小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

選択肢が広がった!使い方に合わせて選べる国内メーカーの最新EV10選

2022.09.13

国内メーカーの最新EVを@DIMEから10台厳選して紹介します。

国内メーカーの最新EVカタログ

買うならどれ?ガソリン車との走りの違いを体感できる国内メーカーの電気自動車4選

レクサス『UX300e』

国産EVは長い間、日産『リーフ』のオンリーワンの状態が続いていた。数年前からSUVをベースとしたEVが発売され、今年5月には軽自動車ベースのEVが登場。「EVは高い」という常識も変わりつつある。

【参考】https://dime.jp/genre/1423259/

EV普及の起爆剤となるか?普段使いに最適な軽自動車3選

三菱『eKクロス EV』

ガソリン車と比べて一充電航続距離が短いことがEVの普及を阻んできた。しかし、ガソリンスタンドの数が減少していることを考えると、EVは近場を手軽に移動できるコミューターとして、一気に普及していく可能性がある。

【参考】https://dime.jp/genre/1423299/

トヨタ「bZ4X」と何が違う?SUBARUらしさが滲み出る電動SUV「ソルテラ」の実力検証

SUBARU『ソルテラ』

SUBARU『ソルテラ』とトヨタ『bZ4X』の開発がスタートしたのは2018年のことだった。  SUBARUから開発責任者が出向し、本格的なEV開発がスタートした。基本的なクルマ造りの構想は両社で共有していたが開発の最終段階で思惑が異なり、トヨタが万人受けするEVを造るため航続距離などを重視した仕様に向かったのに対し、SUBARUは同社のユーザーの志向を意識したモデルの開発に進んだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1423255/

SUBARUと共同開発したリース専用EV、トヨタ「bZ4X」の実力検証

トヨタ『bZ4X』

トヨタが初めて本格的に販売するEV『bZ4X』が今年5月に発売された。ただし同社はリース販売という形をとっている。その理由は、電池のメンテナンスや再利用、残価設定への不安など様々な問題を解決しやすくするためだとしている。

【参考】https://dime.jp/genre/1423234/

長年培ってきたEVの技術を結集した日産の電動SUV「アリア」の実力検証

日産『アリア』

日産のフラッグシップモデルとして開発、発表されたクロスオーバーEV。発表と予約開始は2021年6月だったが、生産の遅れもあって、今年5月に正式に発売された。サイズは全長が同社の『エクストレイル』より110mm短く、全幅は20mm広く、全高は65mm低いハッチバックスタイル。

【参考】https://dime.jp/genre/1423209/

これだけはおさえておきたい電気自動車の選び方と買い方のポイント

電気自動車

車種の選択肢に加え、充電施設も増えてきた今、本気で購入を検討する人も増えている。とはいえ、使い方はガソリン車とは全く異なるため、ある程度の知識が必要だ。買ってから後悔しないためにも、最低限押えておきたい選び方と買い方の基本を紹介する。

【参考】https://dime.jp/genre/1423175/

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。