小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone 14はminiが無くなる代わりにPlusが復活か?

2022.09.06

アップルが9月7日(日本時間では8日午前2時~)に実施するイベントでは、一体何が発表されるのか。SNSなどで飛び交う噂話や、これまでに明らかになっている情報から予想してみよう。

『iPhone 14』ではminiがない代わりにPlusが復活?

まず確実視されているのが、例年この時期に発表されている『iPhone』の最新モデルだ。これまでの流れに則れば、新製品は『iPhone 14』シリーズのはず。例年通りスタンダードな『iPhone 14』と、ハイエンドの『iPhone 14 Pro』、大画面の『iPhone 14 Pro Max』の登場が見込まれている。

一方でコンパクトな『iPhone 13 mini』の後継機種は、出ないという見方が大半だ。miniシリーズは『iPhone 12 mini』のリリース直後から販売不振が言われていて、実は『iPhone 13 mini』の登場も危ぶまれていたほど。その後、販売状況が好転したという話も聞かないので、ラインナップから外されてしまったとしても不思議ではない。逆にスタンダードな『iPhone 14』にも大画面モデルが追加されるという話があり、こちらは「Max」ではなく、『iPhone 8』シリーズまであった「Plus」になるのではとも言われている。

スタンダードモデルとプロモデルでおそらく構成は異なるだろうが、チップセットが「A16 Bionic」にアップデートされるほか、Proシリーズには前モデル同様、120Hzのリフレッシュレートに対応する「ProMotionディスプレイ」の採用が期待される。さらにリフレッシュレートをコントロールすることで、省電力性能を維持しながら、「時計やウィジェットの常時表示が可能になる」という噂も飛び交っている。すでに発表されている「iOS 16」のプレビュー版では、ロック画面のカスタマイズができるようになっていることから、常時表示で見たい情報をいつでも「チラ見」できるようになる……というのはあり得る話だ。

またディスプレイ周りでもうひとつ気になるのが、ノッチに関する噂。見渡してみると他メーカーのハイエンドモデルでは、フロントカメラを切り欠き型ではなく穴開き型で、ディスプレイ内に小さく配置するデザインが主流になっている。『iPhone 14』シリーズでも同様に、狭額縁かつ穴開き型が採用されるのでは?というわけだ。『iPhone』は2年に1度のサイクルでデザインを大きく変えていて、今回がそのタイミングにあたることも、噂に信憑性をもたらしている。

ただ『iPhone X』以降の機種では、生体認証に顔認証の「Face ID」が採用されていて、顔を立体的に読み取る「TrueDepth カメラ」の実現のために、複数のセンサーが搭載されてきた。ノッチが大きいのもこのためだが、穴開き型となった場合にこれらのセンサーがどうなるのかも気になるところ。長らく噂のある、画面内指紋認証による「Touch ID」の復活はあるかとあわせて、注目したいポイントのひとつと言える。

 

Apple Watchにプロフェッショナルモデルが登場する?

今回、『iPhone 14』シリーズともに発表が期待されているのが、『Apple Watch』の最新モデル『Apple Watch Series 8』だ。スマートウォッチ市場では依然『Apple Watch』がトップを走っているものの、今秋にはGoogleも『Google Pixel Watch』の発売を予定しているなど、競争環境は厳しくなっている。中国メーカーなどの低価格モデルが台頭する一方、ランナーやハイカーなどアスリートに特化した本格モデルも人気を集めていることから、今回これらに対抗する新しいモデルが登場するという噂もある。ひとつは『Apple Watch SE』の後継機種の発売。もうひとつはアスリート向けのプロフェッショナルモデルの追加だ。

現在発売中の『Apple Watch SE』は2020年9月に登場しているので、2年後の今秋に新機種が投入されるというのは、『iPhone SE』の発売サイクルと照らしあわせても矛盾がない。一方のプロフェッショナルモデルも、前述のような競争環境を考えれば、納得できるもの。すでに発表されている「watchOS 9」のプレビュー版で、ワークアウト機能が大幅に強化されていることも、本格的なトレーニングがしたいアスリートのニーズに合致する。アップルはこれまでにもナイキとのコラボレーションモデルを発売しているが、新モデルでも同様のコラボレーションがあるのかも気になるところだ。

『Apple Watch Series 8』には、チップセットのアップデートのほか、皮膚温など新たなセンサー搭載の噂もある。「watchOS 9」では睡眠ステージの記録や服薬の管理など、より自分の健康を管理できる機能が強化されているが、そこに体温が加われば、さらに健康管理に役立つことは間違いない。もし『Apple Watch』を着けて寝るだけで、毎朝の基礎体温が記録できるなんてことになったら、女性ユーザーが激増するのではないだろうか。

ご存じのように、アップルのイベントの案内状には、毎回発表内容を示唆する何らかのヒントが隠されている。今回の案内状には書かれていたのが「超えよう。(英文ではFar Out.)」というキーワードと、宇宙を思わせるイメージだったことから、新しい『iPhone』では衛星通信がサポートされるのでは?という見方も出ている。また気になるのが、新製品の販売価格。インフレを反映して全体に例年より高くなるという噂もあり、さらに日本では円安の影響も避けられない。手が届く価格であることを願うばかりだ。

いずれにしても、こうした噂の正否が明らかになるまで、あとほんの少し。想像を膨らませながら、楽しみに待ちたい。

取材・文/太田百合子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。