小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

BNPL、ライブコマース、今年上半期のECトレンドキーワード

2022.08.23

 コロナ禍で活況を呈するEC市場。EC支援事業を行ない業界動向に詳しい望月智之さんは新たなトレンドをふたつ挙げる。ひとつは、後払い決済サービスを指す「BNPL」だ。

手数料は基本無料で後払いでき、クレジットカードに代わる決済方法として若年層を中心に広がっています。企業側には購買意欲を逃さない点がメリットです。昨年9月、アメリカの決済大手PayPalが、BNPLを提供する日本のスタートアップを3000億円で買収。今後、日本の決済市場で存在感が高まるでしょう。今年2月には『PayPay』もBNPLを開始しました」

 もうひとつは「ライブコマース」。リアルタイムで配信する動画を通じて商品やサービスを紹介する手法だ。

「数年前にブームとなりましたが、コロナ禍で土壌ができて再燃した形です。アパレル、コスメ、家電など、幅広い業界が取り入れ始めています」

望月智之さんいつも 取締役副社長
望月智之さん
2007年、『いつも』共同創業。大手・中小のEC事業を総合支援し、実績1万1000件以上。国内外のEC事情に精通。著書『買い物ゼロ秒時代の未来地図』など。ラジオ番組ではナビゲーターも。

BNPL(Buy Now Pay Later)

『PayPay』も提供開始!若者を中心に広がる後払い決済サービス

BNPL

矢野経済研究所では、国内BNPL市場は25年度には1.9兆円を超えると予測。ZOZOTOWN、楽天、AmazonなどのECサイトではすでに実装済みだが、今後さらに普及すると考えられる。
出典:株式会社矢野経済研究所「EC決済サービス市場に関する調査(2022年)」(2022年4月13日発表)

ライブコマース再燃

参入企業も多様化!今、ライブ配信でものを売る

ヤマダデンキ、ビックカメラ、ANA etc.様々な業界が参入

ライブコマース

ヤマダデンキは昨年11月にライブコマースを開始。以降8回開催し視聴者数は最大1万人以上、Web購入や店舗送客で売り上げ3~5倍に。

●国内ユーザー9200万のLINEが今年度、本格参入!
LINEのライブコマース『LIVEBUY(ライブバイ)』は現在、先行提供中。LINEで配信を見ながら商品を即購入可能。

取材・文/百瀬康司

DIME最新号は「空旅VS鉄旅」と「2022年上半期トレンドキーワード」の2大特集、豪華付録「卓上型USBパワフル扇風機」も!

DIME9/10月号の付録は、猛暑の夏に大活躍の卓上型USBパワフル扇風機! 卓上に置いて使ってもよし、大型のクリップで挟んで使ってもよしの、実用性の高いアイテムです。 扇風機の羽根部分は、縦横360度、好きな角度にできるため、デスク、パソコン、作業場、テント、キッチン、洗面所、クルマ、寝室など、好きな場所に設置して使えるのが便利。 特に、テントや倉庫、ガレージなど、部屋の冷房が届かない場所で使うと、とても重宝します。
また、モバイルバッテリーがあれば、リュックやカバンに固定して移動することもできるので、暑い日のハイキング、ウォーキング、通勤に携帯することも可能です。 そして、風力は3段階で調節可能。最大風速5m/sのパワフルな風で涼むことができる本格派です。 雑誌の付録とは思えないクオリティーの「卓上型USBパワフル扇風機」、この夏、ぜひご活用ください。
そして、最新号の大特集は、編集部イチオシの超満喫プランを大公開!!「空旅VS鉄旅 新しい旅へ!」
●旅ガチャ143路線の航空サブスク
●アニメツーリズム、リフトオフ!
●お得度満点!国内LCC&MCC最新トピックス
●快適テレワーク鉄道
●全国「得旅鉄道」マップ
●「海外いつから?」Q&A
●鉄道ポイ活必勝法 and more!

エアラインや鉄道で行く旅の最新情報を完全網羅! 旅行の新しい楽しみ方を徹底解説します。

そしてもうひとつの大特集が「2022上半期トレンドキーワード44」。Web3、NFTゲーム、リスキリング、健康管理系乳酸菌、ぷるぷる代替食、オーディオグラス、Y2Kファッション、大陸ネイルなどなど、注目のキーワードを解説します。

◆Amazonで買う

https://www.amazon.co.jp/dp/B0B4PQVF6M

◆セブンネットショッピングで買う

https://7net.omni7.jp/detail/1236470406


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。