小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

チタニウムケースの「Apple Watch Ultra」、ノイキャン性能2倍の新型「AirPods Pro」、アップル新製品の注目アイテムをおさらい

2022.09.10

2022年9月8日に開催された「Appleイベント」は、最新モデル「iPhone 14」シリーズの登場と共に、Apple Watchの最新作と、次世代のAirPods Proが紹介され、大盛況となりました。

そこで、新シリーズ〝Ultra〟を加え登場した最新のApple Watchと、大人気完全ワイヤレスイヤホンの次世代モデルAirPods Proの新機能や進化ポイントをご紹介します。

「Apple Watch Series 8」「Apple Watch SE」「Apple Watch Ultra」の3モデルの注目ポイント

シリーズ最新世代となる「Apple Watch Series 8」、安価と高性能で人気の「Apple Watch SE」に加え、新たに大画面ディスプレイや長時間バッテリー、チタニウムケースなどの高い耐久性を備えたまったく新しいApple Watch、「Apple Watch Ultra」の3モデルが今回のイベントで登場しました。

3モデル共通で、Appleイベント開催時点より予約を開始、発売はApple Watch Series 8、Apple Watch SEが9月16日、Apple Watch Ultraは9月23日を予定しています。

低電力モードで最大36時間連続駆動に対応した「Apple Watch Series 8」

「Apple Watch Series 8」は本体背面に1つ、ディスプレイ下に1つと2つのセンサーを搭載することで、皮膚温測定の精度が向上。睡眠中には5秒ごとに手首の皮膚温を測定し、0.1℃の変化まで測定できるようになっています。

バッテリー駆動時間は18時間にまで伸び、1日通しての外出でも安心して利用できるようになりました。また、最大1000ニトの常時表示Retinaディスプレイや、ワークアウトの自動開始機能などを停止、または制限する「低電力モード」に設定した場合には、最大で36時間の駆動時間が確保されています。

新機能としては、同イベントにて登場したiPhone 14シリーズと同じく、自動車運転時の衝突事故検出機能を搭載しました。これは、自動車で重大な衝突事故を検出した際に、10秒間ユーザーの反応がない場合は、自動的に緊急通報に電話を発信する機能。この場合、ユーザーの位置情報も同時に送信されるため、有事の際に役立つ機能となっています。

また、2022年秋の後半より実装される機能として、Apple Watchでの国際ローミングに対応予定。追加料金は契約キャリアによって異なりますが、海外旅行中でも、携帯電話回線に接続可能となります。

国際ローミング対応予定のキャリア。ソフトバンクの名前も確認できる。

ケースの素材は従来通り、アルミニウムケースかステンレススチールケースにて選択可能。アルミニウムケースはスターライト、ミッドナイト、シルバー、(PRODUCT)REDの4色展開、ステンレススチールケースは、シルバー、グラファイト、ゴールドの3色展開となります。ケースのサイズは、41mmと45mmの2モデルです。

執筆時点にて予約を受け付け中、発売は2022年9月16日(金)を予定しています。Apple Storeでの販売価格は、5万9800円からとなります。また、Apple Watch Series 8でも、エルメスモデルが選択できます。

「Apple Watch SE」はハイエンドモデルとS8 SiPチップ、W3チップを搭載しながら3万7800円より購入可能

「Apple Watch SE」は「S8 SiPデュアルコアプロセッサ」を搭載し、廉価モデルながら高性能。前世代のApple Watch SEに比較すると、20%高速になっています。

機能面を見ても、Apple Watch Series 8にて実装される、衝突事故検出機能を搭載。国際ローミング機能にも、対応予定となっています。

ケースはアルミニウムケースの1モデルのみ、本体カラーはミッドナイト、スターライト、シルバーの3色展開となります。ケースサイズは、40mmと44mmの2モデルが用意されています。

こちらも執筆時点で予約受け付け中、発売日は2022年9月16日(金)予定です。

49mmの大型ケースを搭載したタフネスモデル「Apple Watch Ultra」が新登場!

Apple Watchシリーズの新たにラインアップする、タフネスモデルの「Apple Watch Ultra」。49mmのチタニウムケース、フラットなサファイア前面クリスタルを採用した、高級感あふれる製品です。

Apple Watch Ultraは、任意のショートカットが設定できる「アクションボタン」を新たに配置。デジタルクラウンとサイドボタンも、手袋をしたまま操作がしやすいように、飛び出すような形状へと変更されています。

ディスプレイは401×502ピクセルで、明るさがほかのApple Watchの2倍相当となる最大2000ニトに対応。iPhone 14 Proシリーズと同様のピーク輝度となっており、屋外での視認性にも期待ができます。また、文字盤を赤字のみで表示する、ナイトモードにも対応しています。

搭載スピーカーは2基、マイクは3基となっており、緊急時には、最大180m先まで響くサイレンが鳴らせるとのこと。加えて、GPSアンテナは2つの周波数に対応することで、位置情報をより正確に測定できるようになっています。

ダイバー向けの機能も拡充されており、水深40mまで測定が可能。ダイビング中には、水深や海面の温度が常にディスプレイに表示され、減圧限界や、浮上速度に関する警告も届くようになっています。

また、最大36時間駆動が可能なロングバッテリーを搭載しているのもポイント。2022年秋の後半より配信予定のアップデートを施すと、低電力モードにて最大60時間まで使用できるようになります。

Apple Storeでの販売価格は12万4800円で、予約受け付け中。発売は2022年9月23日(金)を予定しています。なお、Apple Watch Ultraには、GPSモデルがなく、すべてGPS+Cellularモデルとなっています。

完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」はノイズキャンセリング性能が2倍に!

完全ワイヤレスイヤホンのハイエンドシリーズ「AirPods Pro」の第2世代モデルが登場。最新モデルは、前世代と比較してノイズキャンセリング性能が2倍に向上し、また、通過する車のサイレン、工事の音、コンサートでの大音量スピーカーなどの大きな周囲のノイズを抑える、「適応型環境音除去」機能も新たに搭載しています。

デザインは一見変わっていないようですが、マイクの位置など最適化されています。また、これまで通りスティック部分をつまむことで再生や一時停止といった操作ができるのに加え、「タッチコントロール」によりスティックをスワイプすることで音量の調節ができるようになっています。

搭載チップは、新設計の「Apple H2ヘッドフォンチップ」で、アクティブノイズキャンセリング性能を高めるほか、空間オーディオといった機能をサポート。バッテリーはイヤホン単体で6時間(アクティブノイズキャンセリングON時)、ケース併用で最大30時間をサポートしています。

細かな変更点ですが、同梱されるイヤーピースはS、M、Lの3サイズに加え、新たにXSサイズが用意されています。また、充電ケースも刷新されており、接続したiPhoneからケースの場所を特定できるようになります。従来通り、Lightningケーブル、Qi規格のワイヤレス充電、MagSafe充電器に加え、Apple Watchの充電器でも充電できるようになっています。

予約開始は2022年9月9日(金)、発売は9月23日(金)を予定しています。Apple Storeでの販売価格は、3万9800円となります。

取材・文/佐藤文彦


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。