小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アウディが新開発パワーユニットを携え、2026年からFormula 1に参戦

2022.08.28

参戦を決定した理由はより持続可能な計画が策定されたこと

アウディは、スパ フランコルシャンで開催されたFormula 1ベルギー グランプリの記者会見において、2026年からのFormula 1への参戦を発表した。

この記者会見では、AUDI AG取締役会会長 マルクス ドゥスマン氏、技術開発担当取締役 オリバー ホフマン氏が、Formula 1プレジデント兼 CEO ステファノ ドメニカリ、国際自動車連盟(FIA)会長 モハメド ビン スライエム氏とともに、報道陣の質問に答えた。

この会見でAUDI AG取締役会会長 マルクス ドゥスマン氏は、次のように述べている。

「モータースポーツは、アウディのDNAに組み込まれています。Formula 1は、アウディブランドにとって世界的な舞台であると同時に、非常に過酷な開発実験室でもあります。ハイパフォーマンスなエンジンと高い戦闘力を備えたマシンの組み合わせは、いつの時代も自動車業界に革新的で高度なテクノロジーをもたらしてきました。新しいレギュレーションの発表により、アウディはFormula 1に参戦する絶好の機会が到来したと判断しました。Formula 1とアウディは、どちらも明確な持続可能な目標を追求しています」

参戦を決定した重要なポイントは、世界で最も人気が高いレースシリーズに、より持続可能でコスト効率の高い明確な計画が策定されたことだという。

2026年から適用される新しい技術規則(テクニカルレギュレーション)は、より高度な電動化と先進的で持続可能な燃料に焦点をあてている。チームに適用されている既存のコスト上限に加えて、2023年には、パワーユニットメーカーにもコスト上限も設定される。さらにFormula 1は、2030年までにカーボンニュートラルなレーシングシリーズになるという野心的な目標を掲げている。

Formula 1の変革を積極的に推進

写真・右/マルクス ドゥスマンAUDI AG取締役会会長、左/オリバー ホフマン技術開発担当取締役

そして技術開発担当取締役 オリバー ホフマン氏は、以下のようにコメントしている。

「Formula 1は、持続可能性を念頭において、2026年にレギュレーションが大幅に改定されます。そのため、私たちはこの新しいFormula 1に参戦することを決定しました。Formula 1は変革を遂げており、アウディはこの変革を積極的にサポートしたいと考えています。私たちのFormula 1プロジェクトとAUDI AGの技術開発部門が緊密に連携することにより、相乗効果が発揮されるでしょう」

2026年以降、電気モーター、バッテリー、電子制御システム、内燃エンジンから構成される電動パワーユニットの出力は、現在のFormula 1の駆動システムと比較して大幅に増強される。電気モーターは、約400kW(544hp)の出力を備えた内燃エンジンと同等のパワーを発生。非常に効率的な1.6リッター ターボエンジンは、先進的で持続可能な燃料で作動する。これは、アウディがシリーズに参戦するための前提条件でもあるという。

主要なマーケットおよび若いターゲットグループで高い人気

同社によれば、Formula 1に参戦するための必須要件とは、世界的に認められていること、エモーショナルであること、そして先進的なテクノロジーを搭載していること。

Formula 1シリーズは、アウディブランドが事業展開している、すべての主要マーケットでレースを開催しており、マシンは、世界でもっとも要求の厳しい電動レーシングカーのプラットフォームとして、自動車メーカー各社が注目している。同社は、この競争の激しい環境でVorsprung durch Technik(技術による先進)を証明するという課題に取り組む。

Formula 1は、世界的に大きな関心を集めており、世界で最も知られたスポーツイベントの1つだ。実際、2021年には、15億人以上がレースをテレビで観戦している。

Formula 1は、中国や米国など主要なマーケットで人気があり、その傾向は若いターゲットグループでも高まり続けている。ソーシャルメディアにおいても、Formula 1は現在世界的な人気を誇るスポーツの中で、もっとも高い成長率を記録ししているという。

パワーユニットはノイブルクで開発

パワーユニットは、インゴルシュタットにあるAUDI AG本社から近い、ノイブルク アン デア ドナウにある、Audi Sportが誇る最先端のCompetence Center Motorsport(コンペテンス センター モーター スポーツ)で製造される。

アウディのモータースポーツ再編の一環として、Formula 1への参戦を主導したAudi Sportマネージングディレクター兼アウディ モータースポーツ部門責任者のユリウス シーバッハ氏は、次のように話す。

「私たちは、Formula 1用のパワートレインを開発・製造するために、モータースポーツ部門の貴重なノウハウを活用し、Competence Center Motorsportへの投資を継続し、高度な専門知識を備えたプロフェッショナルを採用します」

ノイブルクには、F1エンジン用テストベンチだけでなく、電気モーターとバッテリー用のテストベンチも既に設置されている。現在、スタッフ、施設、技術インフラの面で必要な準備作業が行われており、年末までにすべての準備が整う予定。

また、Audi Sport 100%子会社である、パワーユニット プロジェクトの別会社も設立された。この会社の最高経営責任者(CEO)には、アダム ベイカー氏が就任し、Formula 1プロジェクトの責任者となる。経験豊富なエンジニアであるベイカー氏は、自動車メーカーやモータースポーツチームで、さまざまな要職を歴任。2021年、アウディ入社前は、FIAに3年間勤務していた経歴を持つ。

アウディは年末までに、どのチームと提携して2026年からFormula 1に参戦するのかを発表する予定だ。

Formula 1にモータースポーツの焦点を定める

Audi Sportは、Formula 1プロジェクトにリソースを集中するため、LMDh(ルマン デイトナh)プロジェクトの中止を決定した。また、モータースポーツ部門は、耐久レース用のスポーツカーの開発も中断する。

ただしAudi Sportは、カスタマーレーシングおよびダカールラリーに参戦するための革新的なRS Q e-tronプロジェクトは、これまでどおり継続する。アウディのダカールラリーにおける来年の目標は総合優勝としている。

構成/清水眞希

 


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。