小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

団地のドア、玄関チャイム、なぜ作ったのか不思議なカプセルトイ開発秘話

2022.08.18

「ガチャガチャ」や「ガチャ」などと呼ばれるカプセルトイは、子どもだけでなく、大人にとっても魅力的だ。何が出てくるかわからないワクワク感、出てきたものが想像と違っていたときの落胆と、次なる希望。どれをとっても楽しみに満ちている。

カプセルトイの中身も群雄割拠で、もはやネタが飽和状態。そんな中こんなユニークなカプセルトイも存在している。そこで今回は、「なぜあえてこれを作った?」「意味がなさそうだけど面白い」といったユニークなカプセルトイの開発の背景やねらいをメーカーに聞いてみた。

驚きを提供!「団地のドア」「すべてがおしまいになった」シリーズ

こんなカプセルトイがある。

「団地のドア」

一つは、「団地のドア」。これは、よくある住宅の団地に備わるドアを模したもの。裏面もリアルに新聞受けまで再現されており、きちんとドアとして開けられる仕様になっている。カプセルの中にはパーツが格納されており、自分で組み立てる仕様だ。

「すべてがおしまいになったウサギ」

もう一つは、「すべてがおしまいになったウサギ」。アイスクリームを食べようとしたら地面に落としてしまい、あふれんばかりの悲壮感にさいなまれている瞬間のうさぎの様子をリアルに描いている。

これらを制作したのは、Qualia(クオリア)だ。なぜこのようなカプセルトイを作ったのか。インタビューを行った。代表取締役の小川勇矢氏は次のように回答する。

――なぜこのようなものを作ったのか、背景とねらいを教えてください。

「団地のドアは、シンプルに団地のドアって面白くない? という単純な子どものような発想から商品化を決めました。また、ミニチュアが業界として流行っていたので、ミニチュアならぬカプセルギリギリまで詰め込んだ『デカチュア』として展開したら面白いのではないか? というねらいもありました」

「すべてがおしまいなったウサギは前作『すべてがおしまいになったカエル』の第2弾です。造形作家さんの作品をツイッターで拝見して、高速で連絡を取らせていただき、商品化させていただきました。見た瞬間のインパクトが大きい点は、カプセルトイに最適なアイデア!と感じました」

「すべてがおしまいなったカエル」

――カプセルトイの開発について、こだわりをお教えください。

「創業当初から『カプセルの開けたときの驚き』を提供したいとすべての商品に対して考えております。カプセルトイとは思えないデカさ、カプセルトイとは思えないクオリティ、ラインナップに表記していない激レアのシークレットを入れるなど、さまざまな形で驚きを提供しております」

――今後の開発と展望をお教えください。

「当社のカプセルトイオリジナルIPとキャラクターとのコラボを進めております。他社にはできない当社のオリジナル企画とキャラクターを融合させることで、クオリアオリジナルの意味も出せると思っており、これまでにない展開となっております。

そのためにも、自社オリジナルのカプセルトイをたくさん生み出しています。例えば、ネコのペンおき、ゴリランドセル、ぬいぐるみシリーズ、風にも負けず、ブタの貯金箱とその仲間たちなどがあります」

「ネコのペンおき」

カプセルを開けたときの驚きを、より一層強めてくれるこれらの商品。オリジナルキャラクターはさらに奥が深い。カプセルトイの楽しみをより一層高めてくれそうだ。

「玄関チャイム」に「バスストップボタン」謎のカプセルトイ

続いては、こんな謎多きカプセルトイを見ていこう。

「玄関チャイム」

これは玄関ドアの外に設置する玄関チャイムを模したもの。ボタンを押すと本当に「ピンポーン」や「プー」などと音が鳴る。マグネット付きなので、冷蔵庫のドアなどに気軽に貼り付けて遊べる。

「バスストップボタンNEXT2ピンポン」

バス車内にある降車を知らせるときに押す「とまります」のボタンを模したもの。押すとただ「ピンポーン」と鳴るだけでなく、アナウンスも流れる上に、光るという手の込んだ仕様だ。思わず一家に一台は欲しくなる。

「揚げパペ!?ゆびフライ」

これは指にはめて遊ぶパペット人形。揚げ物を模している。エビフライ、アジフライ、えび天、そしてオクラ&ちくわフライがラインアップ。ふわふわの感触に、思わず指に入れたくなる。

これらを作ったのは、エール。商品開発担当 森国大輔氏に色々と聞いてみた。

――なぜこのようなものを作ったのか、背景とねらいを教えてください。

●「玄関チャイム」

「開発の背景は、『押したい!押しちゃダメ!』なものをいつでも押せるようにと考えました。子どもの頃、『ピンポンダッシュ』といういたずらをしてこっぴどく怒られた思い出はないでしょうか?『押しちゃダメ』と言われると何となく押したくなる…。そんな欲求を解消するために生まれたアイテムです。

これがあれば誰にも怒られることなく好きなだけ押して楽しむことができます!どこか懐かしさを感じさせるデザインと音は、昔の記憶が蘇る大人の方も多いかもしれません」

●「バスストップボタンNEXT2ピンポン」

「開発の背景は、玄関チャイムと同じです。バスを降りるときにしか押せないのがバスボタン。これも子どもにとっては魅惑のボタンです。次で押そうと構えていたのに、誰かに押されてしまって悔しい思いをした幼少期。勝手に押すと怒られてしまいますが、これがあればいつでもどこでも好きなだけ押すことができます!」

●「揚げパペ!?ゆびフライ」

「開発の背景は、SNSで揚げ物のぬいぐるみが流行っていたのを見たことです。

特にエビフライがカワイイと評判だったので、何かできないか?と色々考えを巡らせました。指パペットになったきっかけは『エビフライ』⇒『エビ』⇒『ユビ』⇒『指フライ!?』と、『エビ』と『ユビ』を掛けるいう言葉遊びです。

指を油で揚げてしまうというちょっとブラックな内容の商品ではありますが、通常揚げないものを揚げるという常識外の掛け合わせと、デザインのかわいらしさでジョークグッズとして成立させました。指パペット構造なので、指穴部分にフィギュアなどを入れて遊ぶことも可能です」

――カプセルトイの開発について、近年のこだわりをお教えください

「ここ数年でカプセル業界に参入する会社が大幅に増え、フィギュアが得意な会社、ミニチュアが得意な会社など、各社得意なジャンルを武器に商品開発を行っています。そうしたなか、当社は全ジャンルを網羅し、幅広い商品群で展開していくことを目標としています。

素早く商品化するため、社内に開発チームと貿易チームを据え、デザイン~設計まですべて社内で行い、日々の情報収集で市場はどんなジャンルが人気なのか、今度の流行は何であるかを研究し、様々なジャンルの商品を企画開発・生産できる体制を取っています」

――今後の開発と展望をお教えください。

「まず、市場に対して優しいメーカーになりたいと考えています。カプセルトイという特性上、できるだけ安く商品を提供したいです。お客様が気軽に買えるのは300円くらいまでだと考えています。業界内の需要も高い200円・100円という低単価商品を多く作ることで、お客様だけでなく業界のオペレーターさんに対しても優しいメーカーになりたいです。

また、安い商品でも一から作り込んでいくことにもこだわっています。商品開発にかかるコストを値上げに反映するのではなく、200円で販売するにはどうすれば良いか、培ってきた自社開発のノウハウでコストを抑える対策や研究をし、オペレーターさんが買いやすい商品を多数揃えることで、業界活性化に一役買うことになれば嬉しいです。

高価格帯に関しては、他社なら500円になるものでも400円で発売できるように徹底的に研究するなどしています。例えば今年7月に発売した吸引力を追求した本格カプセル掃除機『デスクトップクリーナー~スフィア~』がその例です」

「デスクトップクリーナー~スフィア~」

今回取り上げたエールの商品は、子どもの頃に感じた思いを大人にとっても叶えてくれる楽しいカプセルトイが特徴的だった。他にも、より低価格の商品をよりこだわって作る姿勢などは、カプセルトイファンはもちろん、たまにやりたくなる層にも響きそうだ。

ユニークなカプセルトイの制作秘話を紹介した。いずれもカプセルトイの魅力をより一層、感じられる回答が得られた。ビジネスパーソンの中には、しばらくカプセルトイを回していないという人も多いだろう。この機会に、回してみてはいかがだろうか。

取材・文/石原亜香利


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。