANK」とのコラボであることを証明する特製ボックス。

愛銃「M16」を携え、標的を狙うデューク・東郷の狙撃シーン(第335話「天使と悪魔の“腕”」より)。作品ではおなじみのシーンをモチーフにピンバッジとタイピンを製作した。

1968年に小学館『ビッグコミック』で連載を開始し、現在も連載中。リイド社発売の単行本(SPコミックス)は単一漫画シリーズとしては世界一の発行巻数でギネスブックに認定。シリーズ累計発行部数は3億部を超える。
©さいとう・たかを/さいとう・プロダクション/小学館

AmazonPay

[『大人の逸品』×SWANK]
ゴルゴ13 ピンバッジ・タイピン 3,850円

縦1.8×横5×厚さ(留め具除く)0.3cm、約13g(タイピン)。真鍮(銀古美メッキ、ニッケルメッキ)。日本製。

©さいとう・たかを/さいとう・プロダクション/小学館

■関連情報はこちら

文/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。