小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】誰でも利用できる「声のフォント」のマーケットプレイスを提供するCoeFontのAI音声プラットフォーム

2022.08.29

洋服やメイクで外見を整えるのと同じ様に、声も好きなように変えられたら…。きっと、話したり歌ったりする感覚は、今とはまったく違うものになるはずだ。CoeFont社が運営する「CoeFont」の技術とビジネスモデルは、未来のコミュニケーションのあり方を予見させてくれる。

あの著名人も!? あらゆる声が集まる仕組み

「CoeFont」はディープラーニングによる音声合成技術を活用したAI音声プラットフォームだ。従来は音声合成に、50万円以上のコスト、10時間以上の収録を必要としていたが、CoeFontでは500円、15分の収録でAI音声を作成できる。

テキストの読み上げに対応し、文脈からアクセントを学習できる技術は特許取得済み。例えば、「はし」という文字が「橋」なのか「箸」なのか、AIが前後の意味から判断してアクセントを使い分ける。試しに使ってみると、かなりの精度で自然に発声されることがわかるはずだ。

とはいえ、AI音声の技術は今まさに過渡期にあり、数年以内にはかなり自然な発声が可能になると言われている。つまり、近いうちに技術的なアドバンテージは失われる可能性が高い。

そこで注目したいのが、誰もが簡単に自分の声をAI音声化し、文字の「フォント」のように誰でも使用できるという「CoeFont」のコンセプトだ。同社が独占的にAI音声を作って販売するのではなく、誰でもクリエイター/ユーザーとして参加できるマーケットプレイスを構築した点がおもしろい。作成したAI音声は、クラウド上で公開でき、他のユーザーが利用するたびにクリエイターに収益として還元される。

今のうちにクリエイター、ユーザー、コンテンツが集まる仕組みを構築しておけば、技術的な差異が小さくなっても、プラットフォームとしての優位性を維持できる。現在、著名人、プロの声優、ナレーター、アマチュアの声自慢、自分の子供の声など4000種類以上の声のフォントが集まる。トム・クルーズの日本語吹き替えを担当する森川智之氏、お天気キャスターの森田正光氏、ジャーナリストの田原総一朗氏らのAI音声も利用可能だ。

メタバースでのAI音声の活用も!?

では、CoeFontは社会やビジネスのどんなシーンで利用されるのだろうか? 現在のところ、用途はゲーム、YouTuber/Vtuberなどの動画制作、音声広告、研修動画、オーディオブックなど、クリエイティブ領域での利用が主流。

さらに、同社は声帯摘出手術やALS(筋萎縮性側索硬化症)の病気などで、声を失う可能性のある人に対して、無料でサービスを提供している。このたび、デジタルハリウッド大学との共同プロジェクトで、昨年ALSであることを公表した杉山知之氏のAI音声の作成に取り組んだ。

通常は本人の声を収録しなければならないが、今回は社会実装に向けた試みとして、杉山氏の過去の講演の音源などから音声を選別し、AI音声を生成した。

この分野では、将来的にはAI音声はリアルタイムの音声合成が可能になると予測されている。入力したテキストを読み上げるのではなく、ボイスチェンジャーのように会話をAI音声化できるようになるという見立てだ。

そうなれば本格的に実現されるのが「声のアバター」。ゲームやSNS、VR空間のアバターで、自分の好きな見た目になれるのと同じように、自分の好きな声を、しかも毎日違う声を使いこなせたら、コミュニケーションはぐっと楽しくなる。

声を集めるプラットフォームとしてのCoeFontは、未来を見据えて、さらに強みを活かすことができる仕組みなのだ。

AI音声プラットフォーム「CoeFont」、デジタルハリウッド大学と共同で、杉山学長の”過去の音声”から、AI音声の生成に成功

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。