小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「自動○○」に要注意!クルマを選ぶ時に気をつけたい安全装備の話

2022.09.16

自動運転や自動ブレーキなど「自動○○」という言葉をCMやニュースなどで見聞きしたり、「サポカー限定免許」の登場によって「自動○○」が付いているから安心と考えたりすることがあるでしょう。しかし、この「自動○○」という言葉には注意しなければなりません。現在、多くの車に装備されている「自動○○」などの安全機能は、完全に自動とは言えないシステムです。今回は、よく見たり聞いたりする車の「自動○○」の本当の意味を解説します。

「自動○○」は完全自動ではない!よく聞く言葉には要注意!

車のCMやカタログ、ウェブサイトなどで目にする「自動○○」などの安全機能の多くは、完全自動のシステムではないことがほとんどです。つまり、ドライバーなどが監視することなく車が自動で運転してくれるものではないということです。

安全システムが搭載されている車のウェブサイトやカタログなどをよく見ると、「機能には限界があります」や「システムを過信せず、運転者は常に自らの責任で周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください」などの注意書きがされています。このことからも、多くの車に装備される「自動○○」などの安全システムは、あくまでもサポート機能だといえるでしょう。

現在、日本国内で販売されている車に装備される「自動○○」などの安全装置の多くは、国土交通省が公表している「自動運転レベル」の「レベル2」に該当するものです。自動運転レベル2までは、ドライバーの監視が必要で、運転操作の主体が運転者(ドライバー)となります。

では、国土交通省や政府が公表している「自動運転レベル」は、どのように分類されているのでしょうか。

国土交通省や政府が公表している「自動運転レベル」とは?

国土交通省や政府が公表している「自動運転レベル」は、レベル0〜レベル5までの6段階に分類されています。

レベル0は、運転支援システムや自動運転装置などが装備されていない車です。レベル5は、すべての運転操作をシステムが行う完全自動運転車となります。

ここでポイントとなるのは、運転操作の主体が「運転者(ドライバー)」なのか「システム(自動運転装置)」なのかということです。

国土交通省の資料によると、レベル2までは運転の主体が「運転者(ドライバー)」で、レベル3以上は運転の主体が「システム(自動運転装置)」となっています。つまり、レベル3以上かどうかが自動運転と呼べるかどうかの分かれ目になるということです。

国土交通省や政府が公開している自動運転レベルをまとめると、次のとおりとなります。

【自動運転レベル】

■レベル0:ドライバーが主体(ドライバーがすべての運転操作をする)
■レベル1:ドライバーが主体(システムがアクセル・ブレーキ・ハンドルのどれかをドライバーの監視下で部分的に行う)
■レベル2:ドライバーが主体(システムが部分的にアクセル・ブレーキ・ハンドルなど、複数の操作をドライバーの監視下で行う)
■レベル3:システムが主体だがドライバーの監視が必要(システムが運転操作のすべてを特定の条件下で行うが作動継続が困難な場合はドライバーが運転操作をする)
■レベル4:システムが主体(特定の条件下において完全自動運転)
■レベル5:システムが主体(常にシステムが運転操作を行う完全自動運転)
※「特定の条件下」とは、場所、天候、速度など自動運転装置が作動できる条件や環境が揃っている場合のこと。

日本国内で販売されている車に装備される安全装置の多くは、自動運転レベル2に該当するものです。自動運転レベル2には、高速道路の合流・分岐を自動で行うことや自動でウインカーを出して追い越すといった内容も含まれています。つまり、2022年9月時点において、「自動○○」などと記載されている車の多くは、ドライバーの運転を支援する自動運転レベル2となるのです。

ただし、自動運転レベル3以上の車が実在しないわけではありません。2020年11月には、ホンダ レジェンドが自動運転レベル3の自動運転装置を備えた車として型式指定されました。また、閉鎖された空間や限定された場所、交通環境が整備された地域の一部などでは、自動運転レベル3以上の車の実証実験が行われています。

このように自動運転の実現に向けた動きはあるものの、2022年9月時点で販売されている車の多くは、自動運転レベル2の運転支援システムに留まっているのが実情です。

車を選ぶときは「自動○○」が付いているから必ずしも安全・安心とは言えない

車を選ぶとき「自動○○が付いているから安心」などを見聞きすると、車が自動で何とかしてくれると思ってしまうことがあるでしょう。しかし、日本国内で出回っている車に装備される「自動○○」などのシステムの多くは、自動運転レベル2に該当する支援機能です。車を選ぶときは、その車に装備される装置の自動運転レベルをユーザー自身が把握して使うことが大切だといえるでしょう。

取材・文/齊藤優太


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。