小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

物価高騰や長引くコロナ禍で注目される消費行動「換え活」の実態

2022.09.14

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

2人に1人が意識する最新消費トレンド「換え活」とは?

長引くコロナ禍、ウクライナ情勢や気候変動、円安などの影響による物価高騰と、ここ数年で価値観や環境が大きく変化している。デジタルマーケティング事業を行なうタイムカレントでは個人の消費やライフタイルの変化を調査するため、今年6月に全国の20~69歳、1000名を対象に「消費・ライフスタイルに関する調査」を実施した。

「商品やサービスなどの選び方を変えたり、変えたいと思った」と回答したのは52.1%と過半数を超えた。回答した理由については、「ライフスタイルに適したものを考えるようになって」34.4%、「充実した毎日を過ごしたいから」31.1%、「自分の価値観・倫理観の変化に合わせて」28.8%となり、より良い商品やサービスへの乗り換えで、自分らしいライフスタイルに変えたいという傾向が見えてきた。

円安や物価高騰、エシカル消費の浸透、さらにアフターコロナに向けて、今置かれている日本の状況を背景に、消費者の商品を選ぶ軸が大きく変化していると指摘するのは、「換え活」の提唱者である経営評論家の坂口孝則氏だ。

「換え活とは自分らしい生活、ライフスタイルを求めるために、日々の買い物や支出を見直すこと。人気がある、コスパがよい、自慢できる、といった志向から、SDGsやタイムパフォーマンスなど、より良い社会や生き方を求める傾向への変容です。

コロナ禍以降、自分の生活の見直しを考える人も増えています。円安、物価高騰にある中でも、日本ではなかなか給与が上がりません。だらだらと使い続けず少し立ち止まり、この支出が本当に必要なのか考えてみようというのが換え活です。

今回の調査からも、レジャー・趣味、お金の使い方や人間関係等、本当に自分に必要なものを見極めていく動きが顕著になっていることがわかりました。単に安いものに換えるというのではなく、自分の好み、より良い社会につながるような消費活動が換え活なのです。

毎月の支出のうち6割は家賃、保険、習い事、サブスクなど以前から無意識に使い続けているものです。まずそこを見直すことも換え活の第一歩。スマートフォンは自分の使い方に合わせて格安スマホ、SIMに換える、電力会社も自分が賛同できる会社に換える、ガソリン車をEVに換える、医薬品をジェネリックに換えるなど、自分だけでなく社会がより良くなるような消費活動を意識することが換え活です。無意識に使っていたお金を、意識的に自分のため、社会のためにと考えるきっかけにしてほしいですね」(坂口氏)

9月1日に開設された「換え活スタイルラボ」は、消費を見つめ直し、より良い商品・サービスへの乗り換えを実践することで、より自分らしいライフスタイルに変えていく換え活に関するコンテンツを提供するポータルサイト。

様々なカテゴリの換え活から、参画しているパートナー企業の実際の取り組みや、消費者の換え活体験も紹介されている。

2児の母として、育児・家事とタレント活動を両立させながら、ピラティス講師としても活動している優木まおみ氏も換え活を実践しているひとり。

「換え活には正解が無く、人によってそれぞれ違います。自分にとって良いものを選ぶことなのだと思います。その結果、消費者から選ばれる企業もあれば、淘汰される企業もあるかもしれません。選ばれる企業になるには会社の利益だけでなく、地球環境や社会のために役立つことを経営に取り入れる企業努力が必要となってくると思います。

私自身、コロナ禍で在宅時間が増えたときに、携帯電話やサブスク、電気会社などを見直しましたが、手続きが面倒で何日もかかりました。換え活を始めたいと思っても、煩雑な手続きや、時間がないということがネックになってしまうかもしれません。

最近はスーパーで買い物していると、かなりの品物の値段が上がっていると実感します。余計なものを買って冷蔵庫の中で腐らせない、もしかしたら要るかも?という不確定なものを減らすことを心掛けています。

最近よく利用するのがネットスーパー。ネットだと購入履歴が残るので必要なものがわかりますが、リアルの店舗だと履歴が残らないため、ついお菓子など買ってしまいます。本当に必要なものを仕事の合間に注文して、家に帰る頃に届くようにしておくと、無駄な買い物も少なくなり、買い物の時間も短縮できます」(優木氏)

換え活は自身のライフスタイルに適したもの、価値観や倫理観の変化に合わせたものを選ぶという、良い商品・サービスへの乗り換えだが、「節約」という視点からも換え活を推奨できると坂口氏は話す。

「換え活、節約が進まないという人の共通点が、『自分の支出がわかっていない』こと。自分、もしくは家族が入っているサブスクや保険を把握できていない人も多くいます。知る、見える化することが換え活にとっては重要で、今の自分にはそぐわないから違う商品はないだろうかと探すきっかけにもなります。

値上げラッシュが続き、一般的な家庭で、1年間でおおよそ6~7万円の家計費が上昇すると見込まれています。上昇分を換え活で見直すことは良いきっかけとなるかもしれません。例えば食費に関して、日本の食卓は献立の数が多く、毎日買い物する人もいます。まとめ買いの多い欧米と比べると1回に購入する量が少なく割高になってしまうのです。同じ食材でも調理法を変える、作り置きをするなど工夫すればまとめ買いも可能なので、食に対する考え方を変えるのも換え活になります」(坂口氏)

「換え活」に役立つ商品やサービスも登場

タイムカレントの調査で「選び方を変えたいと思ったもの」では、レンタカーなどに代表される「レンタル系サービス」「シェアリングサービス」や、「駐車場代」「自動車保険」がランクイン。暮らしに直結する要素にも関わらず、変え方の難しさや変更にかかる手間などが起因するためか、自動車関連に関しては手つかずの人が多いことが判明した。

「保険は日常的に利用するものではなく、なんとなく昔から同じ保険を使っている、変えるのは億劫という方が多いことから、家計を圧迫する代表例になっているのではないかと思います。しかし、自動車保険を見直そうと思っても、難しくてわからないという漠然とした不安があるのも事実。家計に優しいというのは必要ですが、手続きが簡単にできること、当然のことながら事故に遭ったときに、大事な人生、財産を守る強さがあることも必要となります」(三井ダイレクト損害保険株式会社 マーケティング部 つよやさ推進室室長 林健太郎氏)

三井ダイレクト損保では、ライフスタイルに合わせて、自ら選んで納得感のあるリーズナブルな新商品『強くてやさしいクルマの保険』を発売。Web上に設置する「カンタン見積り機能」、フルサポートを行う「コンシェルジュ」で、ネット型自動車保険の難しさを解消して、換え活のハードルを下げている。

換え活するうえで大切な「支出の見える化」に関しては資産管理アプリの活用もおすすめ。

家計簿・資産管理アプリ利用率ナンバー1の「マネーフォワード」は、家計アプリをはじめ、様々なお金の課題と向き合うサポートを提供している。

「毎月自分がどのくらい使っているのかわかるサービスが『マネーフォワード ME』という資産管理アプリ。銀行口座やクレジットカードを紐づけることで、WEB上やアプリ上で、自動で家計簿を作成できます。グラフを使って効率的に家計の見える化ができるので、支出でどこに無駄があるのかすぐに把握でき、タイムパフォーマンスの面でもポジティブに変えていくことができます。紙の家計簿やソフトを使った家計簿では時間がかかってしまうという方にぜひ活用していただきたいサービスです」(マネーフォワード コーポレートコミュニケーション室 広報部 森谷有希氏)

マネーフォワードには「固定費の見直し」というサービスもあり、生命保険料、通信費などの固定費の削減が可能か診断でき、生活に合った家計改善を目指すことができる。

【AJの読み】「換え活」は生活防衛のためでも、地球環境を守るためでもOK

質の良いものを必要だけ購入しシンプルな生活を心掛ける「丁寧な暮らし」をする人は、以前から一定数いたが、コロナ禍以降、こうした価値観の変化を感じる人が増えた気がする。一方で、家計のことを考えると“意識高い系”の暮らしは難しいと感じる人も多い。

モノの値段がどんどん上がっていく中で、節約できるところはしたいという生活防衛でも、環境にやさしいエシカルな製品に乗り換えたいという理由でもOKの「換え活」。動機には捉われず、変えていこうという意識が芽生えたら実践する、ライフスタイルの転換だといえる。

文/阿部純子


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。