小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

環境への負荷を踏まえた経済成長率を示す「グリーンGDP」が重要視される理由

2022.09.05

脱炭素社会の実現に向け、環境と経済の関係を「見える化」することが重要な課題となっており、今年発表された骨太の方針2022では『グリーンGDP』等の研究・整備が進められることになった。

そして、8月5日には内閣府が温室効果ガスの排出等経済活動による環境への負荷を踏まえた経済成長率を示す『グリーンGDP』という新しい指標の試算を初めて公表した。

そんな『グリーンGDP』に関するマーケットレポートがこのほど、三井住友DSアセットマネジメントより公開された。

温室効果ガスの排出増減を経済成長率にプラス/マイナスして評価

今回の内閣府の発表に先んじて、2012年には国連が「環境経済勘定体系」という国際基準を採択し、2018年には経済開発協力機構(OECD)が「汚染調整済経済成長率」を提案している。

「汚染調整済経済成長率」は、温室効果ガスや大気汚染物質の削減努力を経済成長率にプラス評価するという指標だ。1991年~2013年の平均では、ドイツをはじめ欧州を中心に従来の経済成長率にプラスの評価となった。一方、インドや中国等は温室効果ガスの排出増が経済成長率にマイナスで反映された。

『グリーンGDP』では日本の経済成長率はプラス評価に

内閣府が発表した『グリーンGDP』は、「汚染調整済経済成長率」に相当する。1995年~2020年の平均では、従来の経済成長率の0.57%に汚染削減調整項が0.47%としてプラス評価され、『グリーンGDP』は1.04%となった。

汚染削減調整項の0.47%の内訳を見ると、メタンの排出削減が0.29%と寄与が大きくなった。メタン排出の大半を占めている稲作、畜産、ガス・水道・廃棄物処理業で、廃棄物の埋立量減少や家畜の頭数減少等が行われたことで、メタンガスは減少してきている。

また、牛のげっぷは多くのメタンガスを放出すると注目されている。その対策として、牛の餌に海藻のカギケノリを混ぜることで約85%のメタンガス排出を削減できるという研究や、家畜の排せつ物を用いてメタン発酵を行うことで再生可能エネルギーをバイオガスとして活用しようという取り組み等も進められている。

『グリーンGDP』を引き上げるために私達ができる取り組みとは

これまで日本では、排出規制や企業の自主的な取り組みによって窒素酸化物等の大気汚染物質が減少してきている。また2013年以降は、再生可能エネルギーの導入拡大や省エネ技術等の進展も奏功している。

2020年度の温室効果ガスの内訳を見ると、二酸化炭素(CO2)が約9割を占めており、エネルギーを起源とするものは実に約84%にも上る。CO2の排出(電気・熱配分後)は、鉄鋼や非鉄金属などの一次金属、化学、運輸・郵便業等からが多くなっている。

例えば、運輸等では自動車の排ガスの影響が考えられるが、最近は電気自動車(EV)の開発・販売が進んできており、今後、CO2の削減効果が期待される。

一方、CO2の排出元の第2位は家計が約2割となっており、その多くを占めている。このためCO2の削減には、企業だけでなく家庭での取り組みも大きな役割を果たすと考えられる。例えば、家庭での節電が代表的なもので、使わなくても良い電気をこまめに消したり、省エネ家電に買い替えたり、太陽光発電等の再生可能エネルギーに切り替えること等が挙げられる。

政府が、そして世界が、脱炭素社会の実現に向けて大きく舵を切る中、まずは一人一人が身近なところから取り組み始めることで、『グリーンGDP』を引き上げていくことに繋がると期待される。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。